忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2642]  [2641]  [2640]  [2639]  [2638]  [2637]  [2636]  [2635]  [2634]  [2633]  [2632
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金曜日、お金を下ろしに銀行へ向かう。

4人ほどの列が出来ていたATMコーナーに並ぶ事数分、僕の番が来たので機械の前に立つ。
メニュー画面の「引き出し」を押して、バグの中のカード入れからこの銀行のキャッシュカードを出し、ATMに入れて次の画面を待っていたら…

ンペー!

とカードが戻って来た…

画面を見ると「このATMはICカード対応です。カードの向きを入れなおしてください」というメッセージが…
あ~…
僕のカードは、ICと磁気の両方の機能がついたいわゆる「コンビタイプ」のカードなんだけど、うっかり磁気側の方からカードを入れちゃったのか…

…このミスを犯すたびに思うんだけど。
最近、ICチップがついた銀行のキャッシュカードが普及して来たけど…まだICカードにしていない人の為なのか、磁気しか使えないATMも残っていて…
で、言いたいのはここからなんですが、磁気しか使えない旧型のATMにIC側からカードを入れた場合、機械の中の小さなおじさん達がそのカードを見て「何だこの変なチップの付いたカード?怪しいぞ!?」って判断して、カードを返して来るのは理解出来る。だって小さなおじさん達は「ICチップの付いたカード」という物を知らないから…しかし!

最新のIC対応型の融通の利かなさは納得出来ない!

IC対応型に間違えて磁気側からカードを入れたとしても、中の小さなおじさん達は「この世にはコンビタイプというキャッシュカードが存在する」って事は知ってるはずでしょう!!!!!!?
だったら、客が間違えて磁気側の方からカードを入れちゃったとしても!中のおじさんの一人がカードの反対側をチェックして、「あ!大丈夫!これICカードだわ」って他のおじさん達の伝えて、手続きを開始すればいいんじゃないか!!!!!!!!!!?

「中の小さなおじさん」って書いちゃうとアレな感じだけど、要は、IC側か磁気側かを判断する事は出来るんだから、どっちからカードを入れても対応出来るようにするのは簡単な事なんじゃないかと思うんだけど!

…まあ、大人しくカードの向きを変えて入れ直し、手続きを開始しようとしたんだけど…メニュー画面と暗証番号を入力する画面の間に…

ただ今の時間、手数料はかかりません

ってメッセージが出るのがなぁ…

…以前は「取り引きの時間帯や曜日によって、これだけ手数料がかかります」って表のようなものが画面に表示されたけど、たぶん利用者から「解りづらい」って声が出たんだろうなぁ…
平日の昼間だし…カードと同じ銀行だしで、手数料がかからないのは解ってるんだけどなぁ…
…もっとも、そう表示しないと「手数料がかかるのか解らない」って文句を言う人が出るんだろうけど…

…手数料がかからないのは解ったので、次の操作画面に行くボタンを押す。

すると表示されるのが暗証番号入力画面なんだけど…
うーーん、盗撮などで暗証番号を解読する犯罪が起きたから仕方ないとはいえ…表示される数字の配置が毎回変わるのって… 正直面倒臭い…

「まあ、犯罪防止のためだから仕方ない…」と思いながら番号を入力。
その後、「明細が必要かいらないか」の操作で「いらない」を選び、カードが出て来てやっとお金を受け取る段になったんだけど…

取り出し口が開くやいなや、「ピンポーン!」って警告音が鳴るのはどうなんだッ!!!?

こっちはまだカードをしまってるんですけど!!!!!?

…こんな感じで、取り出し口が開いてすぐに警告音がなる度に…

「ホラ!金出したから早く取りなよ!」

って、中の小さなおじさん達に急かされてる気がして仕方が無いんだよなぁぁぁ!!!!!!
せめて、取り出し口が開いて10秒経ってもお金を取り出す様子が無かったら、そこで初めて警告音を鳴らしてくれるようになれば、この感じもかなり緩和されると思うんだけど…

…と、そんな事を考えているとはおくびにも出さず、大人しく銀行を後にしましたとさ。
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.