忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2976]  [2975]  [2974]  [2973]  [2972]  [2971]  [2970]  [2969]  [2968]  [2967]  [2966
先日の昼過ぎ。
ナレーションの仕事で目白台にあるスタジオへ向かう途中、永青文庫という建物の前を通ったら、門に貼られていた一枚のポスターに目が留まった。
そのポスターは…

「仙厓ワールド」

仙厓義梵(せんがいぎぼん)という、江戸時代後期に福岡の聖福寺で住職を勤めた禅僧なんだけど、そのポスターに描かれた虎の絵が…

まー!可愛い!!!!!!

丸~い体で三角の耳にまん丸な目、「し」の字型の鼻の下にωの口と、とても江戸時代の人が描いたとは思えない今っぽいセンス!!!!!!!!!
この手の可愛いモノに弱い僕は、「仕事帰りに観て行こう」と即決。

気合を入れて仕事に臨み、2時間ほどかけてほぼNG無しで収録が終わった。
その時の時刻は午後3時40分。
閉館時間は4時半という事なので、大急ぎで永長文庫へ向かう。
観覧順路に従い4階の展示室へ行くと、仙厓の絵や書がたくさん展示されていた!

あのぉ、画像検索をしてもらうと解るけれど、仙厓さんの絵はとにかく可愛い!!!!!!
一見、子供が描いたようなタッチで「俺でも描けるよ!」と思っちゃいそうだけど…

これは絶対に描けない!

簡単に描いているようだけど計算しつくした構図だし、何の迷いも無くこんな凄い線は絶対に引けない!

布袋様のまん丸感やら、大黒様のニッコニコした表情。「ニカ~ッ!」と笑った獅子の顔とか、見ているとコッチも自然と笑顔になってしまう。

中でも僕の心を鷲掴みにしたのは…

草むらに隠れた男の人が片手に紙を持ちながら、こっちに丸出しにした尻を向けて座っているんだけど…その尻から「プリッ!」っと便が出ちゃっている!
しかもその絵の左側に…

「人は来ないようだ」

という賛が書かれている!!!

という作品!
いいわ~!こういう洒落た感じ、大好きだわ~~~!!!!!!!!

もっと大々的に取り上げられたら、若冲みたいにブームが来ると思うんだけどな~~~!!!!!!?
すっかり仙厓ファンになってしまった僕。
調べてみたら出光美術館でも作品を所蔵しているようなので、今度行ってみるかな。

…しかし仙厓の絵を見ていたら、「性格って絵に出るな~!」って感じた。
おおらかで人を笑わせるのが好きだったという仙厓の絵は、線がとても柔らかくて大胆だけど、対して僕の絵は…芝居や絵など、好きな事に関してはどこまでも神経質になっちゃう性格が出てるな~…
尤も、僕も大概の事には適当に臨むんだけど…

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.