忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[1733]  [1732]  [1731]  [1730]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1723]  [1722]  [1721
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜、ゲームセンターCXの新シーズンを観た!
ファミコン伝説のクソゲー「パリダカールラリースペシャル」!!!!!!!
 
いや~!久々に感動すら覚えるほどのクソゲーっぷりだったな~~!!!!!!!!
一言で表現すると
 
色んな要素を欲張りすぎッッッ!!!!!!
 
ゲームスタート時はプレイヤーは車を持っていない状態で、「さんまの名探偵」っぽいマップを移動してスポンサーになってくれる会社を探すという、緩~~いアドベンチャー要素から始まり、次に一緒にレースに参加するナビゲーターを決める、「マインドシーカー」っぽい反射神経測定のミニゲームをやらされ、やっとレースゲームが始まるんだけど、
 
これが凄い!
 
一見、あの名作「ロードファイター」を髣髴とさせる俯瞰型のゲーム画面なんだけど、車を走らせる方法がAボタンを押すのでもBボタンを押すのでもなく、
 
十字ボタンの上を押す
 
という斬新さ!(ちなみに下を押すと減速)
基本的に敵の車に3回ぶつかるとゲームオーバーなんだけど、普通この手のレースゲームって(レースで1位を目指すって概念上)前を走っている車を追い抜く時にいやらしい動きをされてクラッシュってなるもんだけど、このゲームの場合は後ろから自分の車を追い抜いてくる敵車にぶつかってクラッシュっていうのが当たり前という、しかも1回クラッシュするとハメのように次々クラッシュさせられる理不尽さ!
 
…そして2面。
今度はレースゲームから一転して、ナムコの名作「ニューラリーX」っぽい迷路を敵の車の追撃に気をつけながら進むパズル要素満載のステージに!
このステージ!敵が確実にこっちに向ってやって来るので、一瞬でも迷ったらお終い!それでも有野課長はアイテムのオイル(敵が方向転換する)を駆使して何とかクリアー!
 
続く3面がまたぶっ飛んでた!
今度はマリオっぽい横スクロールステージで、カエルやカラスが襲ってくるのを
 
弾を撃って倒す
 
って、もうすでにパリダカ関係なくなっちゃってるじゃん!
途中、壁などで先に進めないポイントに着くと、車からドライバーが降りて来て、「岩が転がる地下迷路を突破しその先にあるボタンを押す」っていうアクションゲームに!
 
次のステージは何故か車が水中に潜り、サメやタコやクラゲ。海底火山にミサイル、爆弾をばら撒いて来るヘリコプターの攻撃を避けながら進むんだけど…
 
何コレ!!!!!?
 
本当のパリダカって、多分だけどこんな風にして海は渡らないと思うんだけどな~!!!!! それに国際的なレースの参加者に攻撃を仕掛けてくる軍って、一体何なの!!!!?
 
アフリカ大陸に上陸すると、再び1面のようなレース風の画面になるんだけど、今度はサソリやラクダなどの野生動物に襲われるという…それらを

やっぱり弾を撃って
 
迎撃するんだけど、ここで「弾が当たっても、敵は画面から消えないけど、触れてもミスにならない。」っていう訳の分からないルールが発動!どれが弾が当たった敵か分からなくなる上に、何故かラクダだけはどんなに弾を当てても倒せない!
しかもこのステージ後半に、川をイカダに乗って移動する難所があるんだけど、どんなに残機が残っていてもこの川に落ちたら一発でゲームオーバーという理不尽さ!
 
さっき海は渡れたのに川はダメなのかよッ!
 
と突っ込みを入れたくなる!
 
そして次のステージは何と、容赦なく攻撃してくる戦車や戦闘機を 
 
弾を撃って迎撃する
 
シューティングステージ!
ただレースに参加しているだけなのに、何で軍隊と戦わなきゃならないのッッッ!!!!!!!!!
それに戦車や戦闘機を破壊する武器を、この車はいつ積み込んだのッッッッ!!!!!!!?
 
この理不尽なステージを抜けるといよいよ最終ステージなんだけど、これがまた理不尽!
車一台分の幅しかない道を、敵の車を上手い事やりすごしてゴールを目指すんだけど、この道の狭さが理不尽すぎる!
それでも課長は何とかクリアーして、また一つ伝説を残したけど、いや~!凄まじかったわ~~!!!!!
 
レースステージで十字ボタンを横に入れると、カニ歩きのように車が横にスーッと移動するっていう、現実では絶対にありえない動きをしたり、パスワードを正しく入力しても何故かゲームが再開できないっていう、最早呪いとしか思えないようなバグがあったりで、「これ、今売り出したら暴動が起こるな!」って思いながら観てたけど、よく考えれば87年当時は、6千円くらいで平気で売られていたんだもんな~~!!!!!!
 
当時クソゲーを買ってしまった時、頭の中で「しまった!掴まされた!」って思いながらも、何とかして「これは面白いゲームなんだ!」って脳内変換(自己催眠でも可)して遊んでいたのが、僕ら昭和最後のガキなんだよな~!
そんな僕らが大人になって、クソゲーについて熱く、そして愛を持って語り合えるようになったのも、「ファミコンが最強のハード」って思う理由なんだよね~!
 
ゲームセンターCXには、今後もこういった「いい匂いのするクソゲー」をバンバン扱って欲しい!課長は大変だろうけど!
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.