忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2474]  [2473]  [2472]  [2471]  [2470]  [2469]  [2468]  [2467]  [2466]  [2465]  [2464
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕、フィギュアはよく分かりません!

全く詳しくありませんし、まして採点の仕方なんてちっとも知りません!

・片足立ちになって、もう片方の足を背中側に挙げて片手で爪先を掴んで回転する技は「ビールマンスピン」。

・イナバウアーは背中を仰け反らせる技ではなく、足を大きく開きながら滑る技。なので、背中を反らせるだけで「イナバウアー」というのは間違い。

以上が、僕の知ってるフィギュア知識の限界ですよ!あと、トーニャ・ハーディングは今、プロボクサーになったってのも知ってます!
そんなミーハー野郎な僕が観ても!

昨夜の浅田真央選手は凄かった!

夜はいつも、ラジオを聴きながら酒を飲みゲームをする時間なんだけど、さすがに昨夜はラジオを消し、3DSを開く事無くテレビに集中してました!酒だけは止められないので飲んでましたけどッ!

もーう!前日の失敗があったから、どうなっちゃうんだろうって心配してたけど、いざ本番になったら…まー!凄かった!!!!!!!!!!
最初のジャンプが決まった瞬間、真夜中にもかかわらず思わず「よーーーーーし!」って声出しちゃった!ま、きっとご近所も観てただろうから問題ないだろう!
で、後半に行くに従って動きがキレッキレになって行った(あくまでミーハーの個人的見解です)けど、何だかもう 神懸かってた!!!!!!!!

何と言ったらいいんだろうか?
96年のK-1グランプリ決勝戦でのアンディ・フグの「全く負ける気がしない異常な強さ」というか、02年のプライドでの高山VSドン・フライというか、「何だかとんでもないモノを目撃してるッッッ!」ってのを久々に感じたなぁ~!もっとも、女子フィギュアを格闘技で例える辺りが僕の頭の悪さなんだけど。

そして何よりも、演技が終わった瞬間の涙が…!
あの涙に、オリンピック本番の舞台を迎えるまでの努力だったり苦悩だったり重圧だったりが凝縮されているのを感じて…きっと全米も泣いただろうし!

おじさんも泣いちゃった…!

うーーーん!
最近、年を取ったせいで僕の涙腺のパッキンが、うちのお勝手の水道ばりにパッカパカになっているのと、酒で酔っていたせいもあったんだろうけど!リンクの上でクシャクシャになって泣いている浅田選手を見たらも~~~~う堪らなくなっちゃって!久々にボロボロ泣いちゃった!!!!!!! そして暫定1位って発表された時「スゲー!!!!!!!!」って、また大声出しちゃったし「こいつはめでたい!」って、そこから酒がガンガン進んだのは言うまでもないッッッ!

その後の選手の滑りも「わー!やっぱ最終組に出る人達って…超人オリンピックで言ったら全員がロビンマスク級なんだなッ!」と、キン肉マン世代にしか分からない例えで一人納得しつつ観ていた。

結果は6位だったけど僕の正直な感想は、

「浅田選手は大事な所はいつも決めるんだな!」

って事だった!

んで。主語は言わないけど…あの人の発言は無いよなぁ~…
もし競技の事を深く知っていればそんな事は考え付きもしないだろうし…選手達の努力を思えば口に出来ない事だもんなぁ~…しかも事実誤認をしながら選手を侮辱する発言やら…何よりもパラリンピックを軽視する言葉があったのが…残念で仕方がないや…
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.