忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2495]  [2494]  [2493]  [2492]  [2491]  [2490]  [2489]  [2488]  [2487]  [2486]  [2485
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後輩の丸山ゆうちゃんが出演したアニソンライブを観に恵比寿へ出かけた。
…はい。
高校や専門の頃、友人と「遊びに行こうぜ~!」となったら…ゲーセンで格闘ゲームか公園でボーっとするって日々を過ごしていたもんで…僕、ライブハウスってものに行った事が無くてですね…

「…きっと、肥溜めみたいな田舎臭ぷんぷんの僕なんかが近寄ろうもんなら…たちまち、素肌にトゲトゲのついた革ジャンを羽織った、屈強お店の人達に周りをぐるりと囲まれて…『ここはお前みたいなダサ男の来る所じゃないぜぇぇぇ!!!!!?』って言われるに違いない!!!!!!!!!」

と思いこんでいた僕は、生まれたてのアルパカのようにブルブル震えながら会場に着いたんだけど…もちろんそんな事は全く無くて。
むしろ、受付のお姉さんの対応はしっかりしてたし、ドリンクコーナーでスクリュードライバーを注文したら、変な居酒屋よりもしっかりウォッカが入っていたしで凄くちゃんとしていた。

僕なんかよりもずっとちゃんとしてた。

「行った事もないのに偏見は良くない!」と再認識!それと、物理的に肥溜めみたいな臭いがしないように一杯ファ〇リーズをかけて来て良かった!

雨にもかかわらず結構な人手な事にビックリしていたら、間もなく会場が暗くなってイベント開始。
飯能では「メリーポピンズ」ってゲーセンに唯一置いてあった、アーケード版「ダライアス」の 3画面筐体 を髣髴とさせるような重低音が、ズンズンと僕の心臓を襲う!!!!!!!!!

「こ…これが…ライブ!?」

と、ガンダムで初めての空間戦闘に出た時のアムロばりに呟く僕!
「いや~!物凄く体に響くんだな~~!!!!! なりたてのゾンビだったら、この振動が丁度良い心臓マッサージになって生き返っちゃうんじゃないか!?」って思った。

で、始まってすぐ。
会場前方でかぶりつきになっていたお客さんが、サイリウムを手にし、右に左に体を大きく振って踊り始めてッ!!!!!!!!
「え!!? みんなどこかに集まって練習したの!!!!!?」ってくらいに一糸乱れぬその動きに、オッサン物凄くビックリ!
そして一見大人しそうに見える人が、曲に合わせて両手を振ったりその場で飛んだりしていて!しかもそんな人があちこちにいてまたビックリ!
でもゴメンなさい!さすがに来年から介護保険を払わなきゃいけなくなるオッサンには…

そのノリはちょっとマネ出来ないッッッ!

ただ!心の中では!

ヘッドバンキングしてましたよッ!

マキシマム・ザ・ホルモンばりの、首ももげんばかりの激しいヘッドバンキングをしていましたよッッッ!!!!!

それと、お笑いコンビの「ゴールドラッシュ」さんがMCを務めていらして、途中、アニメやゲームのあるあるネタを披露。
ネタは面白いと思ったのですが…

「ガイルステージで、飛び道具の打ち合いに痺れを切らして飛び込んだガイルを、タイガーアッパーカットで倒すサガット」

っていうネタで…ガイルのソニックブームとジャンプのモーションは完璧だったのに…

タイガーアッパーカットの向きが逆!

ネタの中では客席の方を向きながらタイガーアッパーカットを出してたけど!タイガーアッパーカットは客席に背を向けるのが正しい!!!!!!!!!
…もっとも、そこまで細かい所を気にするようなのは僕だけだろうけど…
あと、ゴールドラッシュのお二人。僕と同じ芸歴と聞いて凄く応援したくなった!

そんなこんなで3時間くらいずっと立っていたけど、ノリノリな空気感に包まれて楽しかった。
一つ注文するなら… オッサンにも解るような、古いアニソンもやって欲しかった!
「愛をとりもどせ!」や「疾風!ザブングル」が流れたら!僕もキレッキレでノリッノリな動きをしたかもだな~~~~!!!!!!!!!!!

そして帰りの電車は…ラッキーな事に池袋から座れたんだけど…座った途端に寝ちゃいまして…
やっぱり疲れていたんだな。
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.