忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[1479]  [1478]  [1477]  [1474]  [1473]  [1472]  [1471]  [1470]  [1469]  [1468]  [1467
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

約三ヶ月に一回僕に訪れる、「季節の変わり目体調不良」ですよ…うっすら鼻が詰まるんですよ!
ただ、春先は花粉の影響もあって、他の季節より若干鼻づまりが重い!オマケに目の痒みも…!
でも点鼻薬に頼り過ぎるとぶり返しが怖いので、この時期はブリーズライトが手放せない!
 
…そうだ、鼻といえば…
 
専門学校の一年生の時、どうも慢性的に右の鼻が詰まるのが気になっていた僕。そこで病院で診てもらった所、「鼻中隔湾曲症」という、鼻の中の軟骨が成長過程で曲がってしまう症状である事が判明し、手術する為一週間入院したんだけど…
 
ここから先は、痛いの全般がダメな方は読まないで下さい…
 
 
 
入院した翌日、早速手術室に入り、鼻だけ部分麻酔をして横になっていたら、先生がおもむろに(おそらく)ニッパー状の器具を僕の鼻に入れたかと思うと、それを軟骨目掛けて「グサッ!!!!!!」っと突き刺し!
そして次の瞬間
 
「バキッ!ゴキッ!!!! バキキッッ!!!! メキィィッ!!!!!」
 
って音と衝撃が、なにぶん部分麻酔なもんで凄まじい音量で脳内に響き渡りまして!
麻酔のお陰で全く痛くはないんだけど、その音で脳がパニックを起こしたのか何なのか、鼻を強く打った時に感じる黄粉のような匂いを感じ始めまして!
 
…まあ手術自体は無事に済んだのですが…問題はその後、麻酔が切れてからですよ!
 
これが痛いのなんのって!
 
丸二日間は生身から骨が削ぎ取られたようなズキズキする感覚に襲われて寝られなかった!
…でもそれよりきつかったのは、止血と消毒の為に、鼻の奥の奥までみっちりガーゼを詰め込まれたので、
 
鼻呼吸が全く出来なかった事!
 
完全に鼻が詰まると、水を飲んだり食事をしたりする時にもクシャミをする時にも、物凄い苦痛が伴うんですわ!
そして一番びっくりしたのが、味を全く感じなかった事!
よく、「病院の食事は味が薄い」って言うけどそんなレベルじゃないんです!「匂いも味も無い何か」をモグモグしている感じで、シソの葉すら「何かの葉っぱを噛んでいる」程度にしか思えないんです!
 
そんな状態で一週間過ごし、ガーゼを全て取り出してもらった時のあの開放感は今でも忘れられないなー-!!!!
まず屋上に上がって鼻で大きく深呼吸した後、
 
「僕はこの世の全てを手に入れた!」
 
って声に出して言ったな~…何?この痛い19歳!
 
皆さんも鼻を労わりましょう。(そういえば、この冬は全く体調を崩していないな~。やっぱり日々のアルコール消毒が効いてるのかな!!!?)
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.