忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[3008]  [3007]  [3006]  [3005]  [3004]  [3003]  [3002]  [3001]  [3000]  [2999]  [2998
昨日の「アメトーーク」のゲームセンター芸人、面白かったな~!
司会席がスターフォースのテーブル筐体で、その上にボンジャックのフィギュアが置いてあったり、格闘ゲームの先駆けを「イーアルカンフー」ではなく「空手道」とした辺りや、「ファイナルファイト」でSFC版じゃカットされたステージにガイを立たせたりする所に、スタッフさんの”本気”を感じたわ~!

番組で紹介された70年代から80年代のゲーム、全部知ってるし全部遊んだな~!
しかし、「ニューラリーX」が長い事ゲーセンに置いてあって、最終的に1回30円で遊べたってのが、日本中の「あるある」だったのはビックリしたな~!
小学生の頃に僕がよく行っていた丸広屋上のゲームセンターでは、「ニューラリーX」と「キング&バルーン」が小さなスタンドアップ筐体でいつまでも置いてあったな~。
あと、当時日本中のゲーム少年が「熱血硬派くにおくん」のみすずに苦しめられていた事を知って、何だかニヤニヤしちゃったわ~!
紹介されるゲームのBGMも、当時購読していた総合ゲーム雑誌「Beep!」に、しょっちゅう付録でついていたソノシートでアホほど聴いて来たものばかりだったから、全部自然と口ずさめた!

…そういえば、丸広屋上には「ゼビウス」も随分長い事置いてあったけど、後に「ゼビウス」の台に「ドラゴンバスター」が入ったら、「XEVIOUS」ってタイトルロゴが画面に焼きつきを起こしていて、ドラゴンバスターを遊んでいる間ずーっと「XEVIOUS」って字が薄っすら見えたんだよな~!
地元の子供達はそれを「ゼビウスの亡霊」って呼んでたな~!

当時のゲーセンは「不良の溜まり場」って一面もあったけど、僕は「ダブルドラゴン」をコンティニューなしでクリア出来るくらいの腕前があったので、Tシャツに半ズボン、西武の野球帽姿で、地元で”ヤンキーの溜まり場”で有名だったゲーセン「メリーポピンズ」に行っても、そのヤンキーたちをギャラリーに従えて一目置かれていたから、だいぶ前にここに書いた「ダブルドラゴン中にカツアゲされかかった」事件以外、そんなに怖い思いをした事がないんだけど…
番組の中でロバートの山本さんが話していた…

「ゲームで遊んでいたら後ろにヤンキー3人組がやって来て、5千円入った財布を盗まれた」

ってエピソード…そのヤンキー達に対して僕は…

激しい怒りを覚えた!!!!!!!!!

僕をカツアゲして来たヤンキーカップルも、山本さんの財布を盗んで行ったそのヤンキー達も、今では40代半ばのいいオッサンオバサンになっただろうけど、小学生の財布を狙うような”シャバ憎”だったかつての自分を猛省しているなら良し。
…しかし万が一、飲んだ時などに”ヤンチャ”自慢エピソードの1つとして披露しているとしたら、申し訳ないけど、ロクな最期は迎えないで欲しいわ~。
「アナタの”ヤンチャ”は誰かのトラウマ」なので、絶対に自慢話にはして欲しくないなぁ。

…「昭和のゲームセンター」には良くも悪くも色んなエピソードがあるけれど、若い衆の皆さん、酒の席などでオッサン達が昔のゲーセンの話をし始めたら、「知らねーよ」なんて思わないで優しい気持ちで聞いて上げてください!


大あくび
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.