忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2386]  [2385]  [2384]  [2383]  [2382]  [2381]  [2380]  [2379]  [2378]  [2377]  [2376
昨日仕事で行ったスタジオは全面ガラス張りのビルの6階にあって、休憩室からは外の景色が一望出来るんだけど…脚立に登るのも怖いくらいな極度の高所恐怖症な僕は…「窓際まで近寄った瞬間、何かの拍子でガラスが外れたらどうしよう…!?」っていう、高所恐怖症特有の心配性を炸裂させて…窓ガラスから50センチくらい距離を取り、決して近寄ろうとはしませんでした…
そんなチキン野郎の駄話にお付き合いください!

今日、大河ドラマ「八重の桜」が終わった後のニュースで、アナウンサーさんが「たった今入ったニュースです」ってちょっと慌て気味に言ったもんだから、何か大きな事件でもあったのかと緊張していたら…

「宮崎駿監督が長編作品から引退を表明」

ってニュースだったんだけど、これを聞いて僕が最初に思ったのは、

「時代が変わったな~!」

って事!
というのも、今でこそ日本のアニメは社会的地位を確立したけど、僕が高校生の頃まではジブリ作品でさえ、アニメは子供か、一部のマニアが観るものって偏見が凄かったからなんだよねぇ~…

僕が中学2年の頃、給食の時間に放送部がラピュタの台詞を録音したテープを流した事があって。
僕はラピュタが大好きだったから一生懸命聴き入ってたんだけど、クラスのお調子者の男子数人が「アニメなんか流すんじゃねーよ」と、シータの台詞を真似し出して。
「パズーに会わせて!」って所を「拓央に会わせて!」って言って絡んで来たもんだから、僕が思わず目を据わらせながらそいつを睨んで「…殺すぞ」って呟いて、僕と絡んでも一切得しない事を教えたら「…や、やれるもんならやってみろよ!」って言って、それ以降は黙ってくれた事があったんだけど…そうしたら後日、ラピュタを流した放送部員が「アニメを流した」って事で怒られたそうで…
またある時には、魔女の宅急便がレンタルされた直後に僕が何とか借りる事が出来て、野外活動部(登山や今で言うボルダリング、飯盒炊さんや畑仕事などをする部活)の友達と、部活の時間に視聴覚室で観ていたら、同じ部に僕と同じ時期に他の部から編入(僕は2年の夏に卓球部を辞めて野外活動部に入った)して来た不良3人が「ふざけんなよー!こんなもん観てらんねーよー!」って騒ぎ出して。
部長が「うるせーな!静かにしろよ!」って言っても「静かにしねーよ!ふざけんなよー!」って騒ぎ続けて。そこで僕が「騒いでたけりゃそうしてればいいよ。彼らも将来子供が出来たら、子供と一緒にこの作品を喜んで観るに決まってるんだから。その時に今の自分のガキっぽさに恥ずかしくなりゃいいんだから」って言ったら、「一生観ねーよ!」って言って部屋を出て行ったんだけど…まー、あれ以来全く交流が無いから解らないけど、彼らも今頃はお父さんだろうし、子供と一緒にジブリ作品を喜んで観てるんだろうなー…あと、僕は当時から嫌な子供だったなぁぁぁ~~~…

一番、「…アニメって低く見られてるな~」と感じたのは…
中3の時の合唱コンクールで何を歌うかを、音楽の時間に話し合った時に、僕と友人S君はラピュタの「君をのせて」を提案したんだけど…そうしたらクラスの女子が「アニメの歌なんか歌えなーい!」って文句を言い出して。対抗にオフコースの「さよなら」を推して来て…
僕達は「『君をのせて』は少年の冒険心を謳った曲だから、まさに僕らが歌うのにふさわしい!」って主張したんだけど、逸れに対して向こうは「『君をのせて』は暗いー!」って言い出して…「…あれ?最初と主張してる内容が違ってるじゃねーか」とは…「理屈馬鹿」の僕は思ったけど…意見をまとめる為に音楽担当だった当時20代前半の女性の先生に意見を伺ったら…

「確かに『君をのせて』は暗いから、『さよなら』にします」

ってなって…
いやね!「さよなら」は名曲ですし僕も大好きな一曲ですよ!でもね!でもですよッ!!!!!! 皆さん、ここで一つ大きな声で「さよなら」の冒頭を歌ってみて下さいッッッ!!!!!!!!!!!

…ねッ!!!!!!!!!?

「暗い」って言う理由で選ぶんだったら…

ねぇッッッ!!!!!!!!!!!!?

…まぁな~。
今だったらむしろ「君をのせて」を歌うんだろうけど…
とにかく当時のアニメってこういう扱いだったもんだから、宮崎監督が長編から引退っていうニュースがNHK夜のニュースのトップを飾った事に、「時代が変わった!」って思ったな~。

僕も20年後には世間の評価が…

変わらねーかッ!

だって僕は

だめ人間だもの!
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.