忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2192]  [2191]  [2190]  [2189]  [2188]  [2187]  [2186]  [2184]  [2183]  [2182]  [2181
夜中にオリンピックを観ていると、毎日徹夜して秋の文化祭で売る部活のマンガ誌の為に、せっせとマンガを描いていた高校生の頃を思い出す…
ちょうど20年前。
埼玉県立豊岡高校2年生の時にバルセロナオリンピックを観ながら…マンガ描いてたな~…はっきり言ってド素人のド下手マンガだったけど…楽しかったな~…
真夜中に高飛び込みみたいな絵的にも音的にも静~かな競技をチラ見しながら…マンガ描いてたなぁ~…
…で。
今、高校の頃に描いていたド下手マンガやイラストを見てるんだけど…
 
スゲー恥ずかしいッ!
 
うわ~~!!! こんな感じのマンガだったんだ~~~!描いてた時は必死だったし、面白いと思ってたんだけどな~~!!!!!!
それにしてもホントに絵下手だな~~!!!!!!!!
…見たい?20年前の僕のド下手な絵を見たい?ホントにビックリするくらい下手ですよ?
…よし。じゃあ過去の自分の恥を白日の下に出す事で、ネタとして昇華しよう!
先に言っておきますけど!こっそり笑うのは結構だけど「なんだコレ」って悪口言うのは勘弁ですよ!
 
じゃ、まず1年生の時の絵から…
8f8573b8.jpegこんなイラストを描いてました。
見ると分かるように当時の僕は高橋留美子さん、鳥山明さんの影響を色濃く受けてて、絵やストーリーに「らんま」や「ドラゴンボール」っぽさというか、そのまんま感が漂っています。









1e34bafc.jpegで、本に載せたマンガの表紙がこれ。
ね、らんまでしょ?










65ee3643.jpegほらね。ドラゴンボールとらんまのまんま。
ちなみにストーリーは悪者に襲われていた子供を助けたら、実はその子が竜だったっていう…16歳の子供が考えそうな「いかにも」な内容でした…文を書いていて恥ずかしい…




b53d0f12.jpegそれが2年生になるとこんな風になりました。
…M16曲がってるとか言うんじゃね~~よぉぉぉ~~!!!!!!!! それが僕の限界だったんだよぉぉぉ~~~~!!!!!!!!!!!
…これも見たら分かると思いますが、この頃から浦沢直樹さんに憧れまして。絵と話の作り方がもろに「YAWARA!」になっていきます…







d657f423.jpegで、これが2年の時に本に載せたマンガ。
タイトルは「風水師」。精霊とか言ってるのに「風水師」。その辺のツッコミは一切受け付けません。
風水師の女の子が師匠であるお爺さんに「修行の服がカッコ悪くて嫌だ!」と反発するって話で、まんま「YAWARA!」です…その辺りのツッコミも一切受け付けません。


284125a4.jpegそして3年の時。
夏休みの間、受験勉強もそこそこに連日徹夜して描いたのがこれ。
横山光輝さんの三国志に影響を受けてた頃で、古文の授業で習った「離魂記」ていう漢文をマンガにしてみました。
原文はたかだか8ページだったので、「ま、30ページも行かないだろう」と思っていたのに…40ページを超えて…部活で出していたマンガ誌史上、当時過去最長になっちゃいました…
それにしても…下手だな~…!
925dcf5b.jpegちなみに翌年とその翌年。卒業生として載せてもらったのがこれと










aeb99a79.jpegこれ。
あ~、もういろいろと恥ずかしいです…









とにかく当時は絵が上手くなりたい事に必死だった!
上達の限界はすぐに見えたし、同級生や後輩達、周りのみんなの方が格段に上手くなっていくのを悔しい思いで見ていたのも確か!
でもこの時の自分がいるから今の自分がいると思う!
そしてロンドンオリンピックを観ていると、この頃に赤ちゃんだった子達が選手として出場しているんだよね~!そう思うと何か感慨深いな~!
(ここに載せた絵は転載しないでくださいね!もっともそんな奇特な人いないでしょうけど!)
…豊岡高校にまだマンガイラスト同好会ってあるのかな?ご存知の方、kawamura.takuo@gmail.com まで情報をお願いします!
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.