忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2948]  [2947]  [2946]  [2945]  [2944]  [2943]  [2942]  [2941]  [2940]  [2939]  [2938
「ハドソン川の奇跡」を観て来た!

クリント・イーストウッド監督作という事で、物凄く楽しみにして平日の午後の回に行った所、館内は50代以上のお客さんで席が割りと埋まっていた!
ただ、廊下側の席を中心に埋まっていたのを見た僕は…「なるほど、トイレが…ねぇ…」という事に気付きながら、館内のちょうどド真ん中の席に座った。

映画は…

さすがイーストウッド監督!!!!!

冒頭、「一瞬の間違いで、本当はこうなっていたかもしれない」という事を観客に見せつけ…
その後、機長たちの「あの行動は正しかったのか?」というPTSD表現の中で事故当時の再現を流し…そして最後は「やはりあの判断は正しかった」と全員を納得させるという、しかもその流れが全体を通して坦々と、そして冷静になされて、「こういう冷静な機長だったからこそ、『全員無事』というあの結果に繋がったんだろうな!」と、「事実を扱っている以上、どうなったのかは知っているけれど先を観たい!」と思わせるという見事な作り!
あと、「パイロットやCAの皆さんは、本当に責任重大で大変な仕事だな!」と感じずにはいられなかった!

前作の「アメリカンスナイパー」も物凄く良かったけど、今回の「ハドソン川の奇跡」もオススメ!


ただ…
映画の中身はとっても良かったんだけど…

観客側に問題が…

僕の左斜め後ろに座っていた、60代後半くらいのおばちゃん3人組が…映画が始まる前の予告の間中ず~っとお喋りをしていて…「これはもしかしたら…?」と心配だったんだけど…
案の定、冒頭の事故シーンから「あらいやだ~!」とか…「え!? どうなってるの!?」とか言ったり…
機長がPTSDに苦しめられる静かなシーンで…「大変ねぇ」、「あれだけ怖い思いすりゃそうなるわよね~…」って、要所要所でお喋りをして…!!!!!!

お家で映画観てるんじゃないんだよ!

そういうのは「ハドソン川の奇跡・応援上映」があったらその時にやってくれ!

…あと、2~3席間を空けた右隣に座っていた50代くらいのおじさんが頻繁に…

「んふ~~~!」

っていう、かなり強めの溜め息をついて!!!!!!!!!!

気になるからやめてくれッッッ!


帰り道、入間の映画館から家まで1時間半かけて歩いてみた。
途中コンビニに立ち寄って、作中でサレンバーガー機長が事故前にこれを買ったのに影響されて、ツナサンドと野菜ジュースを購入しそれをパクつきながら。

しかし…ここ最近、観賞マナーがアレな人に遭遇する事が多いなぁ…
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.