忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2488]  [2487]  [2486]  [2485]  [2484]  [2483]  [2482]  [2481]  [2480]  [2479]  [2478
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これまでここで何度か触れて来た、「買い物の会計時、店員さんが『〇〇円でよろしいですか?』と聞いてくる」問題。

これまで、600円の会計で千円札を1枚出したら「千円でよろしいですか?」と聞かれた事や…
合計が900円だった時にも千円札を出したら、これまた「千円でよろしいですか?」と聞かれた事を書いたけど…

今回ッ!

来る所まで来ましたよッ!

…先日。
都内某所をぶらぶらしていた時に、ふと某チェーン系ドラッグストアに寄って買い物をした所、合計金額が999円だった。
「お!999だなんて中々なゾロ目じゃないか!メーテルみたいな美女と出会えたりしてねッ!!!!」と、「もしホントにメーテルに出会えたら、喜んでヒョイヒョイ着いて行っちゃうな!」ってスケベ顔をしながら千円札を1枚出したら…ハイ、出ました!

「千円でよろしいですか?」



何なんだ!!!!!!?

今、僕が財布の中を覗いたら999円分の小銭は勿論!端数の99円分、9円分の小銭も無かったから千円札を出したんだけどッッッ!!!!!!!?
それによしんば、僕が999円分、99円分、9円分の小銭を持っていたとしてだ!
「僕がその小銭を数えてトレーの上に出し、それをちゃんと枚数が合っているかアンタが数える手間」と、「僕が千円札を1枚出してアンタが1円玉を1枚渡す手間」とだったら!

どっちの方が手数がかからないッ!!!!!!!?

それに、2円3円くらいの端数だったら、客に小銭の確認をしても良いと思うけど、数えるのが凄く面倒臭い9円の時に聞いちゃうのはどうなんだ!!!!!!!?

…心の中では相当イライラしながらも、顔では平静を装って「はい」と答えて店を出た…

と、これで済めば「だから何だよ」で終わる話で、「ついでにメーテルに連れて行かれて、ネジかバネにでもされちゃえよ」って言われても仕方ないけど…

別な日。
埼玉県内某所をぶらぶらしていた時に、ふと前回と同じ某チェーン系ドラッグストアに寄って買い物をした所、合計金額が丁度500円だった。
「お、全く意識しないで適当に商品を選んだってのに500円ピッタリだなんて!僕って何か凄いんじゃないか!!!?」と、簡単な事で得意満面になりつつ財布を覗いて見たら、丁度そこに500円玉が1枚鎮座ましましていた!
「ピッタリ500円の会計で、500円玉1枚ピッタリ持ってるなんて、今日は何か良い事あるんじゃないか!?」と、何の根拠も無い事で喜ぶ僕。

「この後、物凄い美女とぶつかって、そこから恋が始まったらどうしよう!?」と妄想しながら、お金を入れるトレーに500円玉を乗せた次の瞬間。

「500円でよろしいですか?」

って、若い男性店員に聞かれた…



よろしいに決まってんだろッッッ!!!!!!!!

そっちが500円ですって言って、財布を覗いたら丁度500円玉があったから500円出したんですけどッッッ!!!!!!!!!!!?

どんな支払い方だったらOKだったんですか!!!!!!!!!!!?

1円玉20枚、5円玉20枚、10円玉8枚、50円玉2枚、100円玉2枚だったらOKだったのかなッッッ!!!!!!!!!!?
ただこれだと小銭が多すぎるから、お店側が受け取りを拒否出来ちゃうけどッ!!!!!!!? でも、そう訊ねて来たって事は絶対に拒否しないよねッ!!!!!!!!!!!? しないよねッッッ!!!!!!!!!!!!!!?

…何なんだろう…?
こうやって、お客さんにいちいち「〇〇でよろしいですか?」って確認するのって、決して丁寧な接客って事じゃないと思うんだけど…
ただ、こんな事ですぐイライラしちゃうような、弁当の魚型醤油注しより器の小さい奴が街で美女とぶつかっても、恋が始まるよりも問答無用でビンタされるのが先ですわな!

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.