忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[1124]  [1125]  [1126]  [1127]  [1128]  [1129]  [1130]  [1131]  [1132]  [1133]  [1134
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日書いた「ファミコン元気玉」。アップされてから約2週間で再生回数24万回という脅威の数字。そしてテレビでも「ゲームセンターCX」が大人気。…これから分かるように、みんなファミコン好きだなっ!!!!!
多分、ファミコン世代は僕ら昭和50年生まれから上下5歳がドストライクだと思うけど、特に僕らから上5歳の世代は「それ以前」のゲーム機(数種類の『ポン』が出来るだけってスペックで数万円!物価を考えれば、今のPS3より高い!!!)を知っているからねぇ〜!だからあの映像の綺麗さには腰を抜かしたもんな〜!!!!
いまだにファミコンに人気があるのは「愛」じゃないだろうか。ゲーム黎明期の混沌さや不便に感じた事が、今となっては愛に変わったんじゃないだろうか。「一度売り切れたら次はいつ入荷するか分からない」ってピリピリした感覚は、ソフトが安定供給されるようになったCDロム以降しか知らない世代には分からないだろうし、「ドラクエをカツアゲされる事件」とか「抱き合わせ販売」なんて古〜いニュースの話としか思わないんだろうなぁ〜…「クソゲー」と言う時も、ことファミコンソフトのクソゲーには愛情を込めるし、ファミコンのクソゲーは「つまらない」って言うより、「ダメだな〜」って苦笑しちゃうって感じなんだよね〜。
ドラクエ2の復活の呪文を書いたノートを見た母が「…拓央はとうとう壊れちゃったんじゃないか!!!?」って本気で心配したっけ。そういうのもセーブが当然世代には一生出来ない経験か…
…最初に触ったのがプレステっていう世代は、20年後に僕らのような「あーー!!分かる分かる!!!」ってゲーム談義が出来るのかなぁ…? そう思うと、僕らはとてもいい時代に子供だったんだなー。北斗の拳をゴールデンにご飯食べながら見ていたし、テレビでも平気でおっぱいが流れていたし。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.