忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
先日、仕事帰りに新宿駅構内を歩いていたら…あちこちにドラゴンボールのヤジロべーのポスターが貼ってあるのに気付いた。
「?」と思ってポスターをよく見たら…え!?

ドラゴンボールのスタンプラリー!!?

今、都内と千葉のJRでドラゴンボールのキャラを使ったスタンプラリーを開催中なのか!
そこで調べてみたら…わ!全部で65駅もあるのか!!!!!!!!!

うーん。
小学4年生の時に原作の連載が始まったドラゴンボール。
僕の通っていた小学校では、4年生になると火曜の6時間目に当てられた「クラブ活動」の授業で、サッカーや野球、合唱に書道などなどの中から、何か1つ受ける科目を選ばなきゃならないんだけど、僕は迷わず「マンガクラブ」を選択して、ひたすら悟空を描いていた直撃世代だから…

とても興味がある!

賞品は…7駅でオリジナルカードダス。30駅で四星球デザインのピンバッジ。全駅制覇で残りのドラゴンボールデザインのピンバッジか~!
しかもWチャンスで…

ドラゴンボール超のアフレコ現場を見学できる!

凄い!

行きたい!!!!!!!!!!

…いや、「アフレコは仕事で行けよ!」という皆さんの声はごもっともです…いつか呼んでもらえるように頑張ります…

各駅に配されたキャラクターを見ると、「ははぁ~ん!」という配置がいくつかあるな~!

我孫子が悟飯なのは、「我、孫の子」だからかな!?
蒲田が餃子なのは、「羽根つき餃子発祥の地」が蒲田だからか!?
高田馬場が占い婆なのはダジャレか!?
御徒町にチチが配されたのは、駅名に「チ」が2つ入っているから!?
ザーボンが神田なのは、古本の「ほん」にかけたのか!?
代々木がゴテンクスなのは、かなり無理矢理だけど山手線と総武線が分かれる駅だから!?
金町がゴールデンフリーザなのは、駅名の漢字からだな!

と、納得できる配置がある中…「ん?何で?」というのもあって。

亀仙人が亀有じゃなくて隣の北千住?
王子はべジータかと思ったらべジータは荻窪で、王子はカリン様?
天王洲アイルは名前の感じから天津飯かと思ったらクリリンで…天津飯は恵比寿?
あと何より、何で新宿がヤジロべー!!?
1日の乗降客が世界一の新宿なんだから…フリーザとか主要キャラでも…

やってみたい。やってみたいとは思うんだけど…こういったスタンプラリーって列に並んでいるのは…

殆どが子供なのよねぇ…
 
子供の中に”ぽつねん”とオッサンがいる感じが…僕の貧弱すぎるハートでは、何とも耐えられなくて…
専門学校の友達に、周りが子供だらけだろうと気にせず列に並んでスタンプを押せる猛者がいるけど…その人も何年か前に結婚して、今じゃ子供をダシにスタンプラリーに参加出来るからな~…!羨ましいな~!
スタンプの列に並んでいて、明らかに僕より年下の保護者がいたら…「自分が超サイヤ人ではない事に気付かされた、フリーザ戦の時のべジータ」くらいにガックリ来ちゃいそうだな~!

…参加するかどうか、ちょっと考えよう。参加するとしたら時間はある。時間だけはいくらでもあるんだ。

水中から顔を出した瞬間のカバ。
PR
「沈黙」を観た帰り。
この作品、上映時間が3時間近くあるので、15時台に始まる回を観ると…終わるのが18時を過ぎてしまうので、必然的に帰りは完全に日が暮れて真っ暗。
入間市駅から下り電車に乗って、18時半過ぎに飯能に到着。ここから家に向かって歩き始めた。

僕の家は駅から20分程行った所の、市街地から外れた住宅地にあるので、駅から離れるに従って徐々に道幅は狭くなり…街灯も少なくなって行く…

時速5km超というスピードで、駅からズンズンと10分くらい歩いた辺り、街灯が数十m置きにポツンポツンとあるだけで、車1台通るのがやっとの狭~い一方通行の道までやって来た僕。
そんなシチュエーションの中で…さー!来ましたよ!

前方に女性が1人で歩いているという状況が!

もうデジャブ!完全にデジャブだわ~~~!!!!!!!
前にここに書いたと思うけど、前を歩いていた若い女性が僕を「変質者」と思い込んで、思いっきりダッシュして逃げて行ったのが正にこの道!
その時に、かなりの精神的ショックを受けた僕は…

もうあんな思いは二度としたくないんですッ!

今月上旬の愛媛旅行の際、伊代富田駅前で女性に道を尋ねたら、思いっきり無視された時の心の生傷だってまだまだ癒えていないっていうのに、これ以上、心に傷を負ったら!

オーラバトラー無しでハイパー化しちゃう!

…なので、そこの近くにある脇道に入りまして…さっきの女性が入って行ったその狭い道を、そのまま真っ直ぐ100mほど突き抜ければ家まではあともう一息な所を…

1.5倍くらい遠回りして帰宅しましたよ!

あー!疲れた!
体は疲れたけれど心は傷つかなかった!傷つかなかった…はず…なのに…

とっても虚しいのは何でだろう…?

今度からこういうシチュエーションに遭遇したら、ハイテンションな感じのアニソンでも歌いながら歩くかな!!?
はい、余計にお巡りさんを呼ばれちゃいますね!

キリンはやっぱりカッコいい。

「沈黙~サイレンス~」を観て来た。
感想は…

…凄い。

とにかく「…凄い」としか言葉が出ない作品だった。

学校の歴史の授業では「江戸時代、キリスト教が禁止され、切支丹への弾圧が行われました」とか、「島原の乱」という言葉を覚える「テストのための勉強」でサラっと触れただけだったけど…10年位前に原作を読んで、「弾圧」とは一体どういう事なのか、何が行われたのかを知って愕然として…
その時は、そのあまりの苛烈さにかなりのショックを受けたけど…映像化されて観てみると、更にズシっと心に響いたなぁ…

時の為政者の政策で弾圧される人々が生まれ…取り締まる役を為政者から仰せつかった人達が、「自分はさも正しい事をしている」という顔で、人を人とも思わない酷い言動が取れてしまい、かつそれがどんどんエスカレートして行くという…こういった人間の心理を扱った「es」という作品の吹き替えに参加させてもらった時も思ったけど…「沈黙」の時代から500年近く経った未だに、世界中で「切支丹弾圧」と同じような事が行われているのを見ると…「人間、何も変わっていないんだなぁ…」と感じずにいられないなぁ…
「今のこの時代に、スコセッシ監督はこういう事が言いたかったのかな~?」と思ったりしたけれど、間違っていたらすみません。

そして、日本俳優陣の演技が皆さん素晴らしかった!
中でも凄かったのは イッセー尾形さん!
弾圧を取り締まる長崎奉行の井上を演じていらっしゃるんだけれど、いつもニコニコしているけど、その物腰の柔らかさがむしろ不気味で、相手を脅す際に怖ろしい本性が「スッ」っと顔を出す時の芝居がもーう!怖いのなんの!!!!!!!!!
物凄く勉強になりました!
キチジロー役の窪塚洋介さんも素晴らしかったな~!

「沈黙~サイレンス~」は、今の時代に観るべき作品だと思います!


キリン舎にお住まいのオリックス。お尻の模様がお洒落で可愛い。
「う~~~ん…何ヶ月も前から次にやる課題の内容を予告しておいたのに…まるでここ2~3日だけ読んで来たレベルの出来って…彼らは本当にやる気がるんだろうか…?そして、どう言ったら上手く伝わるんだろう…」と、講師をしている養成所の生徒達や自分の不甲斐なさを、最近愚痴る事が多くなったのに気付く…
クサクサしていても仕方が無いので、ちょっと気分を変えて隣の日高市をブラブラする事にした。

高麗川駅を出て、最近「彼岸花の群生」で全国的に有名になって来た巾着田の方へ歩いて行く。
「気温も寒いし、懐も寒いし、ラジオに送る僕のネタも寒いし…どうしたもんかなぁ…」と思いながら、ある路地に入って行ったら…

 いたッ!

民家の軒下で昼寝中の茶トラがいた!
その寝姿を「うひひ!」と笑いながら見ていたら…何かが足元にぶつかって来るのを感じたので目をやると…

ひぃぃぃ!

モフモフのメス猫が「そいつばっかり見ていないで、私とも遊べよぉぉぉ」って顔をして、僕の足に体をすりすりしながら、軽く上目遣いにこっちを見ていた!

モフ猫、「ほら、早く撫でろ」と言わんばかりに、僕の足元でジッとしていたので、「おうおう!上等じゃねぇかぁぁぁ!じゃあ、そっちが引くぐらいに撫で回してやるよぉぉぉ!ぐひひ!」と、その場にしゃがんで全身を撫で回し始めた僕。

頭から背中に喉と撫でていたら、だいぶお気に召して頂けたようで、猫はゴロンと横になり「おい、腹も撫でろ」と催促して来た!
「へいへい!お安い御用で!」と、仰るままにお腹を撫でさせて頂いていたら…

「猫、お好きなんですか?」

という女性の声が…
声のした方へ目をやると、いつの間にやって来たのか僕のすぐそばに、50代半ばくらいのジャージ姿の女性が立っていた。

近所に住んでいるのか、どうやらウォーキング中らしい女性。
僕はその女性に対して、撫で始めてからずーっと続いている満面のニヤニヤ顔で「はい」と、軽く上ずった声で答えたら…その女性…

軽く引いてた。

うーん、あれかな~!?
その時の僕の笑顔が 屍人 みたいになってたのかな~!!!?
羽生蛇村に迷い込んで「あ!人がいた!」と思って話しかけたら、それが屍人だったみたいな感じになっちゃったのかな!!!!!?
ひょっとしたらその時、僕の目、鼻、口から赤い水がドバドバ垂れ流しになっていたかもだけど!

その女性、「うちにもアメショがいるんですよ…」と返してきたけれど、それに僕が「そうですか」と、相変わらずの「うひひ顔」で答えたら、女性はその場をそっと立ち去って行った。
それからしばらく、更にモフ猫を撫で回していたら…「もういいわ!」って感じで猫も立ち去って行っちゃったけど、それから家に帰るまでの間、ずーっとニマニマが止まらなかった!
良い気分転換にはなったけれど、猫を見ると屍人化しちゃうのを何とかしないとモテない気がするぞ!

いい具合で目線をくれたライオン。
祖母と父が相次いで他界した数年前。
二人の葬儀の時に出たお清めの寿司や煮物が、大量に残るのが勿体無いと…参列していた母方の伯母(かなり気が強い人)に「食べなさい!」と言われて、ガツガツ行ったのがキッカケで大食いスイッチが入り…みるみる太っていった僕…

それが、昨年の3月に受けた健康診断の血液検査の結果が凄く悪くて、お医者さんから…

「痩せなさい!」

と、「大人もこんな勢いで怒られる事があるんだ…」ってくらいに叱られたのを受けて一大決心し、9キロのダイエットに成功したんだけれど、痩せる大きな力になってくれたのが何と言っても蒟蒻でして。

ダイエットを始める前、毎晩ラジオを聴きながら飲む酒はビールや甘い味のついた物だったのを焼酎に、つまみはスルメやチーズを空腹が満たされるくらいに食べていたのを、板蒟蒻1枚に替えたところどんどん痩せ始めた。

先日、散歩の途中に一週間分の板蒟蒻を買いに地元のスーパーへ寄った。
他のお店が250gで70~100円なのに対し、ここは 300gで46円 というとっても嬉しい値段設定!
この1年ほど毎週毎週、ここに一週間分の蒟蒻を買いに来ているので、きっと店員さんの間では…

「蒟蒻おじさん」

と呼ばれているんだろうなと思いつつ、この日も7枚の板蒟蒻を購入。
店を出て、広い駐車場の空きスペースを縫うように歩いて大通りを目指した。
左右に車が停まっている1台分の空きスペースの所に差し掛かったら…黒い軽自動車が右前方からサッとやって来て僕の左斜め前で止まり…何の躊躇も無く結構なスピードで…

こっちに向かってバックをし始めた…!

僕が「危ねぇ!」と、慌てて横に避けようとした所で運転手もようやく僕の存在に気付いたのか、「キッ!」と急ブレーキをかけて止まった…

「あ~、危なかった…」と思いながら運転席を見ると、そこには30代前半くらいの女性が座っていたんだけど…

鬼のような形相で僕を睨んでいて…



えぇ~…?

この場合、僕は睨まれる筋合いは無いと思うんだけど…
そりゃ、駐車場の空きスペースという、ちょっと見通しの悪い場所を縫うようにして歩いていたのは悪かったかもだけど…普通、バックを始める前に…

後方を確認するでしょう?

この一連の動きを見た限り、後方確認をする前にバックを始めてるよね!!?

しかもアクセルを踏んで!

…もしあのままぶつかっていたら…さすがに板蒟蒻7枚じゃケガは防げなかっただろうな~~~!

その後、何とも腑に落ちないモヤモヤした気分でいたけれど、夜中に「JUNK」を聴きながら酒を飲み、蒟蒻を酢味噌で食べていたらすっかり気持ちが晴れましたよ!
ここ最近、酢味噌の美味さを再認識した!

食事中のラマ。
通常回復帰第一弾で似顔絵更新~。

今回のモデルは、過去に2回すでに描いているんだけれど…年末に彼女主演の凄い映画を観てしまったので、再び描かずにはいられなかった!

元の写真が真四角だったので、縦向きに描こうか横向きに描こうかで悩んだ末に横向きを選んだんだけど…右側が大きく空いちゃうなぁ…
写真を観た瞬間、彼女の強さを感じて「これだ!」って思ったんだけど。

輪郭を少~し修正。
それにしても、年末に観た作品の主人公のほんわかした感じは、彼女にしか出せないと改めて感じる!

完成!

今回は1ヵ月かからなかった!

さて誰でしょうか!?

前回の答えは新垣結衣さんでした~!


木の枝を齧るのに夢中なカピバラ。とべ動物園で撮影。
旅行最終日。10時20分のしまなみライナーに乗る為に9時に起床して、9時半にホテルをチェックアウト。
今治駅前のコンビニで野菜ジュースを。駅の建物内にある「シエラン」というパン屋さんでミックスサンドを購入し、駅改札前のベンチに座って朝食を摂る。

10時20分にやって来た福山行きのバスに乗って今治を出発。
進行方向左側の列の窓際の席に座ったんだけど…うーん、景色は右側の列の方が海が開けて見えて良かったなぁ…
僕がチラチラと右側の景色を見ていたら…僕の反対側の列に座っていた若いサラリーマン風の男性が、眩しかったのかカーテンを閉めまして…心の中で「チッ!」と舌打ちしました。

このバスだと福山に行ってしまうので、尾道に行くには因島大橋で降りて尾道行きに乗り換えないといけない。
40分ほどバスを待つ間、サービスエリアでトイレを済ませたりガムを買ったりしたんだけど…ふとダウンコートのポケットに手を入れると…手袋が片方無い…
うーん…どこかで落としたのかなぁ~?去年の手ぬぐいといい、僕は旅先で何かを失くすなぁ…

11時40分に来たバスに乗って、12時半頃尾道へ到着。
10年ぶりの尾道だけど…風光明媚な景色は変わっていないなぁ~!
以前来た時は観光案内所で地図を貰って、それを見ながら街を回ったけど、今回はもういきなり千光寺を目指す事にした。

新幹線の時間まで約4時間。
土堂小学校前の細い坂道(というかほぼ崖)を延々と登って行ったんだけど…あれ?こんな感じの道だったっけかな?
前の時はもっと開けた道を歩いて山を登ったように記憶しているんだけど…こんなに民家が密集している道だったかなぁ…?
それでもしばらく歩いていたら、かつて博物館として使われていたらしい「尾道城」の所に出たので、やっぱり10年前の時と同じ道をやって来たようで…

山頂に着いたら…茶色い犬が一匹、ウロウロしているのが見えた。
「迷い犬かな?」と思ったら首輪をしていない…その犬はしばらくして藪の中へと消えて行ったんだけど…そこからしばらく行った所にあった看板を見てビックリ。

「野犬に注意」

野犬!!!!? さっきの野犬だったの!!!?
…ひょっとして捨てられた犬が増えて野生化しているんだろうか…でも、以前はこんな看板は無かったような…

そこから更に数分歩いて千光寺に到着…したんだけど!

ここまで猫に遭遇していない!

おかしいぞ!? 前は土堂小学校前から千光寺までの間に数匹の猫に遭遇したのに、今回は全くいない!
千光寺の本堂をお参りして厄除けのお守りを受け、本格的に街ブラを始めたら…お寺の下の広場に数匹の猫がいるのを発見!
僕がバシャバシャ写真を撮っていたら、他の猫目的の観光客もわらわら集まって来て、あちこちで撮影会が始まった!

中でも一匹。

こんなモフモフな猫が!

隣に座ったら…頭を僕の体にスリスリして来やがったぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!
それに応えようと僕が頭や喉を撫でたら…

僕の腿に乗って来たッ!

うひょぉぉぉうぃぃぃぃ!!!!!

堪らねぇぜぇぇぇぇ!
モフモフ猫、しばらく僕の腿に乗った後、「にゃ」と鳴いて他の観光客の方へ行った。
興奮のあまり鼻から脳ミソを垂らしながら、昼食を摂ろうと一旦山を降りて街の方へ向かった。

商店街をぶらぶらしていたら、お洒落な感じのイタリアンレストランを発見。
入ってはみたものの、店内の感じから「お高いかな~?」と思っていたら、メニューを見て驚いた。

カキフライセットが1180円!

しかもスープ、サラダ、ライス、コーヒーまで付いて!
安いし美味いしで大満足して、再び山の探索へ向かった。

今度はうしとら神社の横から始まる「猫の細道」を登り、駅方向を目指して山道を進んで行ったんだけど…うーん、やっぱり10年前より猫の数が減っている気がするなぁ…
10年前はどの路地に入っても必ず一匹は猫がいたけど…今回はいる所といない所がハッキリ分かれている感じがするなぁ…
地域猫だから、寿命が来たら段々と数が減って行くのは仕方が無いけど…
そして、千光寺の参道の階段で昼寝していた名物犬のドビンちゃんも、数年前に他界したのかぁ…
あと、10年前に尾道を歩いた時は、一日中急峻な山道を歩いても平気だったのに、今回は物凄く腰が痛くなった…確実にオッサンになった事を痛感した…

16時15分発の電車に乗って福山へ行き、途中で食べようと「かきめし弁当」を購入。
16時58分発の新幹線で帰って来た。

今回の旅行はとにかく想定外の出来事が起きまくって大変だったけど、それはそれで面白かった!
ただ、僕の旅行の目的である「猫まみれ」って点では…正直、消化不良だったかな~~~!!!!?
来年の正月にまた猫島へ行けるように、今年も仕事を頑張ろうと思った。
(色々と写真を撮ったので、今後少しずつ載せます)

10日の夕方、今治に到着。

2日目の宿泊地をここにしたのは、翌日「しまなみ海道」を渡って尾道に行く為と…以前から行ってみたいと思っていたお好み焼き屋さんを訪れる為!

そのお店は… 「天照」!

お店の最寄り駅である伊予富田駅へ行こうと、18時10分過ぎに今治駅のホームに立ち、次の電車の時間を調べたら…18時47分!!!!!?

まだ30分以上あるのか!!?

「え~!随分待たなきゃならないんだな~~~!!!!!!」と、心の中でブーたれたけど…
ふと周りを見ると下校する高校生たちが「これが当たり前」って感じで静かに電車を待っている姿を見て、都会の便利さに慣れてしまっている自分を軽く反省した。

そしてやって来た電車に乗り伊予富田へ。
電車内で、今回の旅行では獅子奮迅の活躍を見せているタブレットを出し、駅からお店までの地図を表示。

駅の前を走っている道(県道なのか市道なのかは忘れたけれど「156号線」)を今治方向へ真っ直ぐ歩いて行き、ファミマのある十字路を右に入った所にお店がある事をチェックしていたら伊予富田に到着。

懐かしい平屋の駅舎を出てまず驚いたのは…

真っ暗!

駅周辺に街灯が一本もなくて真っ暗!!!!!!!

暗~い駅前から数十mほど先に、薄っすらとオレンジ色の光に照らされた道路が見えたので行ってみたら…うーん、地図で見てもこれが「156号線」だよなぁ…

でも一応確認の為に、駅方向からやって来た、僕と一緒の電車に乗っていたらしい20代半ばくらいの女性に「すみません、この道は156号線ですか?」と訊いて見たんだけど…

完全に無視されるという…

僕、思わず「えぇぇぇぇ…」って声に出しちゃいましたよ…

…まあ、こんな「上は緑のダウンコート、下は青いジーパン」という、量産型ザクとグフを合わせたようなカラーリングの怪しいオッサンが話しかけて来たら、無視をするのが身を守る上では正解だけど…

ただこの出来事が、今回の旅行で一番、心が「スン…」ってなった瞬間だった…

タブレットの地図を見てもこの道で合っているようなので、今治方向へ向かって歩き始めたんだけど…

まー!とにかく真っ暗!

途中に点在しているレストランやコンビニ、十字路の周辺は灯りがあるんだけど、それ以外は街灯が一本も無くて道が暗いの何の!

「…これじゃさっきの女性が警戒するのも無理ないわ…」と思ったな~!

余所者の僕が言うのも何だけど…交通安全だけじゃなく防犯の為にも、あの道は街灯を設置しないとまずいんじゃないだろうか…?

真っ暗な道を歩く事20分ちょっと。ようやく目印のファミマに到着!
十字路を右折しもうしばらく真っ直ぐ行った先に…

あった!

…このお店のロゴを見てピンと来た方とは…良い酒が飲めそう!
僕がここで何度も触れた傑作ゲーム「大神」のロゴと同じなんです!

店長さんが「大神」ファンらしいという事はネットで読んで知っていたので、是非お話をしてみたいと、はるばる埼玉からやって来た!

店内に入ると…お客さんで一杯!
「地元の方々に愛されているお店なんだな~!」という事を感じたわ~!

カウンター席に座り、「初めてなのでオススメは?」と店長さんに伺うと、一番人気の「アマテラス焼き」を勧められたのでそれを注文。

出来るまでの間、店長さんに話しかけるタイミングを計っていたんだけど、店長さんは注文のお好み焼きを次々に、見事な「筆しらべ」で作っていてとても忙しそうだったので、しばらく待つ事に。

お店に入ってから20分程。
アマテラス焼きを食べながら焼酎をロックでチビチビやっていたら、ようやく店長さんの仕事が一段落したようなので、「…ひょっとして店長、僕と同じゲームが好きじゃありません?」と話しかけてみたら、店長、それで全てを察したように…

「はい!」

と一言!
店長さんは僕より年が1つ上の学年は2つ上。なので同世代トークで盛り上がりました!

メガドライブの購入を決めた理由が「大魔界村」だったり、それまでゲームのBGMといえば「ピコピコ」だったのに、PCエンジンのCDロムで「天外魔境」を立ち上げた時のCD音源にビックリした事!
「リブルラブル」は面白かったって話や、ゲーセンで初めてダライアスの3面筐体を見た時の、その筐体の大きさと、店内がダライアスの曲しか聴こえなくなるくらいの大音量&重低音に驚いた話。更にはラジアメやナムコの情報誌「NG」の話で、焼酎が進む進む!

店長さんに「大神」を知った経緯を伺ったら、ゲームから完全に離れていた10年前に飼っていた白犬が亡くなり、「自分の店を出そうかな?」と思っていらしたその時にゲーム売り場を歩いていたら、飼い犬に似た白い犬がパッケージに描かれているソフトを見つけたので、何となくやってみたのが「大神」だったそうで!

僕は思わず「それはもう運命ですね!」と言ってしまったわ!

「大神の何が好きですか?」と訊ねたら、「すみませんが全部です」という答えが!

僕もです!

結局、1時間ちょっとくらいお話をした。
店内を見渡したら、「大神」好きなら「わ!」って思う装飾が施されていてニヤニヤしっ放しだったわ~!特に「コタネチク」には笑ったわ!
料理はとても美味しいしリーズナブルなお値段だし、皆さんも愛媛旅行の際は是非!
僕もまた行きます!

その後、今治まで歩いて帰ったんだけど…店長さんから教えてもらった「この病院の所をコッチに行ってください」ってポイントをその通りに進んだまでは覚えているんだけど…ホテルに着いて部屋でシャワーを浴びるまでの記憶が…

完全に飛んでます。

…ま、別にケガもしていなかったし、財布もケータイも落としていないので何事も無かったんだろうし、時計を見たらどうやら20分~30分くらいで帰れたようなので良しとしよう!そして、行きも歩きにすれば、「スン…」ってなる事は無かったのかなッ!!!!?

そして次の日は尾道へ…

旅レポートは続く

愛媛の青島に行くのを断念し、急遽予定を変更してやって来た睦月島。
島を紹介しているサイトによると…相当な数の猫がいるような事が書いてあったけど…

いないぞ!!?

これまで行った事のある「猫島」、宮城県の田代島や福岡県の相島は…船着場の周辺に10匹くらいの猫がいて、観光客をウェルカム状態で迎えてくれたけど…睦月島は船着場に1匹も猫がいない!

「あれ~?おかしいな~…」と思いながら、とりあえず島内を歩いてみる事にした。

港から数10m歩いた所に…

いた!

資材置き場らしき場所に茶トラを中心に9匹の猫が日向ぼっこをしていて、僕が近寄ると「にゃー!にゃー!」と鳴きながら一斉に近寄って来た!!!!!!!!!!
この中の1匹の茶トラ。
僕が他の子を撫でていると僕の手にパンチを入れたり、指に噛み付いてこようとしたりととにかく可愛かった!

「よし!きっとここから猫まみれになれるに違いない!」と、期待に胸を膨らませて島内の散策を始める。

…で、民家が密集している集落を、数十分かけて端から端まで歩いてみたんだけど…

猫がいないッ!!!!!!!!

さっき見かけた9匹(後にもう1匹増えて10匹になった)の他には、住宅地と海岸で、物凄く人間を警戒している三毛とアメショを目撃しただけで、それ以外に猫の姿が全く見えない!
「あれれ~?この状態で4時間過ごすのはちょっとあれだぞ…」と思いながら散策を続ける…

「ひょっとして…山の方にいるのかな?」と思って、島の散策コースを山の方へと歩いて行ったら、途中、スクーターの準備をしている60代前半くらいのおばさんに会ったので、「すみません。この島、猫がたくさんいると聞いて埼玉から来たんですが…」と訊ねてみたんだけど…

「え、猫!!? この島には15匹くらいしかおらんよ~?」

という答えが…

…えぇぇぇぇ!!!!!?

話が違~~~う!
そこで「山には猫はいませんか?」と訊いてみたら、「何匹かいるみたいやけど、野生化しよってて滅多に人の前に姿は見せんよ~」との事…(愛媛の言葉は僕のうろ覚え)

「あ~…猫いないのか…」と落胆する僕に、「兄ちゃん、ミカン食べる?」とおばさんが。
おばさんの家の納屋に入れてもらうと、「皮に黒い線が入ったり、サイズが大きすぎて弾かれたけど、味は売り物と同じやけん、好きなだけ持って行って!」と…

このサイズの伊予柑を7つ貰いました。

デカい!とにかくデカい!リアル・ドラゴンボールサイズ!
ちょうど7つあるから試しに神龍を呼び出して、ギャルのパンティーをお願いしようかと思うくらいにデカい!
別れ際「今度、島に来る時は大きな袋を持って来な!いくらでもやるけん!」と言われたので、「ありがとうございます。そうします。」と返してその場を去った。
その後、背負っていたバッグには伊予柑が5つしか入らなかったので、海岸に出て対岸に見える四国の山々と瀬戸内海を眺めながら2個食べた。

で、この時に気付いたんだけど。
これまで行った猫島は、みんな漁業で生計を立てている漁師さんの島だったけど、この睦月島は伊予柑の栽培で生計を立てている農業の島なのね!
漁業の島では猫は「大漁の神様」だから自然と数が増えるけれど、農業の島だとそこまででもないって事なのかな~!?(集落を歩いていたら2本も川が流れていたので、水資源が豊かな島なんだなと思った。そして毎回『ブラタモリ』を観ていたお陰で、こういう地学的な見方が出来るようになって良かった)

…結局、4時間の滞在中に全部で12匹しか確認する事が出来ず、行く場所も無いのでさっきの茶トラ軍団にひたすら遊んでもらい、14時40分のフェリーに乗って高浜へ戻ったんだけど…ま!

こういうのも、一人旅の面白さよね!

計画通りに行かなかった事をこうしてネタに出来るし、何だかんだで島のぶらぶら歩きは面白かったし。伊予柑は美味いし。

その後、松山駅のコインロッカーに預けた荷物を回収し、当初の予定より2時間早い特急に乗って今治へ移動を開始したら…同じ車両に関西のおばちゃん軍団が乗って来て、松山から今治までの間、ずーーーっと大きな声でお喋りをされて軽く辟易した…

そして、予約した今治のホテルにチェックインして一休みした後に日が暮れてから…この日、もう1つの目的地へ向かう事にした!

次回に続く!

10日火曜日、朝5時に起床。
この日は松山駅を6時4分に出る電車に乗って伊予長浜駅へ行き、そこから8時に出る船に乗って猫島「青島」へ向かうという、今回の旅のメインディッシュ!

出掛ける準備を済まして5時40分頃にホテルをチェックアウト。
松山駅脇にあるコインロッカーに着替え等を入れたバッグを預け、760円の切符を購入して2両編成の宇和島行きに乗車し、定刻通りに松山駅を発車!

関東より西だからか、6時を過ぎてもまだ真っ暗な中を進んで行く電車。
反対側の松山行きには、こんな真っ暗な時間でも制服姿の学生を中心に乗車客が結構いた。
「この電車に1時間ちょっと揺られて行けば…夢の猫島で8時間、猫まみれが待っている!…ただ天気が心配だなぁ…」と思っていたら、段々と夜が明けてきた。
天気は曇り。
「これなら何とか島へ行けるかな?」と祈るような気持ちでいたら、7時17分に伊予長浜駅に到着。

駅から徒歩2分くらいの所にある船乗り場へ行くと…お!どうやら僕が一番乗りのようだぞ!
ワクワクしながら船に乗ろうとしたら…

「今日は午後から海が時化そうだから、朝の往復便しか出さないよ」

と船長さんに言われた…

えぇぇ!!!!?

「…例えばこの船で島へ行ったとして、どのくらい居られるんですか?」と訊くと…

「10分」という答えが…

…えぇぇぇぇぇ!!!!!!!?

恐れていた事態がッ!一番恐れていた事態が起こったぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!
「欠航する事が多い」って情報は得ていたけど、まさかここまでとはぁぁぁぁ!!!!!!!!!
「…でも、この為に埼玉から来たので…10分でも行きます」と言って乗船料を払うと、「まあ、10分あれば写真は撮れるよ」と船長さんから言われたけど…いや、別に写真を撮りたいだけじゃないんだよぉぉぉ…

船が出るのを待つ間「でも10分じゃなぁ…他にも猫のいる島はあったりしないかな?」と思った僕。
タブレットを出して「愛媛 猫の多い所」で検索したら…ん!!?

「睦月島」!!!!?

睦月(むづき)島という島にも猫がいるというサイトを見つけたぞ!!!!!!
そこですぐ「伊予長浜から睦月島」を調べてみたら…

この船に乗らずに8時40分の松山行きの電車に乗り、松山駅から路面電車に乗って大手町駅前で降り、大手町駅から伊予鉄に乗り換えると、フェリーの出る高浜駅に10時21分に着く事が解った。
続けてフェリーの出港時間を調べたら…

10時25分に出る便があるッ!

高浜駅から港までは徒歩1分…

間に合う!!!!!!!

しかもこの便を逃すと、次は夕方まで睦月島に着く船は無いッ!

…こっちに賭けるか!!!!!?

青島に10分だけ行って数枚の写真を撮って帰って来ても、その後途方に暮れるしかないし…だったら、猫がいるらしい島に行って、より長い時間猫と遊べる方がいいんじゃないか!!!!!?

船長さんに「今日は愛媛の海は全体的に荒れそうですか?例えば睦月島の方は…?」と訊いてみると、「向こうはこっち(南予)と違って海の質が違って静かだし、船もフェリーだから滅多に欠航しない」との事。
それを聞いた僕は、予定を変更して睦月島へ行く決心をした!

船長さんに下船する旨を告げて船を降り伊予長浜駅へ戻る。
ここで1時間近く電車を待っている間に、朝食用に買って来たおにぎりを食べる。
そしてようやくやって来た1両だけの松山行きに乗って、ついさっきやって来た道を引き返し始めた!

「ナビの時間は正確だろうけど…途中、何かハプニングがあって電車が遅れたらアウトだな…これはフェリーに乗るまで油断出来ないぞ…!」と思いながら、松山に戻る間ずーっと「路面電車の大手町駅前と伊予鉄・大手町駅の位置関係」や、「高浜駅とフェリー乗り場のルート」を調べていたら…3時間ちょっと前に出た松山駅に戻って来た!

…その後の乗り換えもナビ通りに上手く行き…

無事、フェリーに乗船出来た~!

屋外のデッキで冷たい潮風に当たりながら、「…まあ、あのまま青島へ10分だけ行っても、虚しさを感じただけだろうし…睦月島を14時40分に出る船に乗って松山へ戻れば、最初の予定より2時間も早く今日の宿泊地・今治に行けるから…うん!結果、こっちで正解だったな!」と思った僕。
そして30分ほどで…

睦月島に到着~!

早速、島に上陸したら…あれ!?

…猫が…いない!!!!!?

…次回に続く!

9日。
朝5時に起きて6時半の池袋行きに乗り、それから約2時間かけて成田空港に到着。
それから1時間40分くらい待って…10時40分に離陸!

人生2度目の飛行機!
…前回は外を見るのが怖くて廊下側の席を取ったけど…去年の夏ごろの仕事の際、女性の先輩から「ダセェ!」とバカにされたのが悔しかったので…今回は窓側の席を取った!翼の横の席を!

離陸してから10分ほど経った頃、眼下に白くて丸い形をした物や、遠くに白い物が林立するようにあるのが見えたので、「あの丸いのは…野球場か?そして遠くの密集した白い物はどこかの都市のビル群か?」と思ったけど…丸い物は雪を頂いた山で…密集している白い物は山脈である事に気付き、眼下の景色の規模のデカさにクラクラ来てしまった…

12時20分過ぎに松山空港に到着。
ここから松山観光の中心になる松山駅まではバスで向かう事になるので、空港を出た所にある自動券売機の列に並ぶ。

やっと僕の番になり千円札を券売機に入れたら…「偽札入れんじゃねーよ」って感じで返って来た…
「あれ?」と思いながらその札を裏返し、改めて入れてみたら…また返って来た…
別のお札に代えて券売機に入れてみたら…またまた返って来た…と、「入れては返って来て裏返し、改めて入れては返って来て他のお札に代え」というくだりを、3枚のお札で計6回繰り返し…7回目でようやく購入する事が出来た…
僕の後ろに並んでいた人たちに「すみません」と頭を下げたんだけど…
今思えばこの時の「ムムム感」が…

今回の旅行の全てを支配する事になるとは…!

その後やって来たバスに乗る事10数分。
松山駅に到着。
1日目の予定は「ここから砥部にバスで移動して、とべ動物園を見物した後に再び松山へ戻り、坂の上の雲ミュージアムを観た後に道後温泉で一風呂」というもの。

松山駅で動物園方面行きのバス停を探したけど…

あれ?無いぞ?

そこで駅前の交番へ行き、お巡りさんに「とべ動物園に行くバスは…?」と訊いてみたら…

「それ、松山市駅じゃないかな?」

という答えが…
…え?

松山市駅!!!!?

ここで初めて、松山にはJR松山駅と伊予鉄松山市駅がある事を知った僕!
お巡りさんに松山市駅への行き方を訊ねたら、すぐ目の前から出ている路面電車に乗るのが一番わかりやすいとの事。
その駅へダッシュし、やって来た電車に乗る。

電車に乗ってすぐにガイドブックを広げてみたら…あ!確かに…とべ動物園のアクセス方法に「松山市駅前から」って書いてあった!

またやっちゃった~!

前回の福岡旅行の時、久留米にはJR久留米と西鉄久留米の駅がある事をしらないまま、西鉄久留米駅前のホテルを予約し、アホ面ぶら下げてJR久留米駅に行っちゃったのと同じ、「よく調べもしないで行動しちゃう」病が!
しかも空港からのバスは、松山市駅まで行っていたのに!!!!!!!

ガイドブックを見ると、路面電車の「南堀端」という駅の所から右折した方向に松山市駅がある事を確認。
そのまま電車に揺られていたら…あれれ!!!?

電車が右折しないで直進しちゃったぞ!?

「乗り間違えたのか!!?」と思って次の「市役所前」駅で電車を降りる事にしたんだけど(後に解った事だけど…松山駅からの路面電車は、松山市駅には行かない道後温泉行きしか出ていなかった…)…料金を支払おうと料金箱の所にあるICカードリーダーに財布を近づけたけど…

Suicaが使えないなんてッ!

慌てて160円を出して電車を飛び降り、地図とにらめっこしながら松山市駅まで徒歩で目指す。
重い荷物を持ちながら慣れない街を歩くという肉体的・精神的疲労を覚えながら、ようやく目的のバス停に到着…
バスの時刻表を見ると…うわ~…ちゃんと調べておいて、空港からまっすぐ松山市駅に行っていれば、動物園に行ってから1時間近く多く行動出来たのに…
そのバス停で10数分待ち、14時過ぎにようやく動物園に向かって移動開始。

バスに乗っていて気付いたのは…「何だか松山のバスって、物凄くゆっくり走るな。っていうか、他の車も全体的にゆっくり走ってるぞ!?」という事。
何だろう!? 路面電車のスピードに慣れているからなのか、どの車もみんなゆ~っくり走っている!
「へ~!面白いな~!」と思っていたら、50分ほどして動物園に到着。

そしてとべ動物園…!

来て正解だった!!!

ワニ、カバ、キリン、ライオン、ゾウなどなど、展示されている動物がすぐ目の前までやって来る!!!!!!!
「460円でこんなに面白いの!!!?」と、面白い展示方法に感心しながら、観覧番号順にゆっくり見物していたら…

あっと言う間に閉園30分前になり…

「え!?まだ目玉の白くま・ピースを観ていないのに!!!!?」と、慌てて出入り口近くのピースの所まで移動したんだけど…

白くま舎に入るピースのお尻しか見られなかった…

「は~い!今日の営業はこれでお終いで~す!また来てね~!」って感じで厩舎に入って行くピースを見送った後、バスで再び松山へ戻る。

すっかり薄暗くなった17時半過ぎに「坂の上の雲ミュージアム」を見物。
その後、道後温泉に行って湯船に入った途端、1日の疲れで「あぁぁぁぁ!!!!!!!」と声が出てしまった…!
道後温泉を出て路面電車に乗ったら…ラブラブな地元カップルにあてられるという…

それからホテルに移動した後に居酒屋へ行って「南予風鯛めし」を食べた。

滅茶苦茶美味かった!

…こんな感じで1日目は終わったんだけど…

翌日は予想外の連続だった…!

次回につづく!
11月下旬に飛行機と宿泊先の予約をしたけれど、「まだ先の話だよな~」と思っていた愛媛旅行だけど…そう思っていたら…

いよいよ明日になっちゃった!

これを書いているのは8日の22時過ぎだけど、明日は5時半起きなので…

もう寝ます!

今回の旅行は時間的に結構キツキツな感じで、1つでも行動に失敗すると後が全部おじゃんになるから気が抜けない!
そして一番気をつけなきゃいけないのが2日目の朝!

5時半に起きて、6時には松山駅にいなければならない!

それと、人生2回目の飛行機!
飛行機、苦手なのよね~!「福岡よりは時間がかからないだろうな~」と思っていたら、福岡と同じくらいかかるのね~!!!!!
松山に到着するまでの2時間、また座席でブルブル震えてます!

あと、もう1つ問題なのが…

愛媛はJUNKをネットしていない事!

僕が聴いている深夜ラジオ「JUNK」をネットしていないんだよな~!
…調べてみたらネットしている福岡のラジオが場所によっては入るらしいので、それにかけるかぁぁぁ!!!!
受信出来れば、猫島探索の時に聴くのに丁度いいんだけど!


旅行中の更新は休みます!
前回の旅行の時みたいに、完全に酔っ払った浮かれ気分で訳の解らない支離滅裂な駄文を打ちたくないので!
帰って来たら報告します!

では、行って来ます!

隣の日高市にある高麗神社から、うちまで歩いて帰る事にした僕(…そういえば最近気付いたけれど、どうやら皆さん「15~16キロなら歩けるな」とは思わないそうで…)。

神社を出てもと来た道を歩き出すと、たった20~30分の間に参拝客の車の行列が、さっきの倍くらいになっていた!
それを横目に駅に向かって歩いていくと…軽自動車が1台通るのがやっとなくらいの、ちょっと急な丘に作られた狭い道に差し掛かった。

この道を登ってもうしばらく行くと高麗川駅に着くんだけれど…
僕の前方に3人の女性が道一杯、横に並んで歩いているのが目に入った…

この女性達、後ろから見ると全員パンツルック(といってもパンツ一丁な訳ではなくズボン姿の意味です。そしてそんな事、言われなくても解りますね。すみません。)なのは解るんだけれど…何しろ逆光で影になっていて、それ以上の情報が入って来ない状態…

「…こんな狭い道を横一杯に広がって歩くなんて…」と、思いながら歩く僕…
その女性達、お喋りをしながらのんびりと歩いていたので、みるみる僕との距離が縮まって行く…

いよいよ5mくらいまで距離が縮まり「あ~…追いついちゃうよ~」と思った次の瞬間…!これまで逆光でよく見えなかった彼女達(見た感じは20代半ばくらい)の服装を見てみたら…
3人とも下はジーパン。そして上はみんなセーターにダウンジャケットだったんだけど…その色が
左から…!

サンバルカンカラーだった!

これを目にした僕は、危なく「サンバルカンだ!」って叫ぶ所だった!!!!!!!!
…これ「明日、サンバルカンカラーで行かない?」3人で示し合わせて来たのだろうか!!!!!!!?
もしそうでないのなら、この世に「色」はいくらでもあるのに、3人が偶然この3色を選んで来るって、一体どのくらいの確率になるんだろうか!!!!!!!?

思わぬ所でサンバルカンカラーの女性達を目にした事と、3人がこの3色を選ぶ確率に興奮し、マスクの隙間から荒い鼻息を「フンフン!」漏らしてメガネを曇らしている僕の気配に気付いた彼女達は、そそくさと道をあけてくれました。

思いっきり訝しげな目を僕に向けながら…

うん、今年もモテる事のない1年になりそうだわ。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2日。
特に神信心はないけれど、物心ついた頃から毎年の風物詩になっているので、隣の日高市にある高麗神社へ初詣に出かけた。

ここは、西埼玉一帯ではかなり有名な神社で、毎年多くの初詣客が訪れるので正月三が日は、まー!とにかく渋滞が凄い!

正月早々、ちっとも動かない車の中でイライラするのも何なので、高麗川駅まで電車で行き、そこから20分ちょっと歩いて高麗神社に向かう事にした。

昼過ぎに高麗川駅に着き歩き始めたら…神社の1kmくらい先から渋滞が始まっていた!
「やっぱり歩きを選んで良かった」と思いながら、車の列をスイスイ追い抜いて行き神社に到着。

僕は時々、この境内をウロウロしているキジトラに会いに車を飛ばしてくるけれど、いつもなら何の苦労もなくさっさと行ける本殿までの参道が、参拝客でみっちり埋まっていた!
「この人たちがみんな”ぷよ”だったら、一体何連鎖出来るんだろう!?」と神域で不謹慎な事を思いながら、少しずつ進む列に並んでいると、左側の参道脇に「厄年早見表」なる立て看板がある事に気付いた。

「う~ん…今年42歳の僕は確か本厄なんだよなぁ…厄払い、どうしようかな~?」と考えながら、ふとその早見表を見てみると…

「後厄」の所に昭和50年生まれの表記が…

…あれ!!!!?

本厄、去年だったの!!!!!!!!!?

あ!そうか!こういう所は昔みたいに数え年で数えるから、昭和50年生まれは今年43歳になるのか!!!!!!!
な~んだ!ずーっと前から「厄年厄年」って恐れていたけど!「本厄」があの程度で済んだんなら!

厄年って大した事ないなッ!

大騒ぎした割には全くなんでもなかった、「ノストラダムスの大予言」の「恐怖の大王」みたいなもんだったな!
それに我々の業界では、「厄を払う」事は「役を払う」事に繋がるから、敢えて厄払いをしない人も多いし!このままでいても、あと1年くらい何とかなるだろう!
あとその時、周りにいた人たちの99%が家族連れやカップルばかりで、男1人で来ているのは僕ぐらいなもんだった事に、何とも言えない寂しさを感じたのも、厄年のせいなのかなッ!!!?

その後、参拝を終えての帰り道。
年末年始でちょっと太った感じがするので…高麗神社から家までの15~16km歩く事にしたら…そこでも薄っすらとした出来事があったので、それはまた次回。

今年は早かったな~!

毎年、大晦日になる度に「今年も早かったな~!」と感じるけど、今年はここしばらくで一番早く感じたわ~!
昨日の「バナナマンのバナナムーンGOLD」で、バナナマンのお二人が「今、9月だって言われても納得出来る」って仰っていたけど正にその通り!僕も体感時間ではまだ9月に入ったばかりな感覚なんだけどな~!

朝一の福岡行きに乗る為に、新宿のカプセルホテルに前乗りで泊まったり…
「あさが来た」に出て来た炭鉱のモデルになった場所を観ようと飯塚市へ行き、炭鉱跡地に建つ「小学校や高校へ行って欲しい」とタクシーの運転手さんに頼んだら…「学生が好きなんですか?」と軽く変質者扱いされたり…
予約した「久留米駅前」のビジネスホテルに行こうとJR久留米駅へ行ったら…久留米駅は「JR」と「西鉄」がある事を知らず、取ったホテルは西鉄の方だったのでタクシーで向かったり…
相島の猫たちにデレデレになったりした旅行も、出かけてからまだ半年くらい前な感じだけど…もうほぼ1年経つんだもんな~!
現在、次の愛媛の猫島へ行く旅行の準備を始めているけれど、来年の今頃も「あの旅行からもう1年!?」って言ってるんだろうな~!


今年は事務所の持っている養成所の講師になって、「人に物を教える」事の難しさと大変さを身を持って知ったなぁ…
「演技」っていう、とても感覚的なものを、どうやって言葉にしてアドバイスしてあげたらいいのかに物凄く悩まされ、考え続けた1年だったし…男より女の子達の方が根性がある事を知った1年でもあった。
そして、教え子達と飲みに行っては…

毎回記憶を無くしていたなぁ…

他にも飲みに行く度に記憶を無くし…周りに迷惑をかけたりして…
40歳を過ぎて更にもう一段階、酒に弱くなったのを痛感したなぁ…
もう、ずーっと焼酎の水割りを延々と飲み続けるっていう無茶な飲み方はしないようにしよう…この前の忘年会みたいに、飲んだ後でも駅まで真っ直ぐ走って行けるくらいの酔い方で抑えるようにしよう…


しかしまぁ、今年はここ数年の中で一番映画館で映画を観たな~。
そんな僕が選ぶ今年の5本は…

・アイアムアヒーロー

・デッドプール

・ズートピア

・シン・ゴジラ

・この世界の片隅に

今年は邦画がとにかく面白かった!「クリーピー」や「後妻業の女」、「SCOOP!」も良かった!


僕の今年一番の出来事は、やはり何と言っても…3月末に受けた健康診断の血液検査の数値が軒並み悪くて…「へぇ~、大人でもこんなに怒られる事があるんだぁ…」って勢いでお医者さんから叱られたのを受けて…

9キロ痩せた事かな~!

おかげで夏を過ぎた頃から、久々に会う人たちから「痩せた!?」って言われるようになって、最初の内はその度に「はい…気苦労が多くて」って冗談のつもりで答えていたけど、そうすると必ず相手が「あぁ…」って微妙なリアクションをするのを見て…

「あ、これは『このレベルで痩せる気苦労って、ガチだな…』って取られたかな!?」

って事に気付いてからは、素直に「お医者さんに怒られて」って言うようにした。その方が「どうして?」とか「どうやって?」って会話も繋がるし。


今年も1年、この駄文にお付き合いいただきありがとうございました!
来年もゆるゆるとやって行きます。よろしくお願いします!
(ちなみに、年始は更新を休みます…4日か5日から更新予定です)

年末の街をぶらぶら。
ラジオを聴いていると都内は車が少ないような事を言っていたけど、うちの方はどちらかと言うと帰省先なので、市内はあちこちの道路で車が渋滞していた。

歩いている時にふと、「あ、そうだ。4ℓの焼酎を昨日の夜で一本飲み終わっちゃったんだっけ」と思い出し、いつも行くスーパーへ向かう事にした。

その途中、日高市に繋がる大きな道路にある

左図のような交差点にやって来た。

横断歩道を渡ろうとしたら信号が丁度赤になってしまったので、A地点で信号待ちをする事に。
ここの信号はちょっと特殊で、全部で三ヶ所に信号があるので、一度変わってしまうと約3分くらい待たなきゃならない…
待ち始めて間もなく、B地点に黒い軽自動車が左折のウィンカーをつけながらやって来て停まった。

しばらくして信号が青になったので横断歩道を渡り始めた。
「横断歩道に歩行者がいた場合、その通行を妨げてはいけない」というのは、自動車教習所でイの一番に習う事。
「当然、僕が渡り終わるまで左折したい黒の軽自動車は待ってくれるだろうな~」と思いながら渡っていたら…その軽自動車…

停まる気配が全く無くて…!

それどころか、交差点に進入する際に軽く加速までして来て!!!!!!!!
思わず僕が「危ない!」と、歩道の途中で立ち止まったら、そこで初めて僕に気付いたように急ブレーキをかけて停まったんだけど…運転席を見たら…

お爺さんだった…

見た感じ70代後半くらいのお爺さんが「あちゃ~…」って顔をして運転席に座っていた…

う~~~ん…

あのぉ…この交差点。
見通しは滅茶苦茶いいし…太陽は自動車の後ろ側にあったので逆光ってわけでもなかったし…まして、「メタルギアソリッドⅣ」で、スネークが着用していた光学迷彩を着ていたわけでもなし…

お互い信号待ちをしていた間に、「横断歩道に歩行者がいる」って事は十分確認出来たはずよね…?

うちの地元は田舎とは言え交通の便はいいし…余程の山間部でない限り、自転車で行ける範囲にスーパーはあるし…免許の返納を考えた方が良いのでは…?余計なお世話かもしれないけど…

そんな事を考えながら歩いていたら、散歩中のシェットランドシープドッグに軽く吠え立てられた。
また1ヵ月ちょっとかかってしまった…

今回は、「あのダンス」で話題の方!

構図上、絵の左半分から描いていく事に。
…まだこの段階では「う~ん、描けるのかな~?このまま描き進めて行っていいのかな~…?」と、不安で仕方が無い状態…

いつも不思議なのは、描いた直後は鉛筆がギラギラしているのに、何日か経つとそれが落ち着いてくる事。
そして、口元を描いた事で「あ、今回も最後まで描けそう」と確信した。

その後、口元を何度か修正し、今回も複雑な髪の毛にかなりな時間をかけて…

完成~!

ちなみに、今回のモデルは2年前の5月にも一度描いていまして。

その時に描いたのがこちら。

うーん…特徴の掴み方とか、上手くなってるんだろうか?

前回の答えは吉岡里帆さんでした~。

1軒目を21時半に出て、2次会の店へ移動。
さすがはうちの後輩たち。
居酒屋の多い池袋とはいえ忘年会ピークの日なのに、ちゃんと池袋駅に近い店を取ってくれた!

飲み放題コースにしてもらってメニューを見ると、さっきの店にはなかった焼酎があった。
…ここで焼酎ロックが飲みたくなったんだけど…以前、焼酎ロックを飲み続けた結果…記憶を無くして大暴れした経験があるので…

「デスピサロにひたすらザラキをかけ続けるクリフト」

より、多少は学習能力のある僕は水割りを注文する事に。

…しかしこの水割りが…濃さはちょうどいいけど、一杯の量が少ない!
瓶ビールを頼んだ時に出て来るグラスな上に氷まで入っているから、量が少ない少ない!
なので、僕のグラスが空くと、すぐに周りの後輩達が新しいのを注文しちゃう事もあって…水割りが出て来ちゃ飲み干し出て来ちゃ飲み干しの連続で…入店から2時間ほどの間に10杯ちょっと飲んじゃったわ!

お陰でお腹がタプンタプン!

1軒目で満腹になった後、今度は完全に水っ腹!
腹に針を刺したら、ちょいとした水芸が出来そうなくらいに水っ腹になった!

…その後、トイレから帰って来てふと時計を見たら11時40分。
…20代30代の後輩達は、どうやら朝まで飲むつもりのようだけど…おじさんにはもう徹夜は無理!
それに、帰って「おぎやはぎのメガネびいき」を聴きたかったので、0時08分発の終電に間に合うように店を出た。

「間に合うかな?」と思いながら、店から駅まで走って移動。
ラッキーな事に電車待ちの列の2番目に並ぶ事が出来た!
座れる事は確実になったので、バッグから3DSを出してモンハン開始。数分後やって来た電車に乗って席を確保!

電車は定刻通りに発車したけれど…終電だというのに車内は満員状態!
「やっぱり忘年会のピークって本当だったんだな~!」と驚いた僕だけれど…ひばりヶ丘駅を過ぎた辺りから…

体に違和感を覚え始めた…

うーん…これは… 尿意!
店を出る前にトイレに行ったけど…あれだけ水っ腹になったからな~~~!!!!!!!

「…も、持つのか…!!!?」と、大気圏にガンダム単機で突入した時のアムロばりに焦る僕!
しかも運が悪い事に…終電は石神井公園から飯能まで各駅停車の準急!!!!!!!!

「よし…!意識しないようにしよう!!!!!!!!」と思い、ただひたすらモンハンに集中!
…何とか所沢に着いたら…待てど暮らせど発車してくれない!!!!!!! 何と…待ち合わせの新宿線の下り電車が遅れているとの事!!!!!!!!!!

神様!僕が一体、何をしたって言うんだ!!!!!?

その後、5分遅れで所沢を出て…どうにか稲荷山公園まで到着。
どんどん高まって行く尿意と戦いながら…「入間からならタクシーで帰っても…2~3千円で済むかな…?」という思いが一瞬浮かんだものの…「ここまで耐えたんだ…あと10分くらい何とか!」と、モンハンを切って瞑想を開始!そして…

間に合ったぁぁぁ!!!!!!!

飯能駅まで漏らす事無く帰る事が出来たぁぁぁ!!!!!!!!!!

大人の尊厳を守る事が出来たぁぁぁ!!!!!!

「何だよ!漏らせよぉぉぉ!」という声が聞こえた気がするけれど!

「面白さ」より尊厳を守る方が大事ですよッッッ!

…今回、「水っ腹になるまで調子に乗って水割りを飲んではいけない」という事を、僕のAIは学習しました。
12月とは思えないくらいに生暖かい中、事務所の忘年会で池袋へ。
この日のお店は中国の方が経営している中華料理店。
お店に着くと女性店員さんがやって来て「お1人様ですか~?」と聞いて来たので、「あ、いや。予約が入っていると思うんですが」と言って事務所の名前を告げたところ…

「今日は満席。入れないです!」

と言われた…
その時、店内の奥に後輩達の姿が見えたので「あ、あの席みたいんなんですけど…」と言ったら、「ご予約のお客様でーす!」と無事に通してくれたけど…もし後輩の姿が見えなかったら入れてもらえなかったのかな…?

ここは「2時間飲み放題食べ放題」のお店で、豊富なメニューの中から好きなモノを選んで注文していくシステム。
バンバンジーやホイコーローなどなど、色々な料理をいっぺんに注文したら…一皿の量が結構多い事に驚く!

それらをみんなで片付けていたら…飲み会が始まって1時間ちょっと経った頃、注文したはずの料理が全く出て来なくなるという事態が発生しまして…
「まあ、忘年会のピークで店内も混んでいるから、お店側も混乱しているのかな?料理が来ても来なくても、会費は変わらないから別にいいけど」と思っていたら…そこから注文していないのに…

豆苗の炒め物が3つ連続で来る

という。
おいおい!これ、どこか別の席のオーダーじゃないの!!!!!? まあ、豆苗、美味いから頂くけど!!!!!!!

それから更に時間が経ち、「そろそろラストオーダーだから2次会の店を決めようか」と話していたら…注文していたけど出ていなかった料理が…

怒涛の如く運ばれて来始めまして!!!!!!!

食えないわ~!おじさん、もう食えないわ~!
ここまで結構食べたのに、ここに来て 山盛りの叉焼 は食えないわ~~~!!!!!!!!!

…でも勿体無いから頑張って、その叉焼を食べていたら…まさかここで「炒飯・炒飯・黒炒飯」という…

炒飯ジェットストリームアタック

が来るとは思わなかった!!!!!!!
おじさん、お腹破裂しちゃうわ~~~~~~!!!!!!!! もう食べられないわ~~~~~~~!!!!!!!!!
それでも、うちの事務所の若い衆は偉いな!彼らもかなりな量を食べたはずなのに、残さないように炒飯をみんなで平らげていた!

何だかんだあったけど、昨日のお店は安くて美味いし、「これ儲けどのくらいあるんだ?」ってコッチが心配するくらいに量があっていいお店だったな!
腹ペコな劇団員にオススメ!

…その後、2次会に行った後にもう一波乱あったので次回。

「あ~あ、どこかの竹やぶに5億円くらい落ちてないかな~?」と思いながら地元を徘徊。
以前も書いたように、うちの方はちょっと歩けば竹やぶや雑木林があちこちにあるんだけど…ま~!それでも5億はなかなか落ちていないなぁぁぁ!!!!!!!…仕方が無いから諦めて、市街地へ出る事にした。

僕は一年の内で冬至が一番嫌い!
寒いのは全然構わないけれど、何よりも昼間の時間が短いのが、何だか「勿体無い」って気分にさせられて嫌い!
そして今日は12月とは思えないくらい、何だか妙~に温かい中を歩いていたら…歩道の前方に、僕から向かって左側にミニチュアシュナウザーを連れた30代くらいの夫婦が、右側にボストンテリアを連れた50代くらいの夫婦がいるのが見えた。

状況を説明すると、向こうからやって来るミニチュアシュナウザーに気付いたボストンテリアが、警戒してその場にピタっと立ち止まっていたんだけど、微動だにしないボストンテリアに対してこのミニチュアシュナウザー、「俺、お前になんか全く興味が無いよ~」と言わんばかりに、あちこち余所見をしながらやって来ていた。

ミニチュアシュナウザーは歩道の一番左端に寄って歩いていたんだけれど…相変わらず固まったままのボストンテリアの左側を僕が通り過ぎるのと…ミニチュアシュナウザーが僕らとすれ違うタイミングが完全に一致しまして…

僕がこの三者の真ん中を通り過ぎようとした次の瞬間…!
歩道の一番左端を歩いていたミニチュアシュナウザーが突然「グーン!」と真ん中に寄って来て…

「わんわんわん!」

と、激しくこちらに飛びかかって来た!!!!!!!!
しかもそれと同時に…たった今まで固まっていたボストンテリアも…

「がうがうがう!」

と、凄い勢いで襲いかかって来た!!!!!!!!!
…犬同士の喧嘩のど真ん中に立ち会ってしまった僕の心境は…

怖ぇぇぇぇ!!!!! しかなかった!!!!!!!!!!

怖いわ~~~!両サイドから犬の同時攻撃!怖いわぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!
「双子の悪魔」こと、ドッパとキヤヤの攻撃を髣髴とさせるこの出来事に、僕の中の「イデ」ことオシッコをちびりそうになったわ~~~!!!!!!!!

両方の飼い主さん達から「すみません!」と、ステレオで同時に言われたけれど…怖い!やっぱり犬怖い!!!!!!!
…今度、猫に癒してもらいに行こうっと…


明日、事務所の忘年会がある…

飲みすぎて記憶を無くさないように気をつけようっと!

うーん…
年の瀬の慌しさと気温の低さ…公私共に思うように行かなかったり…冬至直前で昼間の時間が短いせいもあって…

ここの所なんだか気分が下がり気味…

こうなって来るとラジオに送るネタも全然頭に浮かばないし…出るのは溜め息と財布の銭ばかり(ホラ!『財布の銭』だなんて、こんな小ネタしか浮かばないくらいに下がっている)…

僕も普通の人だし…悟りを開いたわけでも何でもないので、気分が沈む時もしょっちゅうだけど…
まー!今回はここしばらくで一番の下がりっぷりで!
…こんな時は家の中でクサクサしていても仕方が無いので、とにかく外をひたすらウロウロ歩き回る事にした。

今日は歩いた歩いた!

15kmも歩いた!

うちの地元の端から端まで歩き回った!
その途中、何度も何度も「はぁ~…」と、まるで200mを全力で走った後の人の呼吸レベルで溜め息を吐いていたら…先日書いた、3人のお年寄りをメロメロにしていたキジトラの猫(♀)が、ある民家の前で座っているのを発見。
「来てくれるかな?」と思ってしゃがんでみたら…

来た!!!!!!!!!!

一直線に僕の所へやって来て、全身をスリスリし始めた!

こんな感じで!!!!!!!

この後、背中をさすったり、ちょっとふくよかなお腹を触っていたら、体をグーッと前へ前へ倒して行き、頭を支点にして逆立ちしそうなくらいの姿勢をとった!

さっきまでの溜め息の「はあ~」が、興奮の「はぁはぁ!」に変わったところでその場を去ろうとしたら…その気配を察した猫が「にゃ!」と鳴いた後…

僕の前をウロウロし始めて、歩くのを邪魔して来た!!!!!!!!

うぉぉぉ!

可愛いじゃねーかよぉぉぉ!!!!!!!

お陰で気持ちが楽になったわ!やっぱり猫は正義だなッ!!!!!!!!!!
そしてやっぱり、人間の女の子からもこのくらいモテたい!
最近、インターネットで面白い動画を見つけまして。
皆さん、「ゲーム芸人フジタ」さんって知ってます?
…と、ナイツの漫才の冒頭のような書き出しになりましたが、ゲーム芸人のフジタさんです。

以前、深夜のテレビ番組に出演されていたのをちょっと観て、お名前は知っていたんだけれど、ゲーム挑戦動画がある事を…恥ずかしながら最近知りまして、夜に酒を飲みながら観ているんだけれど、その腕前がとにかく凄い!

最初に観たのが「マイティーボンジャックをノーミスで全面クリア」という…この作品の凶悪な難易度を知っている人には「噓だろ!!?」としか思えない内容。

このマイティーボンジャック。
ロックマンを5まで遊び、その全てをクリアした事のある僕だけど…この作品は5面辺りで匙を投げた!
何が難しいって、まず主人公はジャンプしか出来ない上に、基本的に敵を倒す事が出来ない!そしてちょっとでも敵に当たったら即ミスという厳しさ!
唯一出来るジャンプも、ボタンを押すと「ピョーン!」と凄い勢いで一気に、ビルにしたら6~7階を飛び越えるくらいの高さに達し(ボタンを押す長さである程度の調節は可能)、その後、滑空するように画面を左右に移動出来るんだけど…この滑空中の操作が異常に難しい!
あまり小回りが利かないところへ、敵がエグい速さと動きでコッチに向かって来るので、敵を避けたつもりが滑空中に別の敵にやられるという事態が頻繁に起きる!…と、僕がこれまで遊んで来たゲームの中でもトップクラスの超絶難度。

これを、道中ステージを飛ばす「ワープ」の裏技を使って(裏技と言っても、この裏技自体が結構難しい!)ノーミスクリアするというので観てみたら…

まーーーー!凄い!!!!!!!!

他にも「スーパーマリオを最速クリア」っていうタイトルでは、「ワープを使うけれどキノコなどのアイテムは取らない」という縛りを加えていたり(しかもプレイ中、時間を短縮するためにほぼずっとBダッシュしっ放し!)、「ジャンプ中、空中では一切キャラの制御が出来ないし、自分の投げた爆弾でも死ぬ」でお馴染みな「アトランチスの謎」をノーミスでクリアしていたし、あの超難度ゲームの「スペランカー」を一周ノーミスクリアしたりと、観ていて思ったのは、フジタさんは一瞬の判断と操作の正確性が我々常人の数倍凄い!

いや~!いい動画なんだけど…1つだけ、いけない所に気付いてしまいました…
この動画を観ていると…

似顔絵の作業が全く進まない!!!!!!

あまりにも凄い超絶プレイに見入っちゃって、ただでさえ筆が遅いのに作業が完全にストップしちゃう!!!!!!!!!!

うーん!
何だかミスしそうになった時、フジタさんと一緒に「危ねぇぇぇ!」って声を出しちゃうのが…友達の家でハートチップルを食べながら一緒にゲームしていた、小学生のあの頃の感じに似ていて…楽しくなっちゃうんだよな~!

とりあえず、観るのは1日1タイトルにするかな…?

外歩きからの後、洗濯物を取り込んでいたら、門の所に女性が1人立っている事に気付いた。
「誰だ?」と思って近づくと、保険会社の人だった。

保険関係の事は母が全部やっていて、僕は全く解らないんだけど…生憎と母は地元の会合で出かけている…
「困ったな」と思っていたら…どうもさっきから保険員の人が、僕の顔を不思議そうにというかキョトンとした表情で見ている事に気付く。
しかも「…あのぉ…こちらは川村さんのお宅…ですよ…ね?」と聞いて来た…
僕が「えぇ…そうですけど」と答えると、今度は「…あのぉ~、一番上のお兄さんですか…?」と素っ頓狂な事を聞いて来た…

そこで「いえ、一番下の弟ですけど」と答えたら、「…た…くお…さん?」と聞いて来たので「はい」と言ったら…

「痩せました!!!?」

と物凄くビックリした感じで言われた。
「はぁ。春先から本格的に痩せようと思って」と言うと、「どのくらい痩せたんですか?」と聞かれたので、「9キロくらいです」と答えたら…

「いや~!見た目が変わりましたね~!」

というリアクションが返って来た。

確かに、事務所の宣材写真の時の僕が、「ディグダグ」で例えると「プクプクポンされる直前のプーカァ」だとすると、今の僕は「お尻にポンプを刺されて1回空気を送り込まれたプーカァ」くらいに違うので、久しぶりに会う人みんなに驚かれる。
でも、もう何度も「痩せました!?」って言われて来たのでさすがに慣れて来たんだけれど…
今日の保険員さんが「いや~!凄く良くなりましたね~!!!!!!!」とか「見た目がとても上がりましたよ~!」とか「まるで別人みたいになりましたね~!」と、次々と矢継ぎ早に言うのを聞いている内に…

以前の僕、どれだけ奇面に見えてたんだろう!!!!?

って事が気になって気になって仕方が無くなった!
僕みたいに顔面の造作にコンプレックスを持ち捲くっている上に、性格が捻じ曲がっている者は、褒められれば褒められるほど心の中が 「ざわ・・ざわ・・」 ってして来るんだってぇぇぇ!!!!!!
…とりあえず、事務所の宣材写真を早い事新しくして欲しいと思った…


昼間、大竹まことさんのラジオを聴いていたら、いとうせいこうさんも「この世界の片隅に」を大絶賛なさっていた!
僕もここでもう一度、強くオススメします!

世界中が何だかキナ臭くなっている今こそ!
 
皆さんに観て欲しい作品です!!!!!!


僕の良く行く地元の散歩コースに途中、車をレンタルしている会社のプレハブで出来た建物の前を通る所がある。

ここのプレハブの1階入口や、その近くの窓の所に、以前はよくこちらの会社で飼われている、耳はピンとしているのにペチャっとした鼻をした、シッポの長いモフモフな三毛猫が日向ぼっこをしていて、よほど人間が好きなのか、近くを通行人が通ると「ニャー!ニャー!」と大きな声で鳴きながら窓ガラスに体を擦り付けたりして、「遊ぼうアピール」を激しくして来たんだけど…

これがここ半年以上、全く姿を見なくなって…

「あ~…僕が東京で一人暮らしを始めた頃から見るようになったから…結構な年だったのかな~?」と、そこを通る度に思っていたんだけど…

日曜日の昼過ぎ。
ブラブラとそのプレハブの近くに差し掛かったら、大掃除をしているのか入口が開いていた。
その前を通り過ぎる時、何とはなしにチラッと中に目をやったら…

いた~~~!!!!!!!!!

玄関を上がった框の日当たり良い場所に座っていた!!!!!!!
しかも!…前に揃えた両手を軸にして、体を右側に流して座るという、何ともセクシーな格好をしていた!

しばらくその場に立ち止まり「ぐへへ!」と笑いながら猫を見て、あわよくば外に出て来て遊んでくれないかな~!?と思ったけど…建物の中の従業員に「このおじさん変なんです…」って通報されると困るのですぐにその場を立ち去ったものの、「元気だったんだ!」という嬉しさと、「何てセクシーなポーズを取っているんだ!」という興奮で、ニヤニヤを通り越してウォーズマンスマイルを浮かべずにいられなかった!

そこからしばらく歩いたら、お馴染みのまんじゅう猫がいるポイントに差し掛かったんだけど…

いた!

冷たい風が吹かない陽だまりでお昼寝と洒落込んでいた!
たぶん昼寝を始めた時は、全身お日様に当たっていたんだろうけど、太陽が移動したせいでお尻にしか日が当たっていないじゃないか!!!!!!!

うひょう!堪らねぇぜぇぇぇ!

頭を撫で始めたら「ん?」って感じでこっちを見た後、「何だ人間か…」とまた昼寝に戻った!
そして背中を撫でていたら、左手をだら~んと伸ばし「ゴロゴロ…」と鳴き始めた…!知っている!

猫好きを殺すポイントを知っている!!!!!

怖ろしい子ッ!

これ以上ここにいたら身の危険を感じたので、急いでその場を立ち去った。

その後、山の中(うちの地元は面積の7割が山なので、街からちょっと歩くとすぐ山道になる)を走る交通量のちょっと多い道を歩いていたら、向こうから部活帰りらしい、僕が通っていた中学の制服を着た女の子2人がやって来るのが見えた。

その2人と何でもなくすれ違おうとしたら…「こんにちは~」って声を掛けられたんだけど…アレか…

「怪しい人を見かけたら、先に挨拶をしましょう」

ってやつか…
まあ、ここまで猫に触れてウォーズマンスマイルをしながら一人で歩いている、ダウンジャケットとカーゴパンツの上下が緑色っていう、「量産型ザク」みたいなカラーリングのおじさんを見かけたら、それは先制攻撃を入れるのが正解だわなッ!
…解ってはいるんだけど…何だろう?この心の中をビュービュー吹く隙間風は…!

先日の昼過ぎ。
ナレーションの仕事で目白台にあるスタジオへ向かう途中、永青文庫という建物の前を通ったら、門に貼られていた一枚のポスターに目が留まった。
そのポスターは…

「仙厓ワールド」

仙厓義梵(せんがいぎぼん)という、江戸時代後期に福岡の聖福寺で住職を勤めた禅僧なんだけど、そのポスターに描かれた虎の絵が…

まー!可愛い!!!!!!

丸~い体で三角の耳にまん丸な目、「し」の字型の鼻の下にωの口と、とても江戸時代の人が描いたとは思えない今っぽいセンス!!!!!!!!!
この手の可愛いモノに弱い僕は、「仕事帰りに観て行こう」と即決。

気合を入れて仕事に臨み、2時間ほどかけてほぼNG無しで収録が終わった。
その時の時刻は午後3時40分。
閉館時間は4時半という事なので、大急ぎで永長文庫へ向かう。
観覧順路に従い4階の展示室へ行くと、仙厓の絵や書がたくさん展示されていた!

あのぉ、画像検索をしてもらうと解るけれど、仙厓さんの絵はとにかく可愛い!!!!!!
一見、子供が描いたようなタッチで「俺でも描けるよ!」と思っちゃいそうだけど…

これは絶対に描けない!

簡単に描いているようだけど計算しつくした構図だし、何の迷いも無くこんな凄い線は絶対に引けない!

布袋様のまん丸感やら、大黒様のニッコニコした表情。「ニカ~ッ!」と笑った獅子の顔とか、見ているとコッチも自然と笑顔になってしまう。

中でも僕の心を鷲掴みにしたのは…

草むらに隠れた男の人が片手に紙を持ちながら、こっちに丸出しにした尻を向けて座っているんだけど…その尻から「プリッ!」っと便が出ちゃっている!
しかもその絵の左側に…

「人は来ないようだ」

という賛が書かれている!!!

という作品!
いいわ~!こういう洒落た感じ、大好きだわ~~~!!!!!!!!

もっと大々的に取り上げられたら、若冲みたいにブームが来ると思うんだけどな~~~!!!!!!?
すっかり仙厓ファンになってしまった僕。
調べてみたら出光美術館でも作品を所蔵しているようなので、今度行ってみるかな。

…しかし仙厓の絵を見ていたら、「性格って絵に出るな~!」って感じた。
おおらかで人を笑わせるのが好きだったという仙厓の絵は、線がとても柔らかくて大胆だけど、対して僕の絵は…芝居や絵など、好きな事に関してはどこまでも神経質になっちゃう性格が出てるな~…
尤も、僕も大概の事には適当に臨むんだけど…

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.