忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2441]  [2440]  [2439]  [2438]  [2437]  [2436]  [2435]  [2434]  [2433]  [2432]  [2431
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナゼオレハココニイルンダ?

ファミコンの超メジャータイトル「デッドゾーン」冒頭の音声合成の名言が頭をよぎる…
気がついたら西武拝島線の西武立川駅に立っていた僕…

昨日(16日)、18時から新宿で事務所の忘年会に参加した。
一軒目は2時間の飲み放題。
まー、よく働く後輩が僕のグラスが空くとすぐに焼酎を注いでくれたもんだから、この時点で結構酔いが回っていたので、今年から新しく入ったメンバーの挨拶の際、軽くズボンを脱ぎかけて周りを引かせたのはご愛嬌という事で…

20時に一次会が終了。
まだこんな時間じゃ帰るには早いな~と思い、二次会のカラオケになだれ込む。
「今年入った人から歌ってくれ」と言われ、真っ先にリモコンを渡されて軽く困る…
「うーーーん。この人数(20人くらい)だし…一発目はノリノリで弾ける曲がいいかなぁ~?だとしたら…コレしかないか!」と入力したのは、もちろんジョジョ第一部の主題歌「その血の宿命」!
「自信が無い時はとりあえず大きい声を出せ」という恩師の言葉通りに大声で熱唱した結果、

一曲目で喉が飛ぶという…

これ以上無理して歌うのは止めて、それからは(飲み放題の)酒を飲みながらひたすらガヤに専念し歌わなかったんだけど…今思えばダグラムくらい歌えばよかったかなぁ…?

カラオケも2時間で終了。時計を見たら22時半過ぎ。
「若い頃なら朝までコースで大丈夫だったけど…オッサンになった今は無理!」と判断した僕はここで退散する事にしてみんなと別れ、一人で西武新宿駅に向かう。

「この時間ならまだ余裕で帰れるな~」と思いながら駅構内へ入ると、丁度急行電車があった!
月曜の22時半過ぎという事もあってか割と空いていてすぐに座る事が出来、良い気分で目を瞑った…

コレがいけなかった!

…ふと目を覚ますと電車が止まっていた。
「所沢か!?」と思って慌てて降りたら…そこは 西武立川。



ナゼオレハココニイルンダ?

えぇぇぇ!!!!!!!? 何で~~~~~!!!!!!!!!!!!!!?
僕が降りたかったのは西武新宿線の所沢駅で、そこから池袋線に乗り換えて飯能に帰りたかったのに、なんで西武拝島線の西武立川にいるのぉぉぉ~~~!!!!!!!!!!?
…考えられるのは…乗った電車が「急行拝島行き」だった事!
しかし「ふっ…落ち着け落ち着け。だったら上り電車に乗って小平まで戻り、西武新宿線に乗ればいいじゃないか」と、紫龍ばりに冷静に判断。
次の電車はいつ来るのか、電光案内板に目をやったら…

「上り電車は終了しました」

の文字が…

…えぇぇ…

しかし「ふっ…まだ策はある。下りはまだあるから拝島まで行って、八高線に乗れば東飯能に行けるじゃないか」と、アリエスのムウばりにスマートに判断。
やって来た下り電車に乗り込み「良かった良かった、これで帰れる」とホッとしていた次の瞬間…

「八高線は運転を終了しています」

という悪夢のアナウンスが…

おおおおおわああああああ!!!!!!!

♪「もう~~~帰れないーーーー!もう~~~戻れないーーーー!」と、まさかここでダグラムの主題歌を心の中で声高らかに歌う事になるとは思いもよらなかったッッッ!
まー!こうなっちゃったら後はもうタクシーに乗るしかない訳で!

駅を出て止まっていたタクシーに乗り込む。しかも乗る時に軽くおでこを車にぶつけて…
とりあえず金子駅まで行って後は歩いて帰るかと一瞬思ったものの…「金子からじゃ家までまだかなりあるなッ!」と思い直し…もうちょい先まで行ってもらって残りは真っ暗な山の中をテクテク歩いて帰ったんだけど…

タクシー代、5300円かかっちゃった…

運転手さんが凄く話しやすい人だったのは良かったけど、5300円は痛いなぁぁぁ…
まあ、5300円分みなさんに楽しんで貰えたらそれはそれでOKだけど。
あと「デッドゾーン」はそんなにメジャータイトルじゃなかった。
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.