忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2795]  [2794]  [2793]  [2792]  [2791]  [2790]  [2789]  [2788]  [2787]  [2786]  [2785
暖冬傾向とはいえ、やっぱり寒くなって来た今日この頃。
うちには軽自動車が1台あるんだけど、この季節に全く走らせないでいると、いざと言う時にバッテリーが上がってる事があるので(免許取り立てだった頃に、以前持っていた自分の車で一度経験あり)、最近ヒマを見つけては週に2~3回、1時間ほど地元を走っている。

以下に書く事は、先日の夕方に起きた実話です。

今週の月曜日。
ちょっと日が傾きかけていた午後3時半頃に、いつものように車を走らせていた僕。
この日は青梅から山を越えて名栗に入り、再び飯能市街へ向かうコースを走行していて、右へ行くと名栗、左に行くと青梅市街に出る丁字路を当然右に曲がって行った。

この時、僕の前には大きなトラックが1台、後ろにグレーのセダンが1台走っていたんだけど、丁字路から5分ほど行った所の工事現場へトラックが入って行き、そこからもうちょっと行った所にある青梅への抜け道で後ろのセダンが左折して行った。
狭い山道で前後を挟まれるのが苦手と言うか怖い僕は、開放感にホッとしながらしばらく走らせていると、名栗に繋がるトンネルに到着。

ライトを点けてトンネル内に進入し、緩やかな左カーブを進んでいた時にふと、ルームミラーに目をやったら、僕の車の後方に黒っぽい色のセダンが1台ついて来ている事に気付いた。
「あら?追いつかれたかな?」と思いながらトンネルを抜けると、すぐに結構な勾配の山道の下り坂になる。

山道に慣れていない人はこういう道を下る時にブレーキをガンガン踏んじゃうんだけど、僕のように免許取り立ての頃から山道に馴染んで来た者は、エンジンブレーキを使いながらゆっくり下って行くのが得意で。
だいぶ暗くなって来た事もあって、ウネウネしている山道を慎重に慎重に下って行ったんだけど…再びルームミラーに目をやったら…

いつまで経ってもさっきのセダンが来なくて…

うーん。
このくらいゆっくり走っているんだから、そろそろ追いつかれてもいいはずなんだけどなぁ…
そう思いながら運転していると、そろそろ山道も終わりという所でようやく後続車の姿がルームミラーに映った…

セダンじゃなくてトラックが…


え?

あれ…変だな…トンネルに入る前から山道が終わるまで、ずーっと一本道で脇道なんて無いのに…

黒っぽいセダンはどこに行ったんだろう?

うーーーん、考えられるのは…トンネルを出た辺りでセダンが停車して、それをトラックが抜いた事だけど…でも狭い山道だから、このシチュエーションだとかなりギリギリの所を抜いた事になるよなぁ…

他に考えられるとしたら…あ!

デロリアンだったのかな!!!!!?

今は2015年だし、空を飛んで行ったのかな!!!!!? あと、映画では2015年に存在していた、生ゴミを電気に変えるシステムが一刻も早く実現すればいいのに!

…その後、すっかり暗くなった田舎道を走って飯能市街へ向かう間中、何だか後ろが気になって気になって仕方がなくなり、ルームミラーを何度も何度も見たのは言うまでもないけれど、今は「タヌキに化かされた」という事で納得している。
PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 7
9 10 13 15
17 19 20
23 24 27 29
30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.