忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2280]  [2279]  [2278]  [2277]  [2276]  [2275]  [2274]  [2273]  [2272]  [2271]  [2270
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まさかの2回連続星人話です。
 
隣の日高市内にあるうちのお墓参りに行ったついでに、地元じゃかなり有名な高麗神社まで足を伸ばしてみた。
さすがに正月のような混雑はなく、参拝客もまばらだった境内をブラブラ。
で、ふと広場に目をやると…そこに置かれた数台のベンチの一つに、何やらモッフモフした毛玉が乗っかっているのに気付いた。
すぐさまカメラを用意して近寄ったら

6c282879.jpegはい、星人でした。
 
うわ~!こいつ大きくなったな~~!!!!!!!!!
実はこの星人と遭遇するのはこれが2回目でして。以前は5年位前にまだ子猫だった時に見たんだけど、すっかり立派になっていてビックリした!そして人懐っこさも以前よりパワーアップしていてビックリした!
 
とにかくどんなに撫でても全く嫌がる気配が無く、まー、この気持ち悪い糸目のおじさんに撫でられ放題。
眉間の周辺を円を描くように指で撫でていたら「にゃ!にゃー!」って鳴き始めたから、それにオウム返しで僕も「にゃー」って言っていたら…それまで狛犬のようにジッとしていたのが起き上がり始めて…何やら「もうちょっとコッチに来い」って目で僕を見てきて…
 
「ほぉほぉ!そうかぁ~!『据え膳食わぬは何とやら』だぜぇ~!ぐへへへ!」と、ブラックエンジェルズに出て来たら間違いなく、雪藤から「地獄に落ちろ~~」と眉間にスポークをプッスリやられちゃうようなエロド外道面で、しゃがんだ姿勢のままにじり寄ったら…おもむろに手を僕の太ももに乗せて来たかと思うと…
 
d25a5b5f.jpeg乗っかって来やがったッッッ!!!!!!
 
ひ、ひぃぃぃぃ~~~~!!!!!!!!!!!
 
も~~~う!両手両足を完全に僕の両太ももに乗っけて、クルっと方向転換したかと思ったら、僕のダウンコートに顔を埋めるようにしながら全身を預けて来やがったーーーーーッッッ!!!!!!!!!!!
そこで両手でキュッと優しく抱いてみたら…

4ffc4ba3.jpegこっちをチラっと見ながらからの
 
「にゃ」
 
だとぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
こ、殺す気かッ!!!?
 
も~~~~う!タマランチですよタマランチ!モッフモフのファッサファサな毛並みがタマランチですよッッッ!!!!
バルセロナオリンピック当時でさえ「たまらない!」って言うのを「タマランチ!」って言うと、「出た親父ギャグ」って白い目で見られたけど、敢えて言おう!
 
「タマランチ!」であるとッ! (←ギレン総帥で)
 
そんなこんなで参拝客の若い女性(彼氏つき)から「うわ~!可愛い~~!」と、きっと”僕込みで”言ったのであろうありがたい言葉を頂戴しながら5分ほどその状態をキープ!
その間、何度「このまま連れて帰っちゃいたい!」って衝動に駆られた事か!!!!!!!!!!!!
 
54530470.jpegそっとベンチに戻し、後ろ髪を引かれる思いで帰って来た。
 
いや~!行って良かったな~~!!!!!!!!
それにしても僕の猫達に対するモテ具合は、最近更に磨きがかかってる気がする!
…まあ、何度も言ったけど…これくらい人間の女性にモテればなぁ~…
 
 
 
 
やったー!
 
遂に人間になったぞー!
 
あ、いきなりゴメンなさい。ただやっと人間になれた(正確には戻れた)のが嬉しくて嬉しくて!
何の話かっていうとドラクエⅩです。
Ⅹをスタートしてから260時間ぶりに人間になれた!
あ!ドラクエの世界では人間になれましたが、実生活では相変わらずの
 
妖怪人間です。
 
尖った耳と三本の指を見せながら「オイラ、怪しい奴じゃないよ!」が口癖の妖怪人間です。いっつも泣きべそをかいてばかりいる妖怪人間ベソです。
 
早く真人間になりたいッ!
 
ドラクエ。僕のキャラを大勢の人がサポートパートナーに使ってくれてありがとうございます!
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.