忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[2673]  [2672]  [2671]  [2670]  [2669]  [2668]  [2667]  [2666]  [2665]  [2664]  [2663
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ最近、桜の季節を何となく特別な気分で迎えるようになって来た。
子供の頃から30代前半までは、桜を見ても特に何とも思わなかったけど、35になった頃から何となく「あ~、桜って綺麗だな~」と感じるようになり、父親が他界してからのここ3年くらいは「あと何回、桜を見られるんだろう?」と思うようになった。
そして、父親があっちに行ってからというもの、桜の季節になると思い出す事が。

今から十数年前(日曜日だったのを覚えてる)。
朝から地元の河原へ近所のソフトボール仲間と花見に出かけた父親が、夕方6時頃に帰って来たんだけど…

まあ~完全に出来上がっていて…

父親は「母さん!帰って来たぞ!」と大声を上げながら玄関に入ってきたけど…そのあとにぞろぞろと…ソフトボール仲間を7~8人引き連れていて…

…うちの父親は生前、一事が万事「0か100しかない」って人で。「やる」となったら徹底的にやるけれど、「やらない」となったら何を言われようと絶対にやらないっていう、かなり厄介な性格だったんだけど「対人関係」に関してもそうで。
家ではほぼ喋らず常にムスッとした顔をしていて、何か喋るといつもイライラした口調だったのに、一歩外に出ると途端にニコニコ顔になり、何を言われてもゲラゲラ笑う人だった。

そんな人だったから、酔って帰って来るなり「今から俺の部屋で飲むから!何かツマミを出して!」って言ってドンチャン騒ぎを始めて。
宴会が始まってしばらくしたら、父親の

「拓央ー!お前もこっち来て飲めーーー!」

って声が聞こえて来て…
ハッキリ言って面倒臭いから嫌だったけど、近所付き合いを考えて仕方なしに父親の部屋に行く事に…

部屋の戸を開けた瞬間、ムワッと酒臭いニオイと、泥のようになっている50~60代のオッサンたちというヘルピクチャー(地獄絵図)が…
父親と一番仲のいいおじさんの隣に座らせられ、コップに焼酎を注がれて「乾杯」を言った直後…

「拓ちゃんは親父さんは好きか!!!!!!?」

と聞かれまして…
正直、芝居の世界に入る際に「大学には行かない」と告げたら、父親から学歴に関してかなり僕とは違う考え方を言われてからというもの、お互いに全くと言っていいほど口を利かなくなっていたもんだから、まー!そんな事を聞かれるのは一番キツイんですわ!
…でも「嫌いです」なんて、その場の空気を考えたら口に出来ないでしょ~~~!!!!!!?
なので、「まあ…す…きぃ………です…かねぇ…」と渋々答えたら…

「おい!好きだってよぉぉ!」

と、そのおじさんに叫ばれて…
「面倒臭ぇなぁぁぁ!」と思いながらしばらく飲んでいたら…ふと気付くと父親がいなくて…

「あれ?どこ行ったんだ?」と思っていたら、部屋の戸がスッと開いたんだけど…次の瞬間…

「素っ裸にほっかむりと白褌一丁」という姿の父親が入って来て…

何しろさっきも書いたように、家では社交性を完全にシャットダウンしていた父親だったもんだから、僕が呆気に取られていると…白褌親父は体を左右に揺すり始め…

男性器名称を連呼し始めまして…

その時僕は「親父!何やってんだ!!!!!」と心の中で叫んだんだけど…
最近、飲みに行って酔っ払うと必要以上に騒いじゃう自分に気付くたびに…

「そういう血なのかな~?」

って思うようになった。
…って事は、僕もあとちょっとしたら、酔っ払うと「白褌一丁にほっかむり」になるんだろうか…その際は捕まらないように注意しなきゃ。

結局、父親が他界するまでほとんど会話はなかったけど、「お互いに意地を張りすぎだったな」とは、40歳を目前にした今、地元の河原でワンカップを手に桜を見ながら思う。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.