忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2810]  [2809]  [2808]  [2807]  [2806]  [2805]  [2804]  [2803]  [2802]  [2801]  [2800
…しかし、飛行機で僕の右斜め前の席に座っていた若い女性は…機内に入ってからずーっと本を読んでいたけど…何でそんなに余裕でいられるんだ!!!!!?
…きっと彼女は男塾名物「油風呂」すら「なまぬるい!」と言う根性の持ち主に違いない…
そしてジェットスターさんのイメージカラーはオレンジだけど…5日の僕の服が全く意識していなかったのに真オレンジのパーカーで。周囲から見たら「ジェットスターに乗るから色を合わせてきた、物凄く気合の入った人」みたいに見えたかも…

で、5日の12時半頃、鹿児島本線にゆられて小倉に到着。
小倉に来たのは僕が大ファンの小説家、松本清張n記念館があるから!

旅に出る前から小倉で昼食をとるつもりだったので、ガイドブックに載っていた海鮮丼を食べようと、お店のある旦過商店街に行ってみたら…

お店、休みじゃないか…

…いきなり予定が狂った…
それからしばらく小倉の街をウロウロさ迷い…やっと見つけた別の海鮮丼店でマグロの盛り合わせを食べた。ここも美味かった。

それから清張記念館へ行き、現在も出版されている清張作品はほとんど読んだほどファンの僕は…

「うわー!清張の家が再現されてる!スゲー!」

と大興奮!
その後、オリジナルグッズを販売しているコーナーに行き…清張の作品名がグルっと書かれた湯のみと、清張の顔が描かれた手拭を購入。
「湯飲み…初日から買うと荷物になっちゃうかも…」なんて事は全く考えもしなかった。そのくらい欲しくなっちゃった。

その後、再び鹿児島本線に乗って折尾駅まで戻り、そこで「ほくほく線」に乗り換え一路「新飯塚」へ。
新飯塚には「花子とアン」に登場した炭鉱王・嘉納伝助のモデルになった、伊藤伝右衛門の邸宅があり、その周辺にある嘉穂高校と若菜小学校の一帯が、現在放送中の朝ドラ「あさが来た」で、主人公・あさが購入した「加野炭鉱」のモデルになった「潤野炭鉱」の跡地なので、一度見てみたいと思っていた。

新飯塚に降り立ち、タクシーに乗って伊藤伝右衛門邸に行ってみたら…まー!土壁に金が混ざっていたり、天井に目の錯覚を利用した仕掛けがしてあったり、明治時代に水洗トイレだったり、滅茶苦茶広大な庭だったりと、思っていたよりも贅沢な作りなのにビックリした!
「やっぱり本物の金持ちは、金のかけ方が凄いな!」と思った。

そこの受付の方にタクシーを呼んでもらい、今度は嘉穂高校と若菜小学校へ。
運転手さんに「嘉穂高校と若菜小学校周辺の写真を撮りたいんです」と言ったら…

「…学校に興味があって写真を撮りたいんですか?」

と、ちょっと怪しまれてしまった…事情を説明したら「あー!なるほど!」と納得してもらえたので良かったけど。
無事に写真も撮り終わり飯塚駅へ戻る途中、運転手さんに「今夜はこのまま南下して久留米に泊まろうと思うんですが」と言ったら…「南下は…しない方が良いと思いますよ」と言われてしまった…

うーん…久留米に泊まる事にしたのは…地図で見ると、飯塚から博多に行くよりも、ほくほく線で南下して原田駅に行き、もうちょい南下して久留米に泊まった方がいいんじゃないかと思ったからなんだけど…「久留米」って大きな街のイメージだから、一度見てみたかったし…

そこで飯塚の駅員さんに「久留米に行くにはどうすればいいですか?」と聞いたら…

ほくほく線って博多にも行っているみたいで…

「ここから原田に行って久留米に行くとなると、乗換えが上手く行くか解りませんよ?それより博多から快速で行かれた方が早いと思います」という答えが…

言われた通りにほくほく線で博多まで戻る途中…「だったら博多に二連泊で良かったんじゃないか?」と思ったのは、ミンナニナイショダヨ。

午後6時過ぎにJR久留米駅に到着。
予約したビジネスホテルは「西口から歩いて1分」という事なので駅前に出てみたんだけど…

無いぞ?

確かにそれらしい大きな建物はあるけど…これはマンションだよなぁ…
変に思って、プリントしていったホテルの地図をよく見たら…

…え!? JR久留米駅じゃなくて「西鉄久留米駅」!!!!!!!!?



西鉄にも久留米ってあるの!!!!!!!!!?

仕方が無いのでタクシーに乗り…3キロくらい離れた西鉄久留米駅へ行ってもらった…

ホテルに入り、とりあえず飯を食いに久留米をブラブラしていたら、何とも良さそうな雰囲気の「月虹」というお店に入ってみたら…

これが大当たり!

とりあえず焼き鳥の盛り合わせを5本で頼んだら、焼きあがる度に一本ずつ出してくれたんだけど、これがどれもプリップリのフワッフワで美味いの何の!!!!!!!!
中でも、すぐにパサパサになっちゃうレバーがトロットロだったのは、思わず心の中で 「上手に焼けましたー!」 って叫んじゃったし、僕がもし味皇だったら口からビームを出しちゃう所だった!

酒も美味い焼酎をたくさん揃えている事から…「このマスター…若いのに只者じゃない!」と見抜いた僕。
次に「温玉納豆」と「博多地鶏のたたき」を注文したら…これがまた美味い!!!!!!!!!
僕がもし味皇だったら、海の上をダッシュしちゃう所だった!

「うわー!料理が美味いから酒が進むわーー!」と思った僕は、一品一品にボリュームもあるのでこの時点で結構お腹が一杯になっていたんだけど、まだここでもうちょっと飲みたかったので…「こういうお店は、こんなメニューも隙が無いはずっ!」と、完全に味皇目線になって冷やしトマトを注文!
それを一口食べたら…

思った通りだったーーー!

美味くて良いトマトじゃないかよぉぉぉ!!!!!!!!
もし僕が味皇だったら、体が巨大化してお店を壊しちゃう所だった!

…結局、一人で4千円ちょい食べたけど、いや~!このお店で食事が出来ただけで、久留米に来て本当に良かったと感じた!

そして次回…いよいよ今回の旅のお目当ての猫島へ…!
PR
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 16 17
20 22 24
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.