忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
昨日の火曜日。
事務所がやっている新人養成所の講師に行って来た。

ここ3ヶ月ほど、ある1つの作品を課題にしてずーーーっと指導して来たんだけど、「そろそろ生徒たちも飽きてくる頃かな~…?本当はこの作品だけを1年やってもいいし…ハッキリ言ってまだまだ表現が足りない人が多いんだけど…」と思い、次回から新しい課題を始める事を告げた。
で、僕は新しい課題を始める際に「とりあえずこれくらいやって欲しい」という、「お手本」のようなものを僕が演じてみせるんだけど…

これが毎回、物凄く緊張するッ!!!!!!

普段、授業中に偉そうな事を言っている分、間違えるわけには行かないし、「こんな程度かよ…」と思われるのも癪だし…!

始めたら終わりまで20分かかる作品…
…見せる以上、こちらも事前に何度も読み込んで臨んでいるんだけど…始まって2分も経ったら…

も~う!口の中がカラッカラ!!!!!!!!

ホワイトベースを脱走して、砂漠をさ迷っていた時のアムロばりにカラッカラ!
かと言って1人喋りの作品…途中で水を飲んだら芝居が止まっちゃうので、体内の水分を口へ総動員して何とか終わらせたけど…本当に緊張するんだよな~~~!

その後、1時間ちょっとくらい、教え子たち数人とお茶をしたんだけど…

その間ずーっと、胃のキリキリ感が凄かった!

もう、お手本のプレッシャーが凄くて凄くて…結局、家に着く頃までキリキリしてたわ~…

それから新宿駅で教え子たちと別れ、西武新宿線よりもちょっと早く帰れるから、山手線で池袋に出て西武池袋線に乗って帰宅する事にした。

新宿を出て池袋駅に着いたのが17時40分過ぎ。
18時の特急の空席状況を見たら、まだ若干残っている模様…しかし、特急は最近値上がりして飯能まで500円かかる…
もう一つの選択肢は、この時間じゃかなり混むけど、17時50分発の急行に乗れば、特急より5分くらい早く飯能に着ける…
「500円払ってゆったり座って帰る」か「混むけど我慢して急行で帰る」か…

僕が選んだのは後者!

だって!さっきのお茶会のお金は、全部僕が出したんだものッッッ!

急いで地下道をJRの改札から西武線の改札へ向かい、階段を上がってホームに到着。
そこに停まっていた目の前の車両の中を見たら…あれ?思ったより空いてるぞ?
帰宅時間だし発車も近いのに…何でこんなに空いてるんだろうと思いながら、その車両に乗り込んだら…

異常に暑い…!

「何この暑さ!?」と疑問に思っていたら、電車のドアが閉まって移動を開始。
そしてその直後に気付いた…

弱冷房車だぁぁぁ!!!!!!!!!

しまった~~~!我々汗っかきにとって!

弱冷房車=弱暖房車

でありッ!もっと言えば!

軽拷問車

であるんですよッッッ!!!!!!!!!

そうか~!だからお客さんが少なかったのかぁぁぁぁ!!!!!!!!!
「車両を変えようかな…?」と、隣接する左右の車両に目をやると…どっちもかなりな混雑っぷり…!
発車間際の駆け込み乗車客で更に増した人いきれの中、仕方が無いから我慢して乗っていたら…最初の停車駅・石神井公園駅に到着。ここで目の前の席が空いちゃった…!

講師の仕事の疲れから、キン肉マンが悪魔超人ブラックホールの顔面の穴に吸い込まれた時のように、座席の引力に引きつけられ、堪らず座ってしまった…!
その直後、強烈な睡魔に襲われて泥のように眠り…次に目を覚ましたのはもうすぐ飯能に到着する所だった(恐らく寝ていた間に、キン肉マンがホワイトホールを起こした”アレ”が、何度か出ちゃったかも)…

先日買った、ディフォルメされたスタープラチナとザ・ワールドのイラストがプリントされたTシャツが、軽くグッショリするくらいの汗をかきながら飯能駅のホームに降り立ったら…

外の方が涼しいじゃねーか…!!!!!!!

8月ですよッッッ!!!?
暦の上では秋とは言え、まだまだ暑さの厳しい8月なのに!電車の車内より外の方が涼しいっておかしいだろ!!!!!!!!!
…うーん、色んな路線に弱冷房車があるけれど…西武線のはちょっと度が過ぎてると思うんだよなぁぁぁぁぁ…!
イチ利用客の意見として、是非一度「弱冷房車が暑すぎる」件をご一考を願いたいな~~~!
PR
先月。
糸ようじで歯の手入れをしていたら、「ポロッ」と取れてしまった左上奥の銀歯を、高校1年の時からかかりつけの歯医者さんに嵌め込んでもらいに行った際…

「歯軋りの癖ある?」

といきなり聞かれた。

「いや~…そんな癖は特に無いと思うんですけど…」と答えると、手鏡を渡されて…「こことかここ、あとこの歯にここも、歯軋りのせいで前よりも磨り減っている」と教えられた…
確かに、指摘された歯を見ると…どれも上下の歯が噛み合わさる面が真っ平らになっている…!
…ただ、この日は銀歯だけ治してもらって帰ったんだけど…帰宅してから、それまで全く何も感じていなかったのに…

冷たい物が急に歯にしみるようになった!

それも、磨り減っていると指摘された全部の歯が!!!!!!!!!

…そこで、ネットで歯軋りの原因や症状を調べてみたら…

ストレスが一因なのかぁ…

うーーーん、確かにここ半年くらい、急激に身の回りの環境が変わった事もあるし…うん、ストレス。

身に覚えがありまくりだわ!

症状としては、このまま磨り減り続けると…歯の神経が死んじゃう所まで行っちゃうみたいだし…仕事柄、歯が悪くなると滑舌にも大きく影響して来るし良い事は1つもないので…

就寝中用のマウスピースを作る事にした!

そこで2週間前。
歯医者さんで歯形を取ってもらって(型を取るためのゴムの感触の、何とも言えないグンニョリ感はクセになりそうだった!大量購入して時々楽しみたい!と思ったけど、医療用だろうから買えないな)から2週間。

出来た!

上の歯に嵌め込むんだけど、思っていたより小さい物なんだな~!
僕は格闘技の選手が嵌めるような、歯を全体的に覆うようなのを想像していたんだけど、歯の半分よりちょっと上辺りまでをカバーするんだな~。
しかも、ちゃんと歯形を取って作ってあるから、ピッタリとフィットする!
約5千円と…正直ちょっと値段はしたけど、これで歯が守られるなら…まあ安い買い物だったかな!





「ゴーストバスターズ」を観て来た!

面白かったな~~~!
今回は「いじめとテロ」がテーマだったけど、まさかゴーストバスターズを観て泣く日が来るとは思わなかった!

何だか、「ゴーストバスターズのメンバーに美人がいない」とかってふざけた&的外れな事を言っている人がいるらしいけど、あのキャスティングだから最高なんだっての!!!!!!!!!
第一!元のゴーストバスターズだって、メンバー全員「冴えないおっさん」だったじゃないか!
さて、小手指駅北口から一歩を踏み出したはいいものの道が解らない…
とりあえず線路沿いの道を、隣の狭山ヶ丘駅方向へ歩き出した。
この小手指駅には電車の車両基地があるんだけど…しかし、電車なら1分くらいで走り抜けられる車両基地も…歩いてみると「こんなに長いのか!」と改めて感じた!
強い向かい風のせいもあって、基地を抜けるのに体感では30分くらいかかった気がした(実際は10分ちょっとだと思うけど)。
「こっちかな~?」と思いながら歩いていたら、何だかんだで狭山ヶ丘駅の南口に到着。
この駅にも帰れずに立ち往生している大勢の人たちで一杯だった…ここで「そういえば、狭山ヶ丘駅北口前の道を真っ直ぐ行けば、大きなバイパスに出て、そのバイパスを歩いて行けばやがて飯能に繋がる国道299号線に出られると思い立ち、北口へ行ってその道を歩き始める。

数百メートル歩いてバイパスに出たら…ラジオで言っていた通り、上りも下りも大渋滞が発生していた…!
「これじゃタクシーなんて、いくら待っても来ないだろぉ…」と思いながら歩いていたら、狭山ヶ丘の隣、武蔵藤沢駅近くの跨線橋に到着。

そこで撮った写真がこちら。

うわ~!冠水したのはこの辺だったのか~~~~!これじゃ1時間2時間じゃ水は引かないだろ~!!!!!!!!!
やっぱり歩いた方が良かったのかなと跨線橋を渡り切ったら…

目の前に大きな水溜りが出来ていた…!

どうやらこの付近の川が氾濫したようで、狭山市内のあちこちが水溜りと化していた!
くるぶしくらいまで冠水した道を歩き、299に繋がる道のある十字路へやって来たら…飯能方面に行く道の真中にパトカーが停まっていて…
「現在、こちらの道は冠水している為通行出来ません」

とアナウンスしていた!

そこで、パトカーの中のお巡りさんに「飯能に行きたいんですけど」と聞くと、まず「え!!?歩きでですか!!!!?」と物凄くビックリされた後に、「一旦、八王子方向へひたすら真っ直ぐ歩いて行くと、やがて別のバイパスにぶつかる十字路に出るので、そこを右に曲がったら、またずーーーーーっと真っ直ぐ歩いて行くと299に出ます。ただ、凄く遠いですよ」と教えてもらった。
「ありがとうございます」と言って、教えられた通り八王子方向へ歩き始める。「今のお巡りさん、明らかに僕より10歳以上は年下みたいだけど、結婚指輪をしていたな…」と思いながら…

氾濫した川が近いのか膝まで冠水した道を、「こんな経験、滅多に出来ないぞ!」と思いながら1時間近くかけて歩いたら、教えてもらったバイパスにぶつかる十字路に到着!
一旦、道を横断して反対側に渡り、右に曲がって真っ直ぐ歩き始める。

…と、ここで…昼に食べた丼物が胃の中で完全に消化されたのを感じたと共に、スタジオを出た頃に買った麦茶が空になる…
「この先も考えると…次に自販機があったら水を買おう」と思って歩いていたら、ほどなくして道沿いに大型のパチンコ店を発見!

店の入口脇にあった自販機に200円を入れ、110円の水を購入。
お釣りを取り出そうとしたら…疲れていたのか手を滑らせて…

50円玉を落としたぁぁぁ!!!!!!!

コロコロと転がった50円玉は自販機の下へッッッ!

取れないぃぃぃ!!!!!!

クソーーー!ハーヴェストが使えたらなぁぁぁ!でも今は一歩でも先に進む事の方が大事!
「えぇぇい!50円くらいいいわ!」と再び歩き出す。
後頭部がツルッパゲになりそうなくらいに、さっきの50円に後ろ髪をギューギュー引かれながら歩いていたら、狭山を抜けて入間に到着。

入間に入った途端、道のアップダウンが物凄い事に!
ここまで1時間半くらい歩いて来ての、このアップダウンは効く!!!!!!!! ハァハァ言いながら、ひたすら歩き続けたら…ようやく299が見えて来た!
そして299に出る直前、バイパスの橋の上から撮った入間川がこれ。

これは凄いな…!

結局、小手指駅から3時間かけてようやく家に到着!
どうやら僕が帰宅する15分くらい前に電車が復旧したらしいので、歩いた方が早かったのは間違っていなかったけど…

疲れた!

もうあまり経験したくないから、台風が近づいてる時は早め早めに帰るようにしよう!

ちなみに、これが月曜日に歩いた総歩数…

32000歩超え…!
月曜日。
仕事が午後1時に終わった。
台風が近付いているとの事だけど、外に出たら雨も風も大した事なかったので、九段下にあるスタジオから池袋駅まで歩く事にした。
飯田橋駅を過ぎた辺りで雨がパラパラと降り出したので、「うーん…これはとりあえず、江戸川橋駅まで歩いて、そこでまだ雨風が大した事なかったら更に池袋まで歩くかな~」と思った。


20分ほど歩いて江戸川橋駅に到着。
そこで昼食を採って外に出たら…まだ歩けそうな感じが…


「よし、丼物を食べた後だし、腹ごなしも兼ねて歩くか!」と足を踏み出す。
ところが、池袋が近づくに連れて徐々に風が強くなり始め…雑司ヶ谷を過ぎた辺りから雨もザーッと降り出した…!


「これはまずいな!」と、少し歩くスピードを上げて何とか池袋駅に到着。
「大して降られなくて良かった~!」と、ホッとしながら電車の停まっていたホームへ行くと…電光掲示板に、行き先と急行とは書かれていたけれど、発車時間が書かれていない事に気付いた…
嫌な予感を感じながら乗りこむと、すぐに発車した電車。


しかしその直後…


「この電車は急行飯能行きですが、
線路が途中で冠水してしまったため、小手指止まりに変更します」
とのアナウンスが…!
おいおい!勘弁してくれよ~!!!!!!!


…あ~!もしかして江戸川橋から電車に乗って帰っていたら、ギリギリ助かったかもしれないな~~~!と、激しく後悔する僕!
そこで急いでタブレットを取り出して、小手指からバスで帰るルートを模索。
調べたところ、小手指から狭山市駅へバスで行くと、そこから直接飯能へ行けるバスが出ているのと、小手指から八高線の金子駅へ行き、そこから約5キロ歩けば家に帰れるらしい。
「よし、この2つのルートで考えてみよう」と思っていたら、あっという間に小手指に到着。


駅は既に、帰宅出来ないでいる人達で一杯だった…
改札を出てバス停へ行ったんだけど…僕はとんでもない誤算をしていた…


そもそも…
こんな嵐じゃバスも止まっちゃう!!!!!!!!!!

しまった~!何故そこに気付かなかったんだろぉぉぉ!
ここで取る道は3つ。
1.電車が復旧するのを待つ

2.タクシー待ちの列に並ぶ

3.歩く

1は…人であふれる中、何時間待たなきゃいけないのか解らないのは辛いし…
2は…2階部分にある改札付近まで列が出来ていた上に、ラジオで渋滞が起きているって言っていたし…
3.は…タブレットで小手指と飯能の距離を調べたら…約18キロか…僕の足なら3時間くらいかな?
…そこで、僕が選んだのは…
3の歩く!

時間は午後3時。飯能へ向けて一歩を踏み出した僕だったが…!

次回へつづく!
先週の土曜日から、急にうちのモデムの調子が悪くなって、全くネットにつなげる事が出来なくなった上に、以前はケータイのメールで簡単に更新できたこの日記が、運営側の方針が変わったからなのか、最初に登録したアドレスからじゃないと更新できないようになった!
今日、電話会社の人が来て修理をしてもらったので、今日と明日で土曜日分と月曜日分を連続で更新します!
以下、土曜日に書いた分です。


土曜日の昼過ぎ。
仕事に行こうと家を出た。

ここ数年、夏になると毎日のように着用しているのが、メッシュ生地のTシャツ。
この日は白いメッシュのTシャツを着て、その上にYシャツを羽織り…僕のような汗っかきはこの季節、着替えの服欠かせないので、バッグにTシャツYシャツをもう1セット入れて出発。
家を出てすぐ、雨がパラパラと降って来た。
「…あ~、早く駅へ行かなきゃ。」と思いながら歩いていたら…あれよあれよと言う間に、ドンドンと雨の勢いが強くなって行き…
5分も経たない内に、滝のような降りに…!!!!!!!!
も~う!ただただ、「わ――――!」と叫ぶしかない勢いの雨の中、傘をさして駅に向かって走り出したけど、もうすでに顔から下が…否、顔もすでに汗まみれだったので、髪の毛以外ビショビショ状態!!!!!!!
それでも何とか駅に着き、改札を通った後にふと自分のなりを見てみたら…
乳首が透けてたァァァ!!!!!!!!
白いメッシュ地が許容量を超えた水分を吸ったせいで、乳首がうっすら透けていたぁぁぁ~!!!
いやぁ~ん!まいっちんぐ!
うーん!男性ファッション雑誌の表紙を飾るくらいの二枚目の乳首だったら、周りの人達も見たいだろうけど、これまで泥水しか啜って来なかった薄汚れたオッサンの乳首なんて、見たくないだろうし、何より僕も見せたくない!!!!!!!
 
駅まで走ったお陰で電車の時間にはまだ余裕があったので、急いでトイレに入り着替えをして事なきを得たけど…
明日も仕事へ行く時間に台風がやって来るらしい…
困ったなぁぁぁ~!!!!!!!!
前回、卓球の事を書いた後に、完全に忘れていた記憶が1つ蘇った…

「当時の友達は片手で余る」くらいしか、仲の良かった友人がいなかった為に、記憶の中で「無かった事」になっている高校時代(尤も、友達がいなかったのは、僕が周りに対して心を閉ざしていたからだけど)…
中でも、文化部に入っているのは僕を含めて3人だけで、残りは男女全員運動部(しかも担任は体育教師)だった、クラスメートの名前は1人も覚えていない2年生のある日…
体育の時間が自習になったのを受けて、運動部の連中が「卓球やろうぜ~!」と言い出した。

全員で卓球場へ向かい、学校の持ち物であるラケットをガサゴソと出して来るクラスメートの男子たち…
…その時、僕はシェイクハンドのラケットをペンホルダーの持ち方で持っている連中が大勢いる事に、すでにかなりカチンと来ていたんだけど…
すると、クラスのお調子者の男(勿論、名前は忘れた)が「勝ち抜き戦をやろうぜ~!」と言い始めた…

「出席簿順に前に出て試合をし、最後まで勝った人が優勝」という卓球大会が始まったんだけど…まぁ~~~!曲がりなりにも卓球経験者の僕からしたら、さっきのラケットの持ち方は勿論!サーブの時にボールを手で持って打ち出す時点であり得ない!!!!!!!!

確か8番目くらいで台の前に立った僕。
手にしたのはシェイクハンドのラケット。相手の運動部員は、普段マンガばっかり描いている僕を舐めてかかったのか、「おい漫研。サーブ打たせてやるよ」と言ってボールをこっちに寄越して来た。
そこで、僕はラケットを台に対して水平に構えて、ボールを軽くポーンと投げ上げた後に、ボールの下部分を擦って逆回転をかけて打ち出してやったら…

はい!簡単に討ち取ってやりました~!

相手はただラケットをボールに当てて打ち返しただけで回転の事を考えていないから、ボールは真っ直ぐにネットへまっしぐら!
その途端、「…何だ?今のサーブ…?」とざわつき始めたクラスメート達。

次に僕の相手になった男も「いいよ。サーブ打たせてやるよ」と言ったので、また同じサーブをだしてやったら…

はーい!また返せなかった~!

この辺から、どうやら僕は卓球経験者だと言う事にクラスメートたちも気付きだしたようで、運動部のプライドが許さないのか次に相手になった男は「よーし!今のサーブやれよ!俺が返してやるよ!」と言い出した。
そこで同じサーブを出してみたら…また勝った~~~!

それから10人くらい、斉木楠雄よろしく一言も発しないまま運動部員たちを次々と討ち取っていたら、その中の1人が「おい!そのサーブ禁止な!」と急に言い始めた。

「…何だよ、打ち返せない方が悪いと思うんだけどなぁ~」と思いながら、「じゃあ、回転をかけなきゃいいんだな?」と言う事で、次から、中学生の時に練習して覚えた、回転はかかっていないけど速くて深い所まで飛ぶサーブを出してみたら…

ラケットに当てる事も出来なくなるという!

それから3人くらい倒した所で何だか面倒臭くなって来たので、適当にサーブミスをして台から離れたんだけど…
まー!その後、教室に戻ってから以降…

さらに孤立するというねッ!

ここまで書いてみて、あの頃の僕は今より更にひねくれていたは確かだけど、それにつけても性格悪いから孤立しても仕方ないな~!
尤も、最初にクラスメートがバカにして来たのも問題だと思うけど!
…まあ、この後。「このクラスと行っても辛いだけ」と思って…修学旅行へ出発する日を欠席しまして…結局、高校3年間で欠席したのはこの日だけで皆勤賞を逃す事になるんだけど…
ま!帰って来たお金でネオジオ本体を買えたから良しとしよう!
卓球女子団体、銅メダル!

いや~!昨夜、酒を飲みながら観戦していて、日本が勝った瞬間に「ヤッターーー!」と、その台詞といい、両手をあげた万歳ポーズといい、そしてメガネ顔といい、ドラマ「ヒーローズ」のあの人と見紛う感じで叫んじゃったわ!田舎だからまだしも、1人暮らしの頃だったら間違いなく苦情がくるレベルで!

石川選手の安定感、伊藤選手の「え!?そこから強打を狙う!!!?」という超強気な攻撃的プレイにワクワクしたけど…まー!やっぱり何と言っても…

愛ちゃんだよな~!

何しろ、こちらは彼女が4歳の頃からテレビで観ているんだから、どうしたって感情移入しちゃうわ~~~!!!!!!
幼い頃から「天才少女」と注目され…「勝って当たり前」と思われるようになり…怪我に泣き…復帰してからも負ければ何だかんだと言われて…ただでさえずーっとプレッシャーの中に置かれていたのに、更に日本チームの主将を任されてのオリンピック出場…

僕だったら、こんなプレッシャー耐えられない!!!!!!!

もーう!
こんなに凄まじいプレッシャーに耐えて!シングルスは取られたけど石川選手が圧倒的な強さで1試合取り戻し!その後のダブルスで自身も1試合取り返して!そして伊藤選手がシングルスで勝利した瞬間、隣の石川選手と泣きながら抱き合う愛ちゃんの姿を見たら…!

そりゃ泣いちゃうでしょうよ!!!!!!!!

子供の頃は、負けそうになるとすぐに泣いていたあの愛ちゃんが、強い意志を持った表情でずーっと後輩達の試合を見つめて、銅メダルが決まった瞬間とうとう泣き出したのを見たら…その涙に、”嬉しさ” ”辛さ” ”重圧”と、「どれだけ色んな思いが込められているんだよ!」って感じて…そして酔いの勢いも手伝って…

鼻水出るくらい泣いたわ!

年を取ったから涙腺がバカになって来ちゃってるのもあるけど…もう愛ちゃんは「遠い親戚の子」って感じなんだよなぁぁぁ…!

中学の時に卓球をちょっと齧った事がある(中1の春から中2の夏まで卓球部にいた。ちなみにカットマンだった)者としては、卓球が脚光を浴びるのは嬉しい限り。
あの頃は…「卓球部は暗い奴らの集まり」って言われたもんだけど…

卓球は暗くないし、凄いスポーツなんだぞッ!

あの頃、同じ中学に通っていて、卓球部を小バカにしていた他の運動部員やヤンキー達の多くも、今回の試合を観戦したと思うけど、「暗いなんて言って悪かった!」って思ってくれたらいいな!

あと…
…オリンピックは観ていると面白いんだけど…あんまり選手に「国」って物を背負わせすぎるのはどうかと思うな~…

最近、猫が足りていない!

うちの地元にも何箇所か、人懐っこくて撫でさせてくれる猫がいるポイントがあるんだけど…ここ最近の暑さのせいか日中はどこかに隠れてしまっていて…全然猫に触れていない!!!!!!!

…そこで、「ここへ行けばさすがに…!」と思われるポイントへ行ってみる事にした…そう!ここで何度も触れて来た…

まんじゅう猫の所へ!

まんじゅう猫、案の定、道の隅っこで毛繕いをしていやがったぁぁぁ!
向こうも僕の顔を覚えているらしく、僕に気付いた途端「お、アイツだ。いっちょ揉んでやろう」とこっちへ近寄って来た!!!!!!!!!

猫、道端にしゃがんだ僕に向かって真っ直ぐやって来ると…何の迷いも無く僕のお尻の下へ潜り込み、そこで寝そべるという…

謎の攻撃を繰り出して来たぁぁぁ!!!!!!!!

ハァハァ!堪らん!!!!!!!!
しばらく猫の頭を撫でていたら、猫の視線がジッと、道路の先にロックオンしている事に気付く。
「何だ?」と思って僕もそっちに目をやると…親近感が湧くくらいに小さい目をしたコリーを連れたお婆さんがやって来るのが見えた。

コリーは真っ直ぐ猫の所へやって来ると、ちょっと距離を置いた所で立ち止まり、ジーッと猫の事を見つめ始めた。
飼い主のお婆さんが言うには…

「この子、この猫の事が大好きなんだけど、猫はこの子が嫌いみたいで、顔を合わせるたびにちょっかいを出しては猫パンチを貰ってるんだ」

との事…

何だ!? そのニヤニヤが止まらない話は!!!!?

するとコリー、恐る恐る猫のシッポに鼻を近づけて…クンクンとニオイを嗅ぎ始めた!それに対してシッポの先でペタペタと地面を叩き始める猫!
「…待てよ。猫がシッポをこうやって動かしている時は…イライラしている時…!」と僕が思った次の瞬間、ピクッと上半身を動かした猫!
それを受けて…

ビクゥゥゥ!!!!!!!!

とビックリして逃げるコリー!!!!!!!!!!!!

そして、猫パンチが来なかった事から、再び猫に近寄り始め…今度は猫の頭のニオイを嗅ごうとして、コリーが顔を近づけて来たら…思いっきり迷惑そうな声で「ニャー!」と猫が一鳴き!!!!!!
次の瞬間!

ビックゥゥゥゥ!!!!!!!!!

とビックリして、軽くジャンプしながら逃げ出したコリー!!!!!!!!!

うひょぉぉぉ!堪らねぇなぁぁぁ!

「さ、もう行くよ」と、お婆さんに連れて行かれる間も、チラチラと猫の方に目をむけるコリーを見ながら…「あ~!いいモノを見た!」と、ホクホク顔になった僕。

いや~!まさか猫だけでなく犬も補充出来るとは思わなかった!これでまた明日から元気に暮らせるわ!

連日、熱い試合が展開されているリオ五輪。

僕も絵を描きながら酒を飲み、ラジオを聴きつつ柔道や卓球を観戦しているんだけど…

老いを実感するな~!

今回のオリンピック、何と言っても困るのが 12時間という時差!
うーん…高校生の頃のバルセロナオリンピックの時は…何日も一晩中寝ないで漫画を描いていても平気だったし…ブラジルほどではないものの、やっぱり時差の大きかったギリシャやロンドンの時も、酒を飲みながら平気で観戦していたのに…

今大会は途中でオネムになっちゃう!

柔道も卓球も、準決勝や決勝を中継する時間が明け方になっちゃうから、4時くらいまでは何とか頑張って起きていられるんだけど…それを過ぎると一気に酔いが回って来て…

気が付くと、その辺に倒れていて…

いつも夜の1時から飲み始める僕は、シドニーや北京のように時差が少ないと、昼間から夜という調度いい時間に中継があるから、酒を飲み過ぎる事は無いけれど…今大会は夜中の1時からが正に「ゴールデンタイム」の始まりで…

「よーし!次の試合まで観よう!」「ここまで来たら次も観よう!」ってやっていると…自然と酒量も増えて行って…記憶が無くなって…
…ふと気が付けば居間の床の上だったり…酷い時はトイレを出た所で倒れていた事もあったりという事を、ここ数日続けていまして…
更に…うーん、倒れこんだ時に暑かったのかな~?Tシャツも短パンも脱いじゃって…

パンツ一丁になってた事もあって…

徹夜する事がなんでもなかった10代…酒を飲んでも記憶が無くなる事はなかった20代…うん。

明らかに老いが忍び寄っているな…

…残りのオリンピック期間中、記憶が無くなる事のないように気をつけます…


「昔のロボットアニメを観ようブーム」で、現在「機甲猟兵メロウリンク」を観ている。
「メロウリンク、面白いな~!スパロボに出ないかな~?」と思ったけど…メロウリンクは生身でロボットと戦うので…スパロボの「改造」となると、途端に”いけないおクスリ”のニオイがしちゃうからダメかな~?…と思ったら…もう出ていたのね!知らなかった!
今日は今年から初めて制定された「山の日」。

「山に親しむ日」という事なので、地元の山「天覧山」に登るというベタな事をやってみる事にした。

これが登山口。
ちなみにこのすぐ近くには、世界でここだけにしかない鉄腕アトムの銅像があります。

登山口からちょっと行った所にある分かれ道。山頂へ行くには右に行きます。たぶん、ポケモンが捕まえられます。

ここからいきなり勾配が急になる。
ここへ来る間、6人くらいの家族連れが、道の脇に集まって何かを見ている所に遭遇。
追い抜き時に「何を見てるんだ?」と思って目をやったら…カマキリだった…カマキリの何が珍しいんだ?

ここで更に勾配が急になる…
あと、この道は時々マムシが出るので注意!

坂を登り切ると突然こういう開けた中腹に出る。ここから隣にある多峯主山へ行く事が出来る。

中腹から山頂の方へ向かうと、こういう歩きづらい岩場に(ここの直前の分かれ道を右に行けば、もっと緩やかな登山道もあります)。

この岩場には5代将軍・徳川綱吉の生母・桂昌院が綱吉の病気平癒のお礼に寄贈した五百羅漢が祀られています。
…以前はもっとたくさん羅漢像があったんだけど…数が随分減っていたなぁ…

今は鎖で降りられなくなっているけど、僕が子供の頃、実はこの左側の道を行くと小さな洞穴があった。その洞穴の上がちょっとした崖上りの名所で…中学の頃に部活の体力作りで何度か崖上りをやらされた事がある…もちろん 命綱なしで。

そして山頂に到着!

山頂から市街地。

そして奥多摩と山梨方面。
天気が良ければ写真左側奥に富士山が見える。

何年か振りで久々に天覧山に行って来たけど、地元を舞台にしたアニメの影響か、山の日だからか、結構な登山客がいてビックリした。
あと、山頂はポケモンが出るらしく、20代前半くらいのお兄ちゃんが2人、夢中になってスマホをいじっていた。

そして帰り道。
何か黒いモノが、前方の道を横切って行ったので、そっと近づいてカメラを向けてみたら…

 !?

「え!!?犬?」と思ってよく見たら…可哀相に皮膚病になってしまったらしいタヌキだった。
しばらくこっちを見つめた後、2匹一緒に森の中へ消えて行った。

最初の急勾配を越えれば後はそんなにキツイ道ではないので、どんどん飯能を訪れて、 お金を落として行って下さい!

お知らせ!

今週土曜日の「名探偵コナン」に「大城努」役で出演します!

よろしくお願いします!
暑い!

あまりの暑さで人型を保つ事が出来なくなり、ここでは毎度お馴染み、というか他に表現方法は無いのかと言われても仕方が無い頻度で登場する、「妖怪人間ベム」のオープニングに登場するゲル状生物になって都内を徘徊。

「都内の最高気温37度って噓だろ~!絶対40度はあるって~!」と思いつつ、体を深緑色のゲル状にしながら、ズルズルと街を進んでいる途中ふと周りを見ると…
一時期ほどではない感じだけれど、まだまだポケモンを探しながら歩いている人達をあちこちで見かけた。
そのほとんどが、明らかに僕より年下に見える人達で、僕と同年代の人はあまり見かけなかった。
そこで、「僕達や、更に上の世代も食いつくコンテンツって無いかな~?」と考えたんだけど…

「水木しげる先生の妖怪」はどうだろう!?

僕ら昭和最後のガキ世代から上(60代前半くらいまでかな?)の人達って、鬼太郎による「妖怪ブーム直撃世代」だから、妖怪を集めるゲームだったら、僕もタブレットを持ってすぐに始めるんだけどな~!

聞いた話だとポケモンGOは、特定の地域にしか出現しないモンスターがいるらしい。…でも僕らおっさんには、「出身地ってわけでもないのに、何で特定の地域に行かないとゲット出来ないモンスターがいるの?」って思っちゃいまして…

しかし!

それが妖怪だったら!
「各妖怪の伝説が残る地域に行かないと捕まえられない」っていう設定もすんなり理解出来るッ!
たとえば…

・子泣き爺=徳島

・一反木綿=鹿児島

・砂かけ婆=奈良と兵庫

・ぬらりひょん=岡山と秋田

っていうように、特に人気の高い妖怪はその地域に行かないと現れないって設定にすれば、僕らより上の世代は、割りと趣味にお金を使う人達が多いから、出かけて行ってその地域にお金を落として来ると思うんだけどな~!

「だいだらぼっち」は伝説が残る場所全てに出現するようにしてくれれば、うちの近くの芦ヶ久保もその場所になるし、だいだらぼっちを捕まえた後は近くの農場で果物狩りをしたり、ちょっと足を伸ばして横瀬や秩父の温泉に入ってもいいし!

うーん!これはどう考えてもビッグビジネスになると思うんだけどなぁぁぁ!!!!!!!
もっとも、同じ事をすでに数万人くらいの人達が考えているかもだけどッ!

たぶん埼玉では… 袖引小僧 がゲット出来るようになると思う!…しかしこの日記、「妖怪人間ベム」と共に、袖引小僧も本当によく出て来るなッ!
高校野球とオリンピックが始まり、僕も主に夜中に絵を描きながら観戦しているけど…最近、「何だそれ?」というニュースを耳にした。

「大分代表校の女子マネージャーが、ユニフォームを着てノックの練習に参加した所、大会側から止めるように言われた」んだとか…
止めさせた理由は…

「危険防止の為、グラウンドに立つのは男子のみと規定されている」からだそうだけど…
うーん、これを聴いた僕の第一印象は…

「…はぁ?」。

「危険防止」だったら男子も立たせちゃダメじゃないのかなぁ~…?
…どうにもこの「危険防止の為」って文言は…一見「女性の為」って感じるけど…その裏側に「女人禁制」というか、「グラウンド上は神聖な場所」っていうような、言っちゃえば時代錯誤感がある気がするんだよなぁぁぁ…

2020年の東京オリンピックでは野球とソフトボールが正式競技に復活したんだから、今後はそれに向けてどんどんと女子野球にも門戸を広げて行くべきじゃないかと思うし…もういっその事、男女混合チームとかがあってもいいんじゃないか、というか、その方が面白くなるんじゃないかと思うんだけどな~…

水原勇気が実在したら、それはとても面白いと思うんだけど…
ま、男女混合チームの新設って事が話されるような風潮になったらなったで、「健全な育成の妨げになる!」とかって騒ぎ出す”おじさん”達が現れるんだろうけど。そっちの発想の方がよっぽど健全じゃないと僕は感じるけど!


しかし、絵を描きながらオリンピックを観戦していると…今から24年前の高校2年だった時に、秋の文化祭で所属していた同好会が販売する漫画雑誌に掲載させるオリジナルの漫画やイラストを、毎日徹夜してせっせと描きながら、バルセロナオリンピックを観戦していた事を思い出す!

漫画の扉イラストと1ページ目2ページ目を描いていた頃に、同い年の田村亮子さんが銀メダルを獲得したのを観た記憶がある…あと、岩崎恭子さんが金メダルを獲って「今まで生きてた中で、一番幸せです」っていう、あの名台詞を言った時に…

「僕より年下じゃねーか!」

って驚愕しながら、目の細かいスクリーントーンをカッターで切っていたのを、ハッキリと覚えているな~…
あとはカヌーや高飛び込みといった、いわゆるマイナー競技を「面白いな~!」って思いながら観戦してたっけ。
最近のオリンピック中継は、マイナースポーツをやってくれなくなったけど、今回のブラジル大会は…ちゃんと放送してくれるのかなッ!!!!?

それにしてもあれから24年…
まさか41歳になって鉛筆で似顔絵を描いているとは、当時は全く予想してなかったな~!
…ま、「40過ぎても独身かもな」とは予想していたけどッ!

映画を観て来た!

「シン・ゴジラ」!

これまでに観た事があるのは「ゴジラ対モスラ」、84年の「ゴジラ」で、どちらもゴジラが地球人を守るヒーローではない作品しか観た事がないのと、1作目のゴジラで、「ゴジラは放射性物質を撒き散らす人類へ復讐する為に現れた」という設定がある事を知ってから、「ゴジラ=破壊神」という認識の僕。
今回の「シン・ゴジラ」は正にその「破壊神的ゴジラ」であり、しかも庵野秀明監督作品という事で、楽しみにして(まだ昨夜の酒が薄~く残った頭で)朝から映画館へ出かけて行った。

4DXという事で、「うひょ~!あのゴジラが3Dで飛び出す上に、歩く度に座席が揺れたりするのか~!楽しみだな~~~!」と思いながら劇場へ到着。
持参した3Dメガネをバッグから取り出し、ロッカーへ荷物を入れてスクリーン入口へ向かったら…

「当作品は3Dでは無いのでメガネは必要ありません」

とスタッフさんに言われ…「あ、じゃあポッケにしまっておきます」と気持ち悪い笑顔で返す僕…

夏休みという事もあって、平日の午前中なのに結構お客さんが入っていた。やっぱりヒットしてるんだな~。

そして映画が始まり…ゴジラが登場した瞬間…僕も含めてお客さん達全員が…

「…えぇぇぇぇぇぇ!!!!!!?」

って思ったのは絶対に間違いない!!!!!!!!!
しかしそれからしばらくして、今度は…

「おぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!」

となるんだけどッ!(これは観ないと解らない!)

そして、ゴジラがついに放射性ビームを口から吐き出そうと…「風の谷のナウシカ」の巨神兵、「ふしぎの海のナディア」のバベルの光、エヴァの「ヤシマ作戦」などでお馴染みな、いわゆる「庵野レーザー」演出が炸裂した瞬間…

「待ってました!」

と心の中で叫んでしまった!(不謹慎かもだけど)


細かい内容は書かないけれど、結論から言うと…

「シン・ゴジラ」、面白かった!!!!

ゴジラ映画だけど、ゴジラが暴れる時間って120分の上映時間中、実質40分をちょっと越えるくらいかなって感じだった。
じゃあ何が面白いかというと、「ゴジラ」という未曾有の”大災害”に国の為政者たちが翻弄させられる姿をメインに映していた所!
しかもゴジラだけでなく、諸外国からも圧力をかけられて…と、「人類にとって絶望的で危機的な事態がもし起きた場合、国や世界はこんな風に動く」というシミュレーションを見せてくれたのが物凄く良かった!
作中、一度も「怪獣」という言葉が出て来ない所もリアルだったな~!

あと作中に、現実にも実在する「ある作業車」が登場するんだけど…この車両が登場した事で、今回のゴジラが一体”何”を暗示しているのか感じる事が出来た。

そして、ピエール瀧さんが自衛隊の現場指揮官役で出演されていたのが、名作ゲーム「SIREN2」好きな僕には堪らなかった。

「シン・ゴジラ」、とにかく面白いのでオススメです!


映画を観た後にラーメンを食べたんだけど…お店のサービスで食後にコーヒーが出るって書いてあったのに…出してもらえなかったなぁ…
アマゾンプライムで観る事の出来る海外アニメ「クリエイティブ・ギャラクシー」。
僕はこの作品の中で「キャプテンペーパー」と「スケッチ」という2役を演じているんだけど、今週の月曜にこの「クリエイティブ・ギャラクシー」の飲み会があったので参加して来た。

その席に、共演しているアクセント所属の橋爪紋佳さんが…

キャプテンペーパーのお面を作って来てくれた!

しかも、「紙の工作」にこだわるキャプテンペーパーのキャラに合わせて、紙で出来ているというこだわりよう!

これはキャプテンペーパーの髪の毛部分なんだけど、このクルッと丸まった感じが原作通り!

更に裏側を見ると、顔部分だけで4枚(黄色い紙2枚に白い厚紙1枚、そして鼻に1枚)使っているという作りこみよう!そしてこれらの紙を留めるホチキスの針の色も、青で統一するという心遣い!

ニクイぜ!

話を聞いたら、何でも橋爪さんは子供の頃から切り絵を作っているそうで(このお面も30分で出来たと聞いて驚いた!)、しかもアーティストのCDジャケットになった事もあるんだとか(以前制作した作品を見せてもらったら、プロ級のものばかりでビックリした)!

そうなんだよな~!
僕の似顔絵は…20年来の付き合いのある友達から「ただ鉛筆で描いてるだけじゃ押しが弱い」って言われた事があって…「切り絵」のように「もう一手間!」があるといいんだよな~!
…よし!じゃあ僕は蝉の抜け殻を拾って来てそれを粉末状にして、その殻の色の濃淡で似顔絵を描いてみようかな!!!!!? うん!明るい茶髪の人しか描けなくなっちゃうから止めておこうっと!


月曜は仕事関係、火曜は養成所生たちと終電近くまで飲んで帰ったんだけど…今日、ケータイの写真データをチェックしていたら…

こんなのがあったんだけど…

…池袋駅の電光掲示板で、月曜の帰りに撮影したのは解ったんだけど… 何でこんな写真を撮ったんだ?

酔っ払いの行動は…我ながらよく解らないな…
元横綱・千代の富士こと、九重親方が亡くなったという訃報…

僕ら、"昭和最後のガキ世代"にとっては…千代の富士こそ最強の横綱であり、「ザ・努力の人」だったんだよな~………!

角界の中では決して、恵まれた体格ではなかったのに、その弱点を補う為に体を徹底的に鍛えた結果手に入れた、あの「超人」のような肉体から繰り出される数々の技に、僕らはただただ圧倒されっ放しでした!!

平成の世になり、貴乃花との取り組みで負けた後、何の言い訳もせずに只々「体力の限界!」と涙ながらに言った貴方の姿勢に…「男の最高にカッコいい引き際」を感じて、より「男とはこうあるべき!」って思ったんだよな~…!

とにかく、僕ら世代にとって千代の富士とは、「無敵の横綱」であると同時に、"時代"そのものであったんだなと、改めて感じた…

ウルフのご冥福をお祈りします。
昨夜、以前お世話になったゲームの打ち上げで新宿へ飲みに行った。
事前に送られて来た案内のメールにお店の地図がつけられてあって、それをパッと見たら「ふんふん、紀伊国屋書店と伊勢丹会館の辺りね~。あの辺は何度も行った事あるから大丈夫だな~」と余裕をぶっこきながら現地に着いたら…

ご想像の通り迷うというね…

もうとっくに宴会は始まっているのに、全く店が見つからないまま夜の新宿をウロウロ…
僕の到着が遅い事を心配したディレクターさんから「店の場所わかる?とんかつ屋さんの隣だよ」と、ケータイにメールが届いたんだけど…

そのとんかつ屋さんはどこッ!!!!!?

っていうか、そのとんかつ屋さんの店名を教えて!
…結局、20分程ウロウロしてやっとお店を発見したんだけど…あちこち走り回ったせいで席に着いた時には…

汗だくだく状態で…

まー!女性陣から引かれた引かれた!
その後、ハイボールとウィスキー、焼酎を普通だったらドロヌーバくらいの泥になっても不思議じゃない量飲んだんだけど、そこはホラ、仕事でお世話になっている皆さんとの飲み会なので、ちょっとテンションが上がったくらいまでしか酔いが回らなかった。

しかし気が付けばそろそろ終電。
僕は田舎に住んでいるので、他の人たちよりその時間が早いので先に帰らせてもらう事になったんだけど、店を出てから飯能駅の改札を出てしばらく行った所で「ハッ!」と気付くまでの記憶が無い…
…ま、「人間の帰巣本能って凄いな」って事で!
その後も家に帰ってから、金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」を聴きながら、一人で飲んだんだけど。


そして今日の昼過ぎ。
酒の残った状態で外を歩いていたら…

ポ獣発見!

地面の石が冷たくて気持ちいいらしく、お昼寝していた所を撮っていたら、むっくりと起き出して来て…しゃがんだ僕のふくらはぎに、無言のまま額を「グッ!」と押し付けてくるという謎の攻撃を繰り出して来た。

こうかはばつぐんだ!
たくさんの人達が連日ポケモンを探して歩いているここ数日、僕も地元をぶらぶらしながらポケモンを探して回ってみた!


ポケモン、ゲットだぜ! (ポケモンよく知らないんだけど、捕まえた時はこう言うんでしょ?)

怪しい人間である僕が、ケータイを向けながら近寄っても逃げる様子がない、度胸のあるポケモン!
この後、頭を撫でたら額を僕の掌へ押し付けてきた!

「こうかはばつぐんだ!」


 地元にあるアパートの屋根付き駐車場の下で一休み中だったポケモン。

周りの人から見たら「…この人、何を撮ってるの?」って怪しまれるレベルの、かなり遠くの位置からカメラを構える僕を、こんなに警戒した表情で見つめる用心深さ!

「こうかはばつぐんだ!」


逃げられた!

カメラを構える僕の顔を、物凄く怪しんだ目でジッと睨みながら通り過ぎていったポケモン。
でも、その短い尻尾が僕の…

「きゅうしょにあたった!」


 市内の某月極駐車場にいたポケモン。

もっと他にも横になる場所はあっただろうに、わざわざ人目につきやすい道路に面した所で昼寝するサービス精神…!

「いちげきひっさつ!」


 空き地の草むらでたそがれていたポケモン。

何だか眠そうなその表情…

「こうかはばつぐんだ!」

先日、養成所で「ポケモンが出た頃はもう社会人だったから…正直、ピカチュウくらいしか解らない」って言ったら物凄くビックリされた僕。
そのおかげで、前回書いた病の度がちょっと進んだので…今後も街のあちこちで「にゃーにゃー」鳴きながら毛繕いをしている 「ポ獣」 (←ポケモン)探しをがんばります。
今朝、仕事に行く際の通勤電車内。

えぇえぇ!

僕はブルジョワジーですから!

”スタジオ近くのコンビニで100円出してお茶を買うのが嫌で、前日の内に地元のディスカウントストアで1本68円の麦茶を買ってそれをバッグに入れて、ちょっと重い思いをしながら出勤する”ってレベルのブルジョワジーですからッ!
池袋へ出るのに運賃の他に500円かかる特急に乗ったんだけど!(…本当は、乗るつもりだった快速電車が目の前で発車してしまったので…血の涙を流しながら仕方なしに特急に乗ったんだけど…)
車内に入って周りをザッと見回してみたら…確認出来ただけでも5人!

「ポケモンGO」をやっていた!

その後、池袋に着いてから有楽町線のホームへ向かう間、スタジオの最寄り駅からスタジオへ向かうまでの間。更に昼休みで食事をしに外へ出たら…このスタジオの近くには超有名な神社があるんだけど…その境内の周りを何人、そして何組もの”絶賛歩きスマホ中”の人たちとすれ違ったけど…配信からまだ一週間も経っていないのに… 凄いな!

夕方に仕事が終わり、まだ時間が早かったのでぶらぶらと神楽坂までやって来て、その周辺を歩いたんだけど…
まー!狭い路地のあちこちにも、ポケモンを探している人たちがいたわ~~~!!!!!!!!

もうこうなって来ると…ただ単にスマホを持って歩いているだけの人を目にしても…「あの人もポケモンGOをやってるのか!!!!?」って思っちゃうレベルになって来た!!!!!!!!
これはきっと、これだけの人達が夢中になっちゃうくらいにゲームがよく出来ているんだろうけど…じゃあ「始めるか?」となったら…えぇ~…ここに何度か書いたけれど…
僕は…例えば電車に乗っている時に「生放送中のラジオにメールを送ろう」と思っても…周りを見て2人以上ケータイを操作している人がいたらメールを断念するって言うくらいに…

他人と同じ行動を取るのが恥ずかしくて堪らない病 を長く患っていまして…

そんな僕が…「スマホを持っている=ポケモンをやっている」と感じるような状況になりつつある巨大なブームに…

すんなり乗る事が出来なくて!!!!!!!

今日、街中でタブレットを手にしてポケモンを探していた、着物姿の50代くらいの女性を見かけたので、タブレットでも出来るのなら僕も今すぐ始められるんだけど…まぁ~~~…まぁぁぁ~~~~~…もし始めるとしても、もっともっとも~~~っとブームが落ち着いてからだなぁ~!
ちなみに、真夏の地下鉄駅構内にある冷房の送風機の真ん前では、水ポケモン「アセダルマ」こと、僕がゲット出来ますよ!

夕方、街をぶらぶらしていたら、ある路地裏でこんなポケモンに遭遇した。
ついに日本でも配信が開始された「ポケモンGO」。
配信開始日だった昨日、火曜日の仕事の台本を受け取りに都内某所のスタジオへ向かったけど…まず、うちから飯能駅へ向かう間。そして池袋から山手線に乗り換える通路。駅からスタジオへの道で…まー!すれ違った!すれ違った!

「ポケモンGO」をやっているらしい人達と!

いつもより歩きスマホをしている人が大勢いたな~…

ニュースでは配信前から、「ポケモンを追って軍施設や原発にファンが入っちゃった」とか、「厳粛な場所でファンがポケモン探しに走り回っていた」とか、「ながら運転で交通事故が起きた」など、海外での熱狂ぶりを報じていて、中には「歩きスマホを助長するんじゃないか」とゲームを否定するようなコメントを耳にした事もあったけど…

あのぉ、こういう新しいツールが世に出る度に思うんだけど…
事故が起こるかどうかは ゲームのせいじゃなくてユーザーの意識の問題 じゃないのかな~?

「ポケモンGO」は歩きスマホ対策として、画面を見ていなくても近くにポケモンが現れると、振動や光で教えてくれる機能がついているって聞いたけど、僕が見聞きしたニュース番組じゃどこもこの事を言ってなかったんだよなぁ…

…うーん。
「ポケモンGO」が出ても出なくても、結局歩きスマホをする人はすると思うけど…普段は歩きスマホをしないのに、このゲームをやりたいからやってしまっている人や、「歩きスマホはダメ!」って理由でゲームをやらせてもらえない人もいると思うので、そういった人達のためにも「ポケモンGO」に関してニュースで扱う際は、ファンの過熱ぶりや「水死体を見つけた」っていう”珍事”だけではなく、「歩きスマホをしなくても出来る。むしろ絶対にしないで!」って事もちゃんと伝えて、

「あの人、歩きスマホしながら遊んでる~!そんな事しなくても良いのにね~!うぷぷ!」

って風潮に持って行って欲しいんだけど…
かく言う僕は、まずスマホを持っていないので…「ポケモンGO」を始める予定は今の所無いんですが…


しかし、まー!歩きスマホの何がムカつくかって!

「何でコッチが避けなきゃいけないんだ!」 って事ですよッ!

「周りを見ないで歩く」という危険な事をやっている人のために、何でコッチが避けてやらなきゃいけないんだ!!!!? 避けるべきなのはソッチだろうにッ!!!!!!!
なのに…まー!歩きスマホをしている人は、スターを取ったマリオばりに突進して来るから怖いわ~~~!!!!!
一刻も早く、「歩きスマホを見かけたら問答無用で取り上げて、そのスマホを桃白白の柱よろしく全力で遠くへ放り投げて良い」法を作って欲しいな~!
涼しい!

昨日までのバカみたいな暑さが嘘のように今日は涼しい!
ここ最近、リフォーム中でエアコンが使えない部屋(全部の工事が終わったらエアコンが付くらしい)で仕事のチェックをしているもので、連日 パンツ一丁 になってチェックしていたけど、今日くらい涼しいと上半身裸で大丈夫!
これからしばらくの間はこんな感じで涼しいらしいので、とりあえずホッとしている。

午前中に次の仕事のチェックを徹底的にやり、午後2時頃に街をブラブラしに出かけた。
やっぱり、長袖じゃないとちょっと寒いくらいが、汗っかきの僕には丁度良い!
中途半端に発展した地方都市を歩いていたら、ある住宅街の路地に茶色い柴犬を連れたおばさんが立っているのが見えた。

このおばさん、連れている柴がクンクンと道端の草のニオイを嗅いでいるのに付き合って待っていてあげている様子。
柴は飼い主のそのご好意に甘えて、「これでもか!」というくらいにクンカクンカと草のニオイを嗅ぎまくっていたんだけど…

気が済むまで草のニオイを嗅いで、柴が顔を上げた直後…

死に物狂いになって自分のシッポをグルグルと追いかけ始めた…!

うーん!
顔を上げた時に、シッポが視界の端に入って「何だコレ!!!!!? 美味そう!!!!!!!」って思っちゃったのかな!!!? 「ぐわん!ぐわん!」って、ちょっと引くぐらいの怖い声を出しながら、もう少しでバターになっちゃいそうな物凄い勢いでその場をグルグル回っていたんだけど、それを見ている飼い主のおばさんが至って冷静で!

…ひょっとして、いつもの事なのか!!!!!?

飼い犬がグルグル回り出したのを見たのが、初めてだったり慣れていなかったりしたら、多少はビックリするなり笑っちゃうなりするだろうにッ!

…数十秒その場で回り続けた後、「ハッ!!? 俺のシッポか!」と気付いたのか、突然ピタッと止まって何事も無かったように散歩を再開した柴とおばさんの後姿を見送りながら…
犬派の人がよく…「犬は賢いけど猫はバカ」っていうのを耳にするけど…それは人間と一緒で、あくまで個体差の問題であって…

犬もおバカな子は相当だぞッ!!!!!

という僕の考えが確信になった瞬間だった。

ナレーション録りの為に、朝から目白台へ向かう。

もうかれこれ3年近くお世話になっている番組だけど、とても高いテンションを求められる事と、「ナレーションは一発で聴き取れるはっきりした発音を!」という事を自分に課しているので、毎回毎回マイク前に座る度に第一声を発するまで「上手く出来るかな…?」と緊張してしまう…

ところが、フタを開けたら順調に進む進む!

特にミスをする事無く2時間で終了。
それからしばらくスタッフさんと話をしてスタジオを出た。

天気もいいし、ちょっと暑いけど池袋周辺をぶらぶら散歩して行くかと思い、独り暮らししていた頃に頻繁に歩いていた雑司が谷付近へ向かう事にした。

「うーん、ただ歩くのもつまらないな~。今日はもう特に用もないし… 酒でもチビチビやりながら歩くかな~!!? 」と思い、途中にあったコンビニに立ち寄った。

歩きながら飲むとなるとビンボトルの方が蓋出来るし良いかなと、清涼感のあるスミ〇フを1本取ってレジへ向かったら…店内はちょっと混雑していたけど、店員さんが1人でレジ応対をしていたので、会計待ちで4人くらいの列が出来ていた…
その列に並んでいたら…僕の前で並んでいた50代くらいのおじさんの前に…弁当とお茶を入れたカゴを手にしたガテン系の兄ちゃん(20代後半くらい)が…

シレっとした顔で割り込んで来ましてッ!



はぁぁぁぁ!!!!!!?

おいおいおい!みんな並んでんだよッッッ!
忙しいんだか時間が無いんだか知らないけど、お前もちゃんと並べやぁぁぁぁ!…と思っていたら…その兄ちゃんの仲間らしき連中が4人やって来て、兄ちゃんの持つカゴの中へ自分の弁当や飲み物をドサドサ入れ始めて…!

うおぉぉぉぉい!!!!!!!!!

おい!お前たち、今日は僕の機嫌が良くてラッキーだったな!
もしゴキゲン斜めだったら「AKIRA」の鉄雄ばりに、僕を中心にして球形の力場を発生させて、お煎餅みたいにペッチャンコにしちゃうところだったぞ!…と、妄想するしかないじゃないですかッ!
だって、相手はガテン系が5人… 危ないもの!
…ただ、そのまま逃がすのも癪なので…

「今後一生、指関節やくるぶしみたいに、刺されたら他の箇所より痒くなる所を定期的に蚊に食われるようになれ!」

という、緩い呪いはかけておきましたよ!

その後、酒をチビチビやりながら雑司が谷周辺をブラブラ。
疲れたので某ハンバーガー店に入り、コーヒーを飲みながらモンハンを開始したら…装備の強化に絶対必要なんだけど、出現率が1~3%という超激レアアイテム「天廻竜の光玉」が…

1クエスト中に2個出るというミラクルが起きた!!!!!!!!

しかも僕が欲しかったのが丁度2個で!
あれかなッ!!?
さっきコンビニで嫌な事があったから、その分の相殺で起きたミラクルなのかなッ!!!?

ま、結局!今日は良い日だったな!
約1ヵ月半振りの似顔絵更新!

今回は前回との連作!

で、一気にここまで。…と言ってもここまで来るのにすでに一週間ちょっとかかったけど…

更に描き進めるも…うーん、何だかお手本にしている写真との違和感が拭えない…

手を軽く描き込んで右側にも目標を作り、輪郭を少し直してみた。

服を決めてしまおうと描き込みを始める。
そしてその後、更に輪郭を修正して…

 出来上がり~!

うーーーん…正直、ここまで時間がかかるとは夢にも思わなかった…!

さて、誰でしょうか!?

前回の答えは広末涼子さんでした!…という事は今回は…?
これも先日の耳鼻科で起きた話。

小さい子供も大勢受診に来るので、この病院の待合室には、子供達が遊びながら待っていられるスペースがあって、この日も数組の親子連れがそこで順番が来るのを待っていた。

その中の3歳くらいの女の子が、あちこちをピョンピョンと跳ね回ったり、大きな声でお歌を歌い始めたりお話をし始めたりと、とにかく元気で。
お母さんがその子の妹らしい赤ちゃんをあやしながら何度も「静かに!」と注意しても、その直後はちょっとだけ静かになるけど全く言う事を聞かず…

僕ぐらいオッサンになると、子供が騒いでいようとそんなに気にはならないけど…待合室にいた中学生や大学生くらいのお兄ちゃんたちは、明らかに迷惑な顔つきをしていて…
病院側もさすがに困ったのか、看護師の女性がその親子の所へ「診察の妨げになりますので…」と注意しにやって来た…
僕も「まあ、病院だし…もう少し静かにした方がいいよなぁ…お母さんも大変だな」と、さすがに思ったんだけど…

そうしたら、その子の妹が突然「わ~~~ん!」と泣き出した。
するとその子が妹に対して…

「迷惑でしょ!そんな大きな声で泣いちゃダメ!」

と言い出して。

「君が言うんか~い!」

と、その場にいた全員が心の中で突っ込んだのは言うまでもない!
それでも泣き止まない妹に、「よ~し!〇〇ちゃんがそういうつもりなら、お姉ちゃんもう遊んであげないからね!」と言った後、再び「ドンドン!」と元気にその辺を飛び回り始めた!

…するとその時、その子の番がやって来て「〇〇さ~ん」と看護師さんが名前を呼んだ。
「ほら、行くよ!」と、お母さんがその子の手を取って診察室へ向かい始めた途端…

「いやだ…いやだ…!」

と、小さい声で怯え始めた!
…その姿を見て、 「あ、怖かったのか!」 と理解した!
あんまり怖かったから大きな声を出して気持ちを紛らわせていたんだな!!!!? あまりにも深い悲しみと絶望を体験してしまったために、「軽口叩かなきゃやってられねーよ!」ってキャラになったデッドプールのように!うん!デッドプールの例えは間違えだった!
その後、泣く事も無く診察を受けて戻って来た女の子は、すっかり大人しくなっていたけど!

しかし、ああいう場で子供が騒ぎ出した時の親御さんの気持ちを考えると…本当に大変だと思うわ!
そういう気分を僕が味わう日はいつ来るのやらッッッ!!!!!?


「和風総本家」で、「そっくり再現職人」を観た。
職人さんの「どうかしている!」としか思えない(←褒めてます)程の凄まじいこだわりと技術力の高さに感動した!
僕も、ああいう模型に関する技術が欲しかったな~~~!!!!!!!!
以前、花粉の季節に「咳が出る」と書いたけど…
花粉の季節が終わってからもずっと、その状態が続いていて…
ただやっぱり、仕事中は全く出ないのでそのままにしておいたんだけど…さすがに心配になって来たので、先日地元の耳鼻科へ受診に行って来た。

うちの地元は何故か耳鼻科が少ないのと、実際に評判が良い事からいつも混んでいるこの病院。
この日も老若男女大勢の患者さんが待合室の座席を埋めていた。
「あ~…こりゃ1時間は待つようだなぁ…」と思いながら空いた座席に腰を下ろし、持って行ったファミ通を読み始めた。

投稿コーナー「ファミ通町内会」を読んでいたら、僕の右隣に座った、5~6歳くらいの男の子を連れた若いお母さんが、様々な職業の仕事内容を解説した本を子供に読み聞かせしている声が聞こえて来た。

母親「宇宙飛行士」

子供「宇宙に行く人!」

母親「そうね~、宇宙に行って色々な実験をしたりする人たちね~。じゃあ次は…」

子供「べんごし?」

母親「

子供「ふーん」

と言ったように、母親が職業の名前を言った後に、子供がその仕事内容がどういうものかを知っていたら答えるというやり取りをしていたんだけど…その母親が

「サッカー」

と言いまして…
それに対して子供が 「長友~!」 と答えたんだけど…それを受けた母親が 「違う違う」 と返して…

それを聞いた僕は「え!? 何が違うの!!!!?」とビックリしたんだけど、次にその母親が…

「サッカーは、小説を書いたり絵本を作ったりする人!」

と言いまして…
要するに…

「作家」を「サッカー」と全く同じアクセントで言っていたようで!



普通、間違えるかッッッ!!!!!?

そのお母さん、他の職業の名前については全く間違えずに発音出来ているのに、何故か「作家」だけ「サッカー」になっちゃっていて!
当然、「長友」と答えて「違う」と言われた男の子は「え!? 何が違うの?」と混乱気味だったけど…

周りの人たちも全員「え!?」ってなってましたよ!

ここで僕は「…どうしよう!言葉で飯を食っている立場として注意するべきかな!!!?」と思ったんだけど…綾野剛さんばりのマスクを持っているならともかく、僕のような 「幻の6人目(奇面組の)」 のような珍面じゃあ、「声かけ事案」になりかねないと思い、何も言わなかった…

そして約1時間待ち、診察の順番になったんだけど…ちょっと喉を見た後に薬を処方されてお終いだった…
「え?もう終わり?」と思いながら薬局に行って薬を出して貰って帰宅。
それから処方された薬を飲み続けたら…

あれ?咳が止まったぞ?

薬を飲み始めて3日目には、あんなに苦しんだのが嘘のように咳が出なくなった!やっぱりお医者さんって凄いな!
先月から導入された、西武池袋線ときゃりーぱみゅぱみゅさんのコラボ車両。
地元の線路を走っている所や、駅に停車中の所をこれまで何度か見て来たんだけど…たった1編成しかないので、なかなか乗車するチャンスが無かった…

それが今日の仕事帰り。
有楽町線から西武池袋線に出たら…僕が乗ろうとしていたのがコラボ車両だった!!!!!!!!

全体がピンク色で、側面ドア部分にきゃりーさんの写真が描かれたのが特徴なこの車両。
「わ~!遂に乗れるぞー!」と思いながら乗車すると…

なるほど、中はこうなっていたのか!

車両側面上部や中吊りの広告が、全部きゃりーさんの写真やヒット曲のチラシ(?)になっていて、ドアには各車両ごとにきゃりーさんの曲のタイトルが書かれていた。

全体的に「かわいい」と感じる雰囲気だな~と思ったんだけど…時刻は午後8時20分。
帰宅ラッシュ中の時間と言う事もあり…

暑さと仕事でクッタクタになった大勢のオッサン達が、ギュウギュウ詰めになっている

という光景が、車両の「可愛らしさ」とのギャップもあってか…

何だかオッサンたちが変に愛らしく感じられて仕方がなかった!

もっとも僕自身も、「暑さと仕事でクッタクタになったオッサン」の1人ではあったんだけど。

そして今、これを打っている3時40分過ぎ…

疲れで眠くて仕方がない!!!!!!!!

…何度もウトウトしながら何とかここまで書きました…寝ます…
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.