忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2889]  [2888]  [2887]  [2886]  [2885]  [2884]  [2883]  [2882]  [2881]  [2880]  [2879
昨日はいつもお世話になっている、「パチンコパチスロTV」さんで放送中の「スロガイかスロ術か?」のナレーションの仕事。
この収録はいつも、椿山荘近くのスタジオで行っているんだけど、「仕事が終わったら映画『デッドプール』を観に行くかな?」と電車移動中にふと思い立ち、最近手に入れたタブレット端末を出して、よく行く入間のシネコンの上映時間を調べたら…14時と16時の回があったけど…うーん、順調に行っていつも13時ちょい前に終了する仕事だから14時は無理…でも16時だとちょっと間が空き過ぎるなぁ…

まあスタジオに近い池袋へ行けばどこかしらの映画館でやってるだろうけど…どうせだったら「6本観ると1本無料」の特典がついたポイントカードを持っている、入間と同じ系列のシネコンで観たいし…と思った次の瞬間、「そうだ!豊島園にもあるぞ!」という事に気付く!

早速、豊島園のシネコンの上映時間を調べたら…13時50分からの回があるッッッ!!!!!!!
13時ちょい前に仕事が終わったら大急ぎ移動すれば…何とか間に合う!

「僕、がんばっちゃうぞ!」 (←デッドプールがよく言う台詞)

…そして必死に仕事をがんばったら…あれ?

12時半に終わっちゃったぞ?

何はともあれスタジオを出た後、江戸川橋駅から地下鉄に乗ろうとホームに降りたら、タイミングを見計らったかのように「西武線直通 小手指行き」がやって来た!
「これはもう、『デッドプールを観ろ!』と、何かに導かれているんじゃないか!?」と思いながら、池袋で乗り換える事無く直接練馬まで移動。

練馬で乗り換えて豊島園に着いたのが13時10分過ぎだった。
「良かった!ご飯を食べる時間がある!」と、1人暮らしをしていたマンションから実家へ引っ越して以来約5年ぶりに豊島園駅周辺をぶらぶら。

豊島園周辺は、僕が子供の頃からあった駅前の某ハンバーガーチェーンが、某コーヒーチェーンに変わっていたくらいで、散歩コースで毎日のように歩いていた5年前と特に変わりはなかった。

映画館の隣にある某牛めしチェーンでしっかり昼食をとり、いざ映画館へ!
練馬に住んでいた頃、前は何度も通ったけど中に入るのはこれが初めてな館内を目にした僕の第一印象は…

広い!!!!!!!!!!

入間に施設が出来て、シネコンというもの初めて知った僕。入間のビルも「うわー!広いな~!」と思ってたけど、ここはその倍以上はあるんじゃないか!!!!!!?
 
そして入間には無いIMAXスクリーンがあるじゃないか!!!!!!!!!
しかもデッドプールはそのIMAXでの上映!

IMAXなので普段より200円高い2000円を払い、チケットを持って2階へ行ったら…広いロビーの目立つ場所に「IMAXシアターをより楽しもう!」みたいな宣伝文句の下に、何やらコインを売っている自販機が2台置いてあった。

「何だろう?」と思って説明文を読んだら、200円でコインを買って座席の投入口に入れると、映像に合わせて座席が振動するらしい。
「まあ話のタネに」と思って1枚購入し、指定されたI列19番席(ほぼど真ん中)に着席。
早速コインを投入口らしい所に入れてみたんだけど…

あれ?入らないぞ?

座席の左側前面に、コインを入れるような穴があってそこに何度も入れてみるんだけど…入れては出て来るの繰り返しで全く飲み込んでくれる気配がない…
「おかしいな…ひょっとして映画が始まるまでは、まだコインを受け付けていないのかな?」と思いながらしつこくコインを出し入れしていたら…それを見かねた隣の席のお兄さんが…

「そこ、返却口ですよ?」

と教えてくれて…
見たら、その上にもう一つ投入口がありました…
「あ!すみません、ありがとうございます!」とお礼を言ったけど…

その時の僕の顔はデッドプールのマスクと同じくらい真っ赤になっていた!

そしてデッドプール!

面白かった~!

「無責任ヒーロー」ってコピーだったけど、その軽口の裏には大きな悲しみを背負っていて、笑わせるのに最後は泣かせるという!贅沢な映画だわ~~~~!!!!!!!!!!
デッドプールことウェイドの彼女のヴァネッサが、滅茶苦茶綺麗で優しくて強くて…そして何より エロい という、最高のヒロインっぷりを発揮していて堪らなかったわー!
ただ一つ注文をつけるなら、作中でもデッドプールが自虐的に言っていたけど…X-MENメンバーが2人しか出て来ないのは残念だったな~!でもコロッサスがいい味を出していたけど!

デッドプール、良かった!
もし観に行く際は、エンドロールが流れ出しても館内が明るくなるまでは最後まで席を立たない事を強くオススメします!
そして座席の振動は、正直微妙だった!
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.