忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2953]  [2952]  [2951]  [2950]  [2949]  [2948]  [2947]  [2946]  [2945]  [2944]  [2943
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

という訳で昨日…
養成所生たちと飲みに行って、途中から完全に記憶を無くして以来初の授業へ出かけて来た。

電車に乗っている間ずっと…

「あ~…記憶が無い時に…変な事していたらどうしよう!」

って考えが頭を支配しまして…お陰でモンハンに全く集中出来ず…ライゼクス、リオレウス、セルレギオス(全て獰猛化)を連続で倒すクエストで、最初のライゼクスに連敗するという体たらく…

「…はぁ。僕は酒で記憶を無くして教え子達に変な事をしていないかが心配で仕方が無いせいで、ライゼクスにすら勝てなくなるダメ人間なんだ…」

と思いながら稽古場へ向かった…

「どうしよう…このドアを開けたら一斉に白い目を向けられたら…状況は違うけど専門学校1年の時の”あの日”のように!」と、過去のトラウマが軽く頭をよぎったけれど…ドアの前でずっと突っ立っている訳にも行かないので…勇気を出してドアを開けたら…!

拍子抜けするほどいつも通りの感じだった。

「…いや!まだ安心は出来ないぞ…もしかしたら僕に気を使って、いつも通りの雰囲気を出しているんじゃないか…!?」と思った僕は、こちらから「この前の記憶が途中から完全に無いんだけど…変な事しなかった?」と切り出してみた。

…どうやらあの日は、カラオケ店を出た後に新宿の居酒屋へ移動して2時間くらい飲んで帰ったようで、僕はその居酒屋でずーっと、忌野清志郎さんの話をしていたらしいんだけど…

う~ん、全っ然覚えてないッ!

ま!とりあえず、暴れたり全裸になったりはしなかったみたいで良かった良かった!

その帰り道。
新宿の家電量販店でテレビを下見した後に西武新宿駅へ向かったら…

「16時51分発の拝島行き」と「17時発の特急」という、どちらに乗るかの2択を迫られる事に…!

これ、ちょうど一週間前に事務所へ行った帰りと、全く同じ状況じゃないか!!!!!!!!

前回は「ちょっと遅くなってもお金がかからない方がいいや」と思って、池袋線への乗換駅である所沢着が特急の後になる急行に乗って所沢へ向かったら、池袋線の下りが遅れていて、新宿から特急に乗った人達と同じ飯能行きに乗り換える事が出来たというラッキーが発生したんだけど…
「今日は授業で疲れたから…特急に乗ってゆっくり座って、ちょっと早く帰るかな…」と思って、特急の乗車券を400円で購入。

指定席に座ってモンハンを始め、行きの時に失敗したクエストへ出たら…まー!こちらの攻撃が狙った通りにバンバン入る入る!!!!!!!!!
所沢の1つ手前の東村山に着いた時にはライゼクスを余裕で倒し、リオレウスに中々のダメージを与えているという状況だった!

所沢に着いて池袋線の下りホームへ向かう。
「ふむふむ、飯能行きは34分発か」と列の後ろに並んだんだけど…

34分になっても電車が来なくて…

その時に…「飯能行きはただ今3分ほど遅れて隣の秋津駅を通過しています」というアナウンスが…

負けたッ!!!!!

以前は同じ状況で「勝った!」と、カイジばりに鼻とアゴを鋭角にして喜んだのに!今回は完全に負けた!!!!!!!!!
「沼」に飲まれたおじさんばりの表情でやって来た電車に乗り…その鬱憤をリオレウスにぶつけたら、飯能に着くちょっと前辺りでこいつを倒す事に成功。
続けて出て来たセルレギオスを、家に帰ってから「裂傷状態なんか関係ねぇわ~!!!!!」と、ひたすら足元で大剣をぶん回し続けたら、「残り時間8秒」というギリギリでクエストクリア!

酔った時に何も無かった安心感と、「400円払ったのに…」というモヤモヤのお陰で、ずっとクリア出来なかったクエストを終わらせる事が出来たから、結果良かった!
あと、専門1年の時に何があったかはその内に(言いたい事は山ほどあるけど)!

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.