忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2556]  [2555]  [2554]  [2553]  [2552]  [2551]  [2550]  [2549]  [2548]  [2547]  [2546
先日、都内へ出かけた帰りの電車。
汗っかきなオッサンに全身まとわりつかれているようなバカみたいな暑さの中、後輩の仲田君と早稲田から30分くらいテクテク歩き、何とか無事に池袋に到着…といっても、二人ともほとんどゲル化はしていたけど。
ドルアーガの塔のブラックスライムばりにゲル化した仲田君は、この後用事があるそうで池袋の改札で別れて、一人急行電車に乗り込んだ。

車内で、冷房の噴気孔近くの席に座りゲル化した体を元に戻し始めた僕。
ダークグリーンスライムまでゲル化した体が、ようやく人型にまで戻れた時に所沢に到着。
すると、そこで体育着姿の男子中学生二人組みが同じ車両に乗り込んで来た。

この二人、部活の帰りなのか、僕の右斜め前のつり革に掴まるとスポーツバッグを床にドスンと置き、ワイワイと何やら話し始めた。

「う~ん…床に持ち物を置くのは嫌だけど…しかし、こんなにクソ暑い中、真面目に部活の練習に行くなんて偉いな~。僕が中学生だったらサボって家でゲームしてるよな~。」なんて思っていたらふと…さっきまで喋っていた二人が静かになっている事に気付く。
「あら?ひょっとして最近の若者特有の、隣に友達がいるのにお互いスマホとにらめっこ状態になっちゃったのかな?」と思って顔を上げると…さっきの二人が顔を上げて、中吊り広告を凝視していた。
…その視線の先に目をやると…某週刊誌の中吊り広告があって、そこには 赤いビキニを着たグラビアアイドルさんの写真が写っていたッッッ!!!!!!!!

その写真をただただ黙ってジーッと見つめる二人ッ!
すると電車は西所沢に到着。
しかしドアが開いても微動だにせず写真を見つめている二人ッ!

ドアが閉まって電車が出発。次の小手指までは約3分ほど。
その間も黙って写真を見る二人。
…西所沢を出て2分半くらい経ち、もうすぐ小手指駅に電車が入ろうとした正にその時…!
…二人の内の背の高い方の男の子が一言…

「おいしそう」

と呟いたッッッ!!!!!!!!!

いい!いいぞ!中学生!!!!!!!!!!

僕は以前からずーっと、「この世に”草食系男子”なんて者は存在しない!」と思っていたけど、何だか今回の事でそれが証明された気がした!!!!!!!!!!!!!!

小手指駅で降り、改札に向かって歩いて行く二人の背中に…

「君達に幸あれ!」

と、心の中でサムアップせずにはいられなかった!
PR
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 16 17
20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.