忍者ブログ
かわむら拓央のBLOG(ダメ人間の生態観察日記)です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
先日、似顔絵を描き終わったところで新しいモデルを探そうと、水着グラビアを中心にネットをあちこち見て回っていたら…あるニュース記事に目が留まった…!

ニンテンドークラシック ミニ・ファミリーコンピュータ」発売!?

そこには、掌にスッポリ納まるサイズのファミコン本体の写真が掲載されていたので、興味を持って記事を読んでみたら…

何でも、掌サイズの本体をテレビやモニターに繋げて遊ぶ機器で、あらかじめ「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」など30本のゲームが内蔵されているらしい。

…これを見た僕は「本当か?」と思い、試しにほっぺたをつねってみたら…痛い。

しかし、まだ本当かどうか信じられなかった僕は、鼻の穴と穴の間にある部分をニッパーで切り取ってみたんだけど…

やっぱり痛い!

って事は… 夢じゃないッ!

うっほほ~~~い!

これは買うでしょぉぉぉ!

内蔵されているソフトのラインナップを見たら…
ほほぉぉ~!
良作が揃っているじゃないかッ!

個人的には「ゼビウス」と、「オホーツクに消ゆ」と「ファミコン探偵倶楽部Ⅰ&Ⅱ」が入っていないのは残念だけど、「スーパー魂斗羅」が入っているのはデカイ!

そして、”相撲好き女子”に対して「スージョ」なる言葉が生まれた昨今、「つっぱり大相撲」を遊んで…
先日亡くなった九重親方の現役時代「千代の富士」をモデルにした「百代富士」の途轍もない強さを再び体験しようと思ったわ!
 
うーん!

「ニンテンドークラシックス ミニ・ファミリーコンピュータ」を紹介する動画を拝見したけど…
このナレーターが…ファミコン本体発売当時から、僕ら””ファミっ子世代”にお馴染みだった…故 内海賢二さんだったら…!

僕ら世代にもっとも~~~っと、どれだけグッと来たか!!!!!!!!!!
 
あと、もう一つ。

手持ちのカセットを挿して遊ぶ事が出来ないのと、他のタイトルをダウンロード出来ない事。
うーん!僕らファミコン世代が本当に欲しいのは、「ファミコンタイトルが全部遊べる機能」を持った、ファミコン型のオモチャなんだけどな~~~!!!!!!!!

…会社が無くなっちゃっていたり版権の関係で難しい作品はともかく、1タイトル300円~500円でデータをネット配信してくれて、それをダウンロード出来るんだったら…完璧なんだけどなぁぁぁ!!!!!!!!

そう思いながら、その日の「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」を聴いたら、僕と同世代のバナナマンのお二人も「懐かしいな~!」って仰ってた!

こうなったら、スーパーファミコンのこういった商品も出して貰いたいな~!
その時は、以前ここに書いた「僕の選ぶ思い出の10本」に選んだ、「タクティクスオウガ」は絶対に入れて欲しい!


…そして、こういう話題になると必ず出て来るのが…

「おっさんホイホイ」という言葉。

えぇえぇ!

喜んでホイホイされますよッ!

そのくらい、僕ら世代にとって「ファミコン」は、子供の頃の事を思い出させてくれるアイコンなんだからッ!
前にも言ったように、あと15年~20年もしたら!平成一桁~10年代に流行った物がリバイバルで発売されて、今僕らに「おっさんホイホイ」と言っている人たちが「懐かしい!」って言っているのを、その時の若い世代に「おっさんホイホイ」って揶揄されるようになるんだから!

その後。
次に描く似顔絵のモデルの良い写真を発見。さ、完成までにまたどのくらいの時間がかかるやら…?


あと…鼻の穴と穴を仕切る部分をニッパーで切り取った際の止血方法を…どなたか教えて下さいませんか?
PR
2ヶ月半…2ヶ月半もかかった…!
という訳で、久々の似顔絵更新です!

7月中旬に描き始めた時…まさかこんなに時間がかかるとは思わなかった…

この段階までは結構サラサラっと進んだんだけどなぁ…

この辺まで来た辺りで、「ん?ちょっとお手本の写真とズレているような…」という事に気付く…

違和感を覚えつつ描き進める…

違和感の元が…全ての基準にしている右目が、写真よりも4~5度斜めになっていた事であると気付く!
基準がズレるという事は、その他の色んな部分がズレているという事…!しかし納得行かないまま描き進めるのは自分が許せない!
描き始めた時は「髪の毛が大変そうだな~」と思っていたけど…ここから、「左右の目・鼻・唇の角度」と顎の輪郭を修正し…更に口元を修正…

この作業に時間がかかった!

何度も何度も何度も描き直して…ようやく納得出来る状態になったのが…

こちら!

今回は修正がとにかく大変だった!もっと早くズレに気付いていれば楽だったのに!!!!!!

さて誰でしょうか!?

ちなみに、前回の答えは内田有紀さんでした…が、あまり似ていなくてすみません…!
昨日、いつものように養成所の講師の仕事に向かった。

…いつも、ちょっと変わったプリントのTシャツを着て行ったら、生徒達から「今日は何を着てくるんだろう?」と、変に期待されるようになった僕…

実はそれがちょっとプレッシャーになって来てはいるんだけど…
「コレはたしかまだ、養成所には着て行ってないよな?」と、某チェーン系ファッションセンター〇〇で買った「ボンバーマン」のTシャツを着て行った。

これは、ファミコン1作目の「ボンバーマン」のゲーム画面がそのままプリントされているデザインで、これを着て外を歩いていると同世代と思われるオッサン達が、一瞬「お!」という目でこちらを見るのが楽しくて仕方が無い。

思った通り。
昨日もすれ違うオッサン達がチラッとボンバーマンのプリントを見て行く視線を、「ふふふ、見てる見てる」と思いながら歩いていたけど、同時に「…うーん、これだけ胸に描かれたプリントへの視線を感じるという事は…女性の胸元につい走らせてしまう視線も…相手の女性は感じているかもだな…」という事に気付き、今後は注意しようと思う。

季節外れの暑さの中、稽古場に到着。
ドアを開けて中に入ると、一番若い21歳の女の子が早速、僕のTシャツのプリントを見たんだけど…

「これは…何ですか?」

と訊いて来た…ッ!

わぁ…やっぱり知らなかったか…

まあ30年前のゲームだからなぁ…仕方ないって言えば仕方ないけど…と思っていたら、ドット絵で描かれたボンバーマンを見つけた彼女が…

「シロボンだ!」

と言い出したんだけど…

ん?「シロボン」って何?

「シロボン」について質問してみたら、何でも彼女が子供の頃に放送していたボンバーマンを題材にしたアニメの主人公の名前らしい事が判明したんだけど…彼女はどうやらこのプリントを…

「シロボン」をファミコン風に描いたモノ

と思ったらしい…!!!!!!!!!!

おぉぉい!こっちがオリジナルじゃぁぁぁ!!!!!!!

そもそもこれは「シロボン」じゃなくて!あくまで「ボンバーマン」だってのぉぉぉ!!!!!!!!
バンゲリング帝国が地下作業用に作った爆弾製造ロボットで!「この迷宮を抜けて地上に出る事が出来れば人間になれるらしい」という噂を信じて、全50面のステージを突破するのが目的のゲームの主人公の、「ボンバーマン」だってのぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!
そして!50面をクリアしたらエンディングで「ロードランナー」に変身する、「ボンバーマン」だってのぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!
ついでに「ロードランナー」・「バンゲリングベイ」・「チョップリフター」を、「バンゲリング帝国三部作」って言うのぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

…先日、仕事に同じTシャツを着て行ったら、同じ事務所の後輩・福山から「スーパーマリオですか?」って言われて…「あ~、本当に…ファミコンって歴史的なアイコンのような存在になっちゃったんだなぁ…」って感じたけど…
「おじさんはテレビゲームの黎明期から、”ゲーム”という文化に触れて来たんだぞ!」という誇りと共に、「僕が子供の頃の物も、段々と忘れられて行っちゃうのかなぁ…」という、何とも言えない寂寥感を覚えずにいられなかったわ~…
あと、「ボンバーマンがロードランナーになる」っていうのは、「犯人は〇〇」ぐらいに言っちゃいけないネタバレだったかなッ!!!!? 怒られたらどうしよう!!!!!?
困った時の猫写真!

街を歩いていた時、ある民家の塀の上に気配を感じたので目を向けたら…

こんな毛玉がッ!

この毛玉生物、余程眠かったのか…通行人がどんなに横を通ろうが全く意に介する事無く、絶妙なバランスで香箱座りをしながら居眠りを続けていた!


次は先日、仕事帰りに都内某所をぶらぶらしていたら…

カリン様を目撃ッッッ!

おいおい!都内を歩いていたはずなのに、いつの間にか「聖地カリン」に来ちゃっていたのか!!!?
…という事はここにいたら、もうすぐ桃白白が柱に乗ってやって来るんじゃないか!!!!? カリン様!早く超聖水を下さい!!!!!!!!

この後、「ん?」と目を覚ましたカリン様。
しゃがんでいた僕を見つけると「何だ?遊ぶのか?」と起き上がり、僕の足に体を擦り付けて来て下さった!そしてちょっとした犬くらいの大きさだった!


これもその仕事帰りの時。
あちこちで「ポケモンGO」をやっている人たちがいる街中を歩いていたら…

ポケモン発見!

おいおい!
ここにこんなポケモンがいるってのに、何で誰も捕獲しようとしないんだ!!!!!?
…どうやら僕しか気付いていないようなので、カメラを向けて… 「ゲットだぜ!」
(僕、「ポケモンGO」をやっていないので、イマイチよく解らないけど、捕獲する時ってカメラを向けて何かをすればいいんでしょ…?)


うん、やっぱり日頃から猫写真を撮りためておくと、今日みたいに書く事に困った時に重宝する!
そして、「書く事が無かった」って手の内は言わなくて良かったかな!?
金曜日の夕方。

日課の「外をぶらぶら」をしていた最中にふと…「あれ?明日、何か予定が入っていたような…」という事を思い出す。

「うーん、仕事じゃないし…今月の始め頃に入った予定なんだけど…」と、あれこれ考える事数分…「あ!」と思い出した。

…「祖父の一周忌だ!」

…うーん…「自分の祖父の一周忌を忘れるなんて…」と思われるかもしれないけど…うちの祖父は、以前も書いたように祖父は生前、「俺がこの世で一番偉い!」って事を平気で、しかも本気で言ってしまえる、自分に対して自信満々で他人の言う事は絶対に聞かないタイプの、そして僕の性格形成にも大きく影響を与えたような、そんじょそこらの普通の爺さんではなかったので…正直言うと…

「忘れていた」というより、「忘れたかった」というのが正しいかな…

…確か「午前11時から始まるから、10時には家を出る」って母が言ってたなぁ…って事は…8時には起きなきゃか…ん?「8時起き」って事は…

ゲェ!今夜は酒が飲めない!!!!!!!! (←『ゲェ!』はアシュラマンで)

…これもここに何度も書いて来たように、僕は毎日…”酒を飲みながら酔っ払って深夜ラジオ「JUNK」を聴き、似顔絵を描いては番組へ生メールを送り、「採用されないかな~!?」とドキドキする”というのが、一日の内で一番楽しい時間で…

うわ~!「仕事で早起きしなきゃだから、今夜は酒が飲めない」って事には、「そんなの当たり前だろ!」ってなるけど…

爺さんの為に飲めないのはなぁぁぁ~!

…とは言え、JUNKの終わる午前3時まで飲んでから寝て、翌朝10時に通常通りに車を運転する自信は僕には全く無いので…いつもは缶の緑茶ハイを2本買うけど、花金は3本買って行くところを…ノンアルコール飲料を3本買って帰り…金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」を聴いていたけど…

素面のままじゃ面白い事が何も浮かばない!!!!!!!!

酒というドーピングをしなきゃ、僕ごときが面白い常連さん達のネタに立ち向かう事なんて出来ない!!!!!!!!! もっとも、酒でドーピングしても、僕はちっとも面白くないけどッッッ!

ただ、酒を入れずに布団に入ったら…ビックリするほど深く眠れた。
お陰でスッキリした頭で起きて、車を運転する事が出来たけど。

そしてこれを打っている23時半近く。

もう飲んでます!

40時間近くも酒を飲まないなんて我慢が出来ないんですもの!あー!酒が美味い!!!!!!
(と、ダメ親父発言をした所で、今日はここまで…)

昨日の夕方、ラジオを聴いていたら…

「近鉄の駅で車掌の男性が、帽子と制服を脱いでホームから飛び降りた」

というニュースが流れて来た…
それを聴いた僕の第一印象は…

「え!? 何それ!!!!?」

…何でも、近鉄東花園駅で、別の駅で起きた人身事故の影響で運転を見合わせている事と、運転再開の見通しについて乗客に説明対応していた26歳の男性車掌が、多数の乗客に周りを取り囲まれ、詰め寄られていた際に突然「もう嫌だ!」と叫び、帽子と制服の上着を脱ぎ捨てて線路に降り、更に7mの高架を飛び降りたんだとか…

うーん…
もちろん、どんなに「カッ!」となってもその職業でお金を頂戴している以上は、線路に降りたり、まして高架から飛び降りたりしちゃダメだと思うけど…

詰め寄った側にもかなり問題はあったんじゃないのかな~…?

車掌さん、それまでにも色々と仕事に対しての不満やストレスがあったのかもしれないけど…この事態から考えるに…相当キツイ感じで詰め寄られたんじゃないのかなぁ…?

交通機関が止まって凄くイライラする気持ちは解るけど…そのイライラを一社員さんにぶつけた所で、事態は全く改善しないわけで…

僕もかつて(20代最初の頃)、某博物館でインストラクターのバイトをしていた時に…「俺は客だぞ!」「コッチは金払ってるんだ!」って態度でグイグイ来るお客さんとたっっ………っっくさん接したけど…その度に…

何でそこまで言われなきゃならないんだ?

って思いながら、裏で爆発してたなぁ…おかげで接客業の方々に敬意を払う気持ちを持つ事が出来るようになったけど。

「接客業の人は何があっても我慢しろ!」っていうよりも、みんなが「接客業の人にちゃんと敬意を払う」って社会になった方が良いんじゃないかと、僕は思うんだけどなぁ…

昨日、夏からずっと収録していた海外アニメの吹き替えが最終回を迎えた。
収録が終わったのが午後8時すぎ。

飲みに行くには丁度良い時間!

大雨の中を出演者全員歩いて店へ移動し、3時間の飲み放題コースを迷わず選択。
…えぇ~…僕が”飲み放題”で飲み始めたという事は…はい…

泥になりましたよッ!

夜の飯田橋にドロヌーバが現れましたよッッッ!!!!!!!
…まあ、最初の内は…緑茶ハイや焼酎の水割りと、大人し目のモノを飲んでいたんだけど…すぐに僕の中の、ナルトで言う所の九尾みたいな存在のウワバミが「酒が足りん!酒が足りん!」と騒ぎ出しまして…3杯目辺りから焼酎ロックになり…気がついたらそれを10杯くらい飲んでいて…店を出た23時半には、すっかりドロヌーバになりましたよ!「仲間になりたそうな目」でみんなを見てましたよ!

その後、有楽町線に乗って池袋へ行ったら…

飯能行きの電車が終わっていた…

えぇぇぇぇ!!!!? まだ0時前だぞぉぉぉ!!!!!?
0時までに池袋へ行けば終電に間に合うだろうと思っていたのに…あ!

祝日だったのを忘れていた~~~!!!!!!!!!

平日よりも電車が1~2本少ないんだったぁぁぁぁ!…ホント、こういう時に自分が住んでいる所は田舎なんだって事を痛感させられるなぁぁぁ…

仕方が無いので小手指まで行き、そこでタクシー待ちの行列に並んだけど…これが中々タクシーが来ない!
20~30分くらい待ってようやく女性ドライバーの運転するタクシーに乗れた僕は、「どうせだったら楽しく帰ろう」と思って、ドライバーさんにタクシー業界の景気の事などを聞いてみたんだけど、そのBGMとして伊集院さんのラジオを流して貰っていたら…伊集院さんが男性器名称を叫び始めて車内が微妙な空気に包まれるという…
その後、うちから1キロくらい離れたコンビニの駐車場で降りて(料金は4600円だった)、そこから歩いて帰ったんだけど…

今日、目が覚めたのが正午だった。
12時と表示されている時計を見た僕の脳が「あれ?12時…12時…」と、「何かマズイ!」という警戒音を発しだした…

「今日は…17時からナレーションの仕事だけど…その前に何か…あぁぁぁぁぁ!!!!!!! 養成所の講師の仕事 だぁぁぁ!!!!!!!」

授業が始まるのは13時半!完全にマズイ!!!!!!!!!!
とりあえず寝ぐせを直してヒゲだけ剃り、大急ぎで家を飛び出した結果…20分の遅刻でした…
まあその後、教え子にダメを出している間ずーっと、「コイツ、偉そうな事言ってるなぁ…遅刻したくせによぉ!」って思われてるんじゃないかって…何とも肩身の狭い思いでした(遅れた分は終わりの時間を20分後ろにずらして、授業後全員にお茶をご馳走した事で穴埋めしたけど)…
結局、今日の昼間に摂ったカロリーは…大急ぎで買った野菜ジュースとタマゴのサンドウィッチだけだったので…仕事が終わった後はちょっとフラフラしちゃったなぁ…もっとも、ちゃんとした時間に起きればいいってだけの話なんだけど…

「こち亀」が連載終了!

…前からその話は聞いていたけど…今週のジャンプを買って来て最終話を読み終わったら…あ、本当に終わっちゃうんだな、というか…

来週から「こち亀」は載ってないんだな…

って事を、改めて感じたわ~…

連載40年!
…僕が1歳の時からずーーーっと、1回の休みも無く載っていた、僕が物心ついて毎週欠かさずジャンプを読むようになってから、正に「載っていて当たり前」な存在だった作品だけに…いざ終わっちゃうと…その「時の長さ」を感じずにいられないな~…

僕の最初の「こち亀」の記憶は、5~6歳の頃。
母と5つ上の兄が、「八王子にある湖へ釣りに行く」というのに着いて行って、途中どこの駅かは忘れたけれど、乗り継ぎ待ちをしている時に母が駅の売店で、兄に「こち亀」の1巻を。僕には片手サイズの「イデオン」のオモチャを買ってくれて、電車が来るまでの間ベンチに座って、内容は良く解らなかったけれど、何となく毎回「とんでもない事が起きてるッ!」と、「伝説巨神イデオン」に完全に脳をやられていた僕が「イデオンソーーーーード!」って言いながら、夢中になって「こち亀」を読んでいた兄を指で突っついたら…

「うるせー!今マンガ読んでんだ!」

って言われて拳骨されて、「ビービー!」泣いた事…

…思えば連載はそれより数年前から始まっていた訳で、その時、兄に叱られて「ビービー!」泣いた子が…声の業界で仕事をするようになって17年経ち…今や養成所で若い子たちに教える立場になって…飲みに行った際に宇多田ヒカルさんの「花束を君に」の歌詞の素晴らしさについて、酔っ払って「ビービー!」泣きながら話すようになるまでの期間、「こち亀」はずーーーーーっとジャンプに載ってたんだもんなぁぁぁ…
やっと字が読めるようになった僕がジャンプを読み始めた頃だから…まだ「キン肉マン」「Dr.スランプ」「ブラックエンジェルズ」が連載していた頃から、ずーっとだもんなぁ…
そう考えると!

やっぱり40年って凄い!

高校生の時に、本当に落書きレベルのマンガを描いていたけれど…「こんなに大変な作業を毎週やらなきゃならないなんて…プロって凄いな!」と思うと同時に…「僕には無理!」って痛感したっけ(この時に絵では食べていけない事を感じたので、演じる側に回ろうと思った)…
そして僕は毎回ここに書く内容に困っているのに(元々、似顔絵も”週に1回文章を考えないで済む”って事で始めたのに…凝り始めた今や月イチ、二ヶ月に1回になっちゃった…)、それを毎週毎週違うネタで1本マンガを描くって…超人としか思えない!

これまでも色々と実験的な話を描いて来た「こち亀」だけど、最終話も「最終話が載ったジャンプと同日に発売された単行本200巻のラストに掲載された話と同じ内容(ただオチが違う)の、同時中継マンガ」という、僕が知る限りかつて赤塚不二夫先生が「天才!バカボン」で、”キャラクターの顔を実寸大のサイズで描いたエピソード”と同じくらいに衝撃的な、「こんな事やった人いないんじゃないか!!!!?」という実験的試みだったのには驚いた!
さすが!「コサキンリスナー」の秋本先生!

…ずっと、両さんもバカボンパパも物凄くオッサンに感じてたけど…僕も、いつの間にか両さんの設定年齢35歳を追い抜いて、今やバカボンパパに追いついちゃったなぁ。
そりゃ、自分は若いつもりでも…若い衆から見たらおじさんに思えるだろうな~!!!?
そして、最後まで変わらなかった両さんは凄いけど、子供の頃からオッサンになった未だに結局「ビービー!」泣いている僕って何なんだ!

最後に「こち亀の終了」は、僕にとって「コサキンの終了」と同じレベルの衝撃だな~。



…え!? 「カツアゲされかかった話はどうしたか」って?
うーん、検索してみたら、2009年8月11日に書いていたので、良かったらそれをご覧下さい!
最近、酒を飲みながら古いアーケードゲームのプレイ動画を観ては、ニヤニヤするのが楽しみになった。
数多くのゲーム動画がアップされている中…

驚異の動画シリーズを上げている人を発見!

動画を上げているのは「さけ茶漬けおにーやん」という方なんだけど…何が凄いって、そのラインナップと挑戦している内容ですよッ!

・「悪魔城ドラキュラ」ノーダメージクリア!
・「ドルアーガの塔」ノーミスクリア!
・「スプラッターハウス」ノーダメージクリア!

高難度のゲームだらけな上に「ノーミス」、「ノーダメージ」という、”無謀”とも言える挑戦内容!
…その中でも驚愕したのが…

”「妖怪道中記」ノーダメージクリア””「ワルキューレの伝説」ノーダメージクリア” !!!!!

…当時を知っているおっさんゲーマーなら…この2タイトルを聞いただけで「そんなの無理だろ!」って解ってもらえるはずッッッ!僕も観るまでは信じる事が出来なかったもの!

…でも、本当にやってのけているんですよ!

「妖怪道中記」の何が難しいかって…まず「敵が大量に出て来る」事。そして「敵が固い」事。更に「弾を当てても倒せない敵が突然、大量に群れをなして湧く」事に加えて、「主人公たろすけのジャンプは制御が難しい」事!
…この作品がゲームセンターで稼動していた約30年前。
当時小学6年生だった僕は地元でちょっと有名なゲーム少年で、地元のデパート丸広の屋上にあったゲームセンターで何度も遊んだけど…3面の後半まで行けば、周囲にかなりのギャラリーが出来たくらいの超絶難度を誇るのが「妖怪道中記」…
「それをノーダメージって…どうやるんだ!!?」と観てみたら…

基本、余計な敵とは戦わない!

前進するのに邪魔な敵だけ倒して行って、ランダムで湧く、固くて大量に出現するザコは相手にしない!…と一口に言っても…それでもダメージを貰っちゃうのがこのゲーム!
画面をスクロールさせたら突然敵が現れたりと、とにかく「プレイヤーを確実に殺しに来る」作品なので、この動画も150回以上挑戦して奇跡的にクリア出来たらしい(僕も夜中に観ながら何度も『うわ!あぶねー!』って叫んじゃった)!

そして「ワルキューレの伝説」!
これも80年代ナムコを代表する超絶難度のアクションゲームで、当時14歳だった僕は3面まで行く事が出来なかった(後にPCエンジンに移植されたコンシューマ版でクリアした)…

これもやっぱり、「敵が大量に出て来る上にやたらと固い」、「ボタンを連打しないと弾が連射出来ない」という…やはり「確実に殺しに来る」タイプの作品…
「おいおい!アーケードの魔界村と大魔界村をクリアした事のある僕がクリア出来ない作品だぞ!? ノーコンティニューどころかノーダメージなんて無理だろ!!!!?」と思いながら観てみたら…

腰を抜かしたッッッ!

…というのも…

全く敵と戦っていない!!!!!!!!

どうしても戦わないと先に進めない場所以外は、「あれ?ホッピングマッピーの動画かな?」と思うほど、ただひたすらジャンプを続けて敵を避けながら進んで行くんだけど…

そのジャンプの制動が神がかっていた!

主人公ワルキューレは「ふわっ」とした独特な浮遊感を持ったジャンプをするんだけど、隊列を組んで次々に湧く敵達の「当たり判定」が無い部分を狙って、針の穴を通すような操作で飛び続けていた!!!!!!!!!!!

…ここで、僕のまずい文章でどんなに説明をするよりも、興味を持った方は、とにかく1回観てみて下さい!
凄まじい腕前に驚愕する事間違いないのでッ!

…ちなみにこの「さけ茶漬けおにーやん」さん。バグ技の再現までやっているのが凄すぎる!


…あ、妖怪道中記や丸広の事を書いていたら…小6の時にカツアゲされかかった話を思い出したので、次回書こうかな…?
ここに何回か書いた、コッソリおやつをやっているご近所の柴犬。
相変わらず飼い主夫妻がご不在の時に行っては、犬用のジャーキーをやってるんだけど…このわんこがなかなか賢くて。

以前は飼い主夫妻が在宅中に僕が近くを通っても、「あ!おやつ係が来た!」って顔で、塀から顔を出していたんだけど、「…どうやらコイツは、家に飼い主がいる時はおやつをくれないらしい」という事が解ってからは、前述の状況下で僕が近くを通っても顔を見せなくなった。

また、僕は毎日6枚ジャーキーを与えているんだけど、以前は6枚食べ終わって「はい、おしまい」って言っても、「…もっとくれないかな~?」っていう目でしばらくの間、僕をジッと見つめていたけど、最近は「おしまい!」って言うと、さっさと家の方へ戻って行くようになった。
また、飼い主夫妻がお留守の時でも、僕が手ぶらで近くを通ると顔を出さないという賢さ。

そんなわんこが最近…

小芝居をするようになって…!

僕はいつも手を差し出して、「お手とおかわり」をしたらジャーキーをやるんだけど、今年の夏の中盤頃から、お手とおかわりをする為に左右の前足を上げる度に、わんこが舌を出しながら…

「ハァハァ!」

と、息を切らせるようになって…!

コッチに近づいて来るまでと、僕が手を差し出している間以外は「ハァハァ!」なんてしていないのに!

…どうやら…

「はぁ~…暑いな~…俺、こんな毛むくじゃらだし…お手するだけでもしんどいんだよね~…出来たら何も無しでおやつくれないかな~?」

ってアピールらしい!

この「ハァハァ!」がそういった意味のアピールだという事に気付いたのは、ある日、いつものようにおやつをやりに行ったら、僕が手を出しても真顔でジッと僕の目を見つめたまま、まんじりとも動かなくて…
そこで、いきなりジャーキーを鼻先へ出してみたら… 「いただきマンモ~ス!」 っと、凄い勢いでパクついて来た!!!!!!!!!!
思わず「わっ!」と手を引っ込めた僕!その後すぐ、改めて手を出してみた所…

「…チッ!ダメか!」

って感じ満々で、僕の掌に爪をグイグイ押し付けるようにして、ギューッ!っと凄い力で前足を乗せて来た!!!!!!!!!!!
そしてこの出来事以降、「…コイツには『暑くてしんどいし、面倒臭いんだよな~』アピールは通用しない」って学んだようで、一切「ハァハァ!」ってして来なくなった!

「犬の賢さは、人間の7歳児くらい」って聞いた事があるけど、なるほど!
近所の柴は少なくとも、「ひらがなの『あ』は、『お』の点の無い字」と、2学期のある日までずーーーっと思い込んでいた、小学1年生当時の僕より遥かに賢いな!あと、「デスピサロ相手に何度もザラキを唱え続けるクリフト」よりも遥かに賢いなッッッ!!!!!!!! 「ザラキはいいからべホマラーを唱えろよッッッ!」って思った、クリフトよりもッ!

仕事が終わってスタジオから出たのが20時ちょっと過ぎで、家に着いたのが22時。
実質、電車に乗っている時間は1時間半くらい。これを「遠いな~!」と感じる人もいるかもしれないけれど、新宿の専門学校に通うようになって以降、かれこれ20年以上こんな生活をしているので、完全に馴れちゃったわ~!(もっとも、1人暮らしをしていた事もあったので…練馬駅を過ぎる度に『あ~…ここに住んでいた頃は通勤が楽だったな~…』とは思うけど)

夕飯を食べたり風呂に入ったりして一息つき、これを打っている今は23時40分過ぎ。
しかし、まー!今日の僕は電車移動中!

同世代のおっさん達の視線を独り占めしちゃったわ~!

というのも、先日、某ファッションセンターで購入したファミコン版「ボンバーマン」のTシャツを着ていたからッ!
お陰ですれ違うおっさん達が、一瞬「お!」って目を見張った後、僕の顔をチラッと見て「ニコッ!」っとしてくれたけど、「おや!貴方もファミっ子ですか!!?」って思って、何だか温かい気分でスタジオに入る事が出来たわ~!

ファミコンって、本当~にいいもんですねッ! (←水野晴朗さんで)

このTシャツ。
後ろの襟元に 「NOTHING VENTURED NOTHING GAINED」 ってメッセージが書かれている。
正に初代「ボンバーマン」のテーマであり、社会の荒波に出た当時のファミっ子達へ向けたメッセージでもあるなぁ~!ナイスデザイン!

実は明日も朝からナレーションの仕事なので、今日はこの辺で~!
うーん、ようやくこの出来事について書けるだけ、頭の中が落ち着いた…(あ、、そんなに大した事じゃありませんけど。)

今月はじめ頃のある夜。
事務所の後輩数人&マネージャーと一緒に渋谷で飲んだ。
会話が弾み、とても楽しく飲んでいたんだけど…5~6時間ほど飲んでかなり酒がすすみ、僕が完全に「ドロヌーバ」と化した辺りで、最近忙しく仕事をしている後輩に「どう?最近、結構仕事してるんでしょ?」と訊ねたら、「いえ、していません」という返事が…

いやいや!実際、あちこちの作品で彼の名前を目にするし、色んな現場でも彼の名前が話題に挙がるしで仕事をしていないはずが無い。
そこで「いや、仕事してるでしょ?」ともう1回訊いてみたら再び、「いえ」と、何となく奥歯にモノが挟まったような感じで返して来たんだけど…
うーん、それに対して僕は「何で素直に”はい、おかげさまで”って言わないんだろう?」って事に…あのぉ、「酒で完全にドロヌーバになっていた」事を加味して読んで頂きたいんですが…イラっと来てしまいまして…

「何でそんな噓つくの?」

と、怒ってしまって…
その後に僕が彼のメガネを取って、後輩達がピリッとした所までは覚えているんだけど…次に気がついた時は…

中村橋のカラオケ店で1人、熱唱をしていまして…

…気がついた時に時計を見たら午前3時過ぎだったので、どうやら終電を逃してしまって24時間営業のカラオケ店に入ったようなんだけど…段々と酔いが醒めて来ると共に…「あれ?さっき彼に物凄く悪い事をしたぞ…!」って事を思い出して来て…!
まー!それからは飲み会の時の事を思い出しては!

「わーーー!ゴメンなさい~~~!」

と、心の中で1人絶叫をする日々で…

デビューした頃は僕が一番下の立場で、飲み会に行ったら先輩方の料理や酒の注文を取って回ったり、会計の計算をしたりしなきゃいけなかったので、どんなに飲んでも酔っ払う事は無かったんだけど…ちょっと長い事この業界で仕事をして来たら…いつの頃からか僕が一番上の立場という飲み会が増えて来まして…安心して酔っ払えるようになった上に、年と共に酒に弱くなって来て…ついついドロヌーバ化しちゃう事が多くなって…
そして新人の頃、色んな現場の飲み会に参加して…「僕はどんなに酔っても、後輩に迷惑をかけない先輩になろう!」と心に誓ったのに…

迷惑かけてるじゃんかよぉぉぉ!!!!!!!!!

…どうやら、僕は飲み続けて泥になった時に、相手がちょっとでも「心を裸にしてくれていない」と感じるのが物凄く嫌みたいで(ただ、彼が本当に仕事をしていなかったのかもしれないんだけど…)…

…あれ以来、その後輩とは会っていないんだけど…今回の事は自分の中でかなり堪えた…!猛省してますので!

また、おじさんと遊んでやって下さい!

…もう決して若くは無いんだから…気をつけなきゃな…
(ちょっと心配になったので、この前終電まで飲んだ養成所の教え子に、飲み会での僕の様子を訊いてみたら、「とと姉ちゃん」の主題歌の歌詞について泣きながら話していた事以外、ずっと楽しそうにしていたそうなのでホッとした)…
前回、江ノ島へ行った時の事を書いた際に、「以前より猫が減った」と書いたけど、僕は減った理由を…

・猫を捨てる人が減ったのか?

・地域猫として去勢された猫たちが、次々と寿命が来たのか?

と思ったんだけど、調べてみたらどうやら理由は違うようで…


相変わらず猫を捨てに来る人は多い(僕は、もう”猫を捨てる”という時点でムカっ腹が立って仕方が無い。そもそも動物愛護法違反だし)けど、それを上回るくらいに…

猫を連れ去る人が増えているんだとか。

そのきっかけを作ったのは、4年前に起きた「パソコン遠隔操作事件」。
被告の男が江ノ島の猫の首輪に、事件の証拠のUSBメモリーをつけたという出来事が全国のニュースで報道された為に、「江ノ島には猫が多く住んでいる」という事が広く知られるようになってから、猫の連れ去りが増えたんだそうで…

確かに。僕が以前江ノ島を訪れたのは、この事件の起きるよりも前の事で、その時は島のあちこちに猫の姿を見る事が出来たんだけど、エスカーの乗降口付近のベンチ上で昼寝をしていた数匹の猫達が、今回行ってみたら1匹もいなくなっていたくらい、明らかに数が減っているのを感じたけど…まさか連れ去るような連中が現れるとは思わなかった…

日本のあちこちにある「猫島」の中でも、江ノ島は陸と陸が橋で繋がっている為に連れ去りやすいのかもしれないけど…

連れ去るんじゃねーよ。

島の住民のみなさんが、観光客から募金を募って去勢手術を施し、エサを与えて保護をしている猫たち。
複数の人から撫でられても周りをぐるりと囲まれても平気なくらいに人に馴れている様子からも、いかに島の人たちから可愛がられているか解る。
そんな猫がある日突然、姿を消してしまったら…どれだけ心配でどれだけショックか、考えただけで胸が苦しくなる(もちろん、島の人全員が猫好きってわけでは無いと思うけど)…

しかも、連れ去った後に最期までちゃんと愛情をこめて面倒を見るならまだしも(←いや、猫を飼いたいなら他の手段を選べよというのを大前提にして)、虐待目的という、ハッキリ言って人間のクズみたいな輩もいるとなると(現に、江ノ島で猫の虐待事件も起きているらしい)…
最終的に猫を捨てる人がいなくなり、去勢された地域猫が寿命で死んでいく事で数が減っていくなら仕方ないと思えるけど、こういう形で減っていくのはどう考えてもダメでしょう…

普段、ここに猫の事を書く時は一応、場所が特定出来ないように気を使っているつもりだけど…こういう事態になると、猫のいる観光地に行っても下手に文が書けなくなるなぁ…僕の文が下手なのは…申し訳ないけれど。

月曜日、大船にある専門学校の恩師の墓参りに行ったついでに、ちょっとした小旅行をしようかなと思い立ち、モノレールに乗って江ノ島まで足を伸ばした。

湘南江の島駅に着いて最初に目に入ったのが、観光地に良くある「顔はめパネル」だったんだけど…

…どういう事?

生しらす丼が湘南名物なのは有名だけど…なぜ丼の中に顔をはめ込むんだ…?
頭の中に「?」を浮かべつつ、いざ江ノ島へ向かう。

さすがは湘南江ノ島。
平日なのに大勢の観光客がやって来ていた。そんな観光客で混み合う橋を、「熟練のスリ」ばりの動きで人並みをすり抜けて行く僕。周りのカップルに「あの人、1人で来てるのかな?」と思われているんだろうなと感じて、更に歩くスピードが上がっていった…

他の観光客が弁天堂への参道に向かう中、ハッキリ言って島の猫目的で来ている僕は、野良猫が多くいる方面へ向かってまっしぐら。
 そして…

行き倒れを発見。

小さな社の賽銭箱の下で行き倒れていた猫。何だか縁起がいい感じだった。
 
その周辺を見回したら…

ヤバイのに目をつけられた…!

カメラを向けていたらモヒカン頭が「何だコラ~!」とコッチに向かって来た…!

「おぉう?何だコラー。遊ぶのかコラー」と見られたこの直後、体を擦り付けながら僕の足の周りをグルグル回るという攻撃をされた。
お返しにと頭を撫でようとしたら…「触るなコラー!」って感じで逃げて行っちゃった…一体何がしたかったんだ?

更にまた行き倒れを発見。

どんなに近寄っても逃げる素振りすら見せない大物っぷり。
 
 しばらくブラブラしていたら
 
三色猫を発見。

人目につかない所にいた三色猫に気付いた、自分の猫レーダー能力に、自分自身で感心してしまった。

海外からの観光客も大勢いる所に
 
茶トラが隠れていた。

この後、藪から出て来て観光客に周りを囲まれながらのんびりと毛繕いを始めた。

それにしても…まー!江ノ島はカップルだらけな事!
「弁天様はカップルでお参りするとヤキモチを焼いて別れさせる」って話を聞いた事があるので、僕は心の中で「弁天様、このカップル達を…一丁お願いします!」と祈りながら岩屋方面へ歩いて行く。そういう性根だからモテないという事は重々承知しながら。

午後3時半。まだ昼食をとってなかったので、ここらで何か食べようかなと思っていたら、ちょうど通りかかった食事処の女将さんの「生しらす、まだありますよ~!」という声に引かれて入店。
海の見える席に座って生しらすと釜揚げしらすの両方が楽しめる「ハーフ丼」を注文。

美味そうだ!

生姜醤油をかけて食べたら… 美味い!
生しらす美味いわぁぁぁぁ!!!!!!!!! あまりの美味さに服をパージして白褌一丁になり、味皇様ばりに海の上を疾走しちゃったわ~~~~!

ここで折り返して帰路についたら…

途中またまた行き倒れが…

この行き倒れ、頭を撫でられようが手を持たれようが一向に起きる気配がなく「スピースピー」と寝息を立てていた。

うーん、何となく以前より猫の数が減った気がするのは寂しい所だったけど、ここの猫は元々みんな捨て猫なので、「減る事」は良い事なのかもしれないんだよなぁ…複雑だなぁ…
暑い!

さすがに真夏の頃のアホみたいな蒸し暑さはなくなって来たけど、まだまだ暑い!
そんな日曜の昼過ぎ、地元をぶらぶら歩いていたら…

行き倒れを発見!!!!!!!!

大変だ!民家の車庫の日陰にこんな行き倒れがぁぁぁ!!!!!!!! 慌ててケータイを取り出してシャッターを切った!
「しかし、随分と毛深い人だな~?」と思って良く見たら… 何だ猫が昼寝してたのか。

僕が見ている事に気付いたのか、この後すぐにムクリと起き上がったので、ホッとしながら散歩を続ける。

しばらく歩いていたら…

また行き倒れがぁぁぁ!!!!!!

民家の軒下で腹部を石で冷やしながら、巻き取られたホースを枕に倒れている行き倒れがぁぁぁ!!!!!!!
「随分と丸々太った人だなぁ~!」と思って良く見たら… あ、いつものまんじゅう猫だった。

この後、「遊ぼう!」って近寄って来たまんじゅうとしばらく戯れてから、再び歩き始める。

汗だくになりながら街を歩いていたら…

ここにも行き倒れがぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

市内某所のフェンスに仕切られた所に行き倒れが~~~~!
「この人、それにしても…随分と気持ち良さそうに寝ているな~」と思って良く見たら… あれ?茶トラだった。

昼寝の邪魔をしちゃ悪いので、そっとその場を離れる。

そこからもう少し歩いたら…

アパートの階段下に行き倒れぇぇぇ!

僕が通りかかった時、階段の下の日陰でこの人が「くた~」っと倒れていたけど、写真を撮ろうとカメラを出していたら起き上がって「にゃー」って鳴いて…ん?「鳴いて」?… あ、猫だった。

「にゃーにゃー!」と鳴きながらこっちを見ていたけど、シッポを完全に足の間にしまっちゃうほど怯えていたので、「ごめんね!お昼寝を続けて」と大人しく立ち去った。

久々に大漁な感じで猫に遭遇できて、おじさん「ハァハァ!」しちゃった!
相変わらず、通りかかった人たちからは怪訝な目をされまくったけど!

今年の3月末、市が無料で診てくれる健康診断で「痩せなさい!」と、大人としては結構な勢いでお医者さんから叱られてしまった僕…

それからというもの…

・ビールと甘い酒をやめて焼酎のみにする。

・食べる量を半分に減らす。

・毎日2時間、1万歩を目指して歩く。

・晩酌のつまみのスルメをやめる。

と、自分なりに努力をした結果、ダイエット開始から5ヶ月経った現在…

7キロの減量に成功!

そのせいか、半年ぶりくらいで会った人からは「痩せた!?」と聞かれ、10年ぶりに会った人からは「全然変わりませんね!」と言われるようになった(たぶん、デビューした頃の体型に近い所まで戻ったと思う)!

…そもそも、大幅に太り始めたきっかけは…4年前に祖母が他界した時の通夜で、周りの人たちが寿司や煮物に全く手を伸ばさなかったので、”その席では”一番若かった僕に「若いんだから食べて!」という役目が回って来たからで…しかもその一ヵ月後に今度は父が他界して、また通夜の席で同じ事が起きたのが追い討ちになって…そこから大食い癖がついちゃって…

今回、物凄く助けになってくれたのが、スルメの代わりにつまみにした…

この「さしみこんにゃく」!

ある日、「カロリーがほぼ皆無な上に腹持ちが良いつまみはないかな~?」と思いながら地元のドラッグストアに立ち寄った時に見つけて「これだ!」と感じ、それから毎日、散歩に出た時に買って帰るようになったんだけど、これを1袋、ちょっとでもカロリーを摂取しないように、酢味噌ではなくワサビ醤油で食べると、まー!朝までお腹が空く事がない上に、起きた時のお通じが良いのなんの(元々良かったけど、朝から『祭りじゃ祭りじゃぁぁぁ!』ってくらいになった)!
7キロ痩せて腹が凹み、口の中でほっぺたの肉を噛む事が無くなった事の半分は、このさしみこんにゃくのお陰と言っても過言では無い!

…しかし!

今日、いつものドラッグストアへ行ってみたら…

無くなっていた…!

いつも、このさしみこんにゃくが5~6個並べられている棚に1個も置かれていなかった…!
「ひょっとして売り切れたのかな…?」と思った僕は、数百メートル離れた所にある同じチェーンの別店舗まで歩いて行って探してみたんだけど…

1個しか置いていなかった…!

この店舗にいつもさしみこんにゃくが置いてあった場所には…ところてんが大量に並べられていたんだけど…ひょっとして…

扱うのをやめるのかッッッ!!!!!!!?

おいおい!困るって!!!!!!!!!!
…もしこのドラッグストア2店舗が扱うのをやめたら…どこか他の店に置いてあればいいんだけど…
ちなみに、僕はいつもさしみこんにゃくと一緒に、焼酎の緑茶割りを2本買って行くので、カゴの中の色味から、たぶん店員さんの間では 「緑のおじさん」 と呼ばれていると思う…
昨日の火曜日。
事務所がやっている新人養成所の講師に行って来た。

ここ3ヶ月ほど、ある1つの作品を課題にしてずーーーっと指導して来たんだけど、「そろそろ生徒たちも飽きてくる頃かな~…?本当はこの作品だけを1年やってもいいし…ハッキリ言ってまだまだ表現が足りない人が多いんだけど…」と思い、次回から新しい課題を始める事を告げた。
で、僕は新しい課題を始める際に「とりあえずこれくらいやって欲しい」という、「お手本」のようなものを僕が演じてみせるんだけど…

これが毎回、物凄く緊張するッ!!!!!!

普段、授業中に偉そうな事を言っている分、間違えるわけには行かないし、「こんな程度かよ…」と思われるのも癪だし…!

始めたら終わりまで20分かかる作品…
…見せる以上、こちらも事前に何度も読み込んで臨んでいるんだけど…始まって2分も経ったら…

も~う!口の中がカラッカラ!!!!!!!!

ホワイトベースを脱走して、砂漠をさ迷っていた時のアムロばりにカラッカラ!
かと言って1人喋りの作品…途中で水を飲んだら芝居が止まっちゃうので、体内の水分を口へ総動員して何とか終わらせたけど…本当に緊張するんだよな~~~!

その後、1時間ちょっとくらい、教え子たち数人とお茶をしたんだけど…

その間ずーっと、胃のキリキリ感が凄かった!

もう、お手本のプレッシャーが凄くて凄くて…結局、家に着く頃までキリキリしてたわ~…

それから新宿駅で教え子たちと別れ、西武新宿線よりもちょっと早く帰れるから、山手線で池袋に出て西武池袋線に乗って帰宅する事にした。

新宿を出て池袋駅に着いたのが17時40分過ぎ。
18時の特急の空席状況を見たら、まだ若干残っている模様…しかし、特急は最近値上がりして飯能まで500円かかる…
もう一つの選択肢は、この時間じゃかなり混むけど、17時50分発の急行に乗れば、特急より5分くらい早く飯能に着ける…
「500円払ってゆったり座って帰る」か「混むけど我慢して急行で帰る」か…

僕が選んだのは後者!

だって!さっきのお茶会のお金は、全部僕が出したんだものッッッ!

急いで地下道をJRの改札から西武線の改札へ向かい、階段を上がってホームに到着。
そこに停まっていた目の前の車両の中を見たら…あれ?思ったより空いてるぞ?
帰宅時間だし発車も近いのに…何でこんなに空いてるんだろうと思いながら、その車両に乗り込んだら…

異常に暑い…!

「何この暑さ!?」と疑問に思っていたら、電車のドアが閉まって移動を開始。
そしてその直後に気付いた…

弱冷房車だぁぁぁ!!!!!!!!!

しまった~~~!我々汗っかきにとって!

弱冷房車=弱暖房車

でありッ!もっと言えば!

軽拷問車

であるんですよッッッ!!!!!!!!!

そうか~!だからお客さんが少なかったのかぁぁぁぁ!!!!!!!!!
「車両を変えようかな…?」と、隣接する左右の車両に目をやると…どっちもかなりな混雑っぷり…!
発車間際の駆け込み乗車客で更に増した人いきれの中、仕方が無いから我慢して乗っていたら…最初の停車駅・石神井公園駅に到着。ここで目の前の席が空いちゃった…!

講師の仕事の疲れから、キン肉マンが悪魔超人ブラックホールの顔面の穴に吸い込まれた時のように、座席の引力に引きつけられ、堪らず座ってしまった…!
その直後、強烈な睡魔に襲われて泥のように眠り…次に目を覚ましたのはもうすぐ飯能に到着する所だった(恐らく寝ていた間に、キン肉マンがホワイトホールを起こした”アレ”が、何度か出ちゃったかも)…

先日買った、ディフォルメされたスタープラチナとザ・ワールドのイラストがプリントされたTシャツが、軽くグッショリするくらいの汗をかきながら飯能駅のホームに降り立ったら…

外の方が涼しいじゃねーか…!!!!!!!

8月ですよッッッ!!!?
暦の上では秋とは言え、まだまだ暑さの厳しい8月なのに!電車の車内より外の方が涼しいっておかしいだろ!!!!!!!!!
…うーん、色んな路線に弱冷房車があるけれど…西武線のはちょっと度が過ぎてると思うんだよなぁぁぁぁぁ…!
イチ利用客の意見として、是非一度「弱冷房車が暑すぎる」件をご一考を願いたいな~~~!
先月。
糸ようじで歯の手入れをしていたら、「ポロッ」と取れてしまった左上奥の銀歯を、高校1年の時からかかりつけの歯医者さんに嵌め込んでもらいに行った際…

「歯軋りの癖ある?」

といきなり聞かれた。

「いや~…そんな癖は特に無いと思うんですけど…」と答えると、手鏡を渡されて…「こことかここ、あとこの歯にここも、歯軋りのせいで前よりも磨り減っている」と教えられた…
確かに、指摘された歯を見ると…どれも上下の歯が噛み合わさる面が真っ平らになっている…!
…ただ、この日は銀歯だけ治してもらって帰ったんだけど…帰宅してから、それまで全く何も感じていなかったのに…

冷たい物が急に歯にしみるようになった!

それも、磨り減っていると指摘された全部の歯が!!!!!!!!!

…そこで、ネットで歯軋りの原因や症状を調べてみたら…

ストレスが一因なのかぁ…

うーーーん、確かにここ半年くらい、急激に身の回りの環境が変わった事もあるし…うん、ストレス。

身に覚えがありまくりだわ!

症状としては、このまま磨り減り続けると…歯の神経が死んじゃう所まで行っちゃうみたいだし…仕事柄、歯が悪くなると滑舌にも大きく影響して来るし良い事は1つもないので…

就寝中用のマウスピースを作る事にした!

そこで2週間前。
歯医者さんで歯形を取ってもらって(型を取るためのゴムの感触の、何とも言えないグンニョリ感はクセになりそうだった!大量購入して時々楽しみたい!と思ったけど、医療用だろうから買えないな)から2週間。

出来た!

上の歯に嵌め込むんだけど、思っていたより小さい物なんだな~!
僕は格闘技の選手が嵌めるような、歯を全体的に覆うようなのを想像していたんだけど、歯の半分よりちょっと上辺りまでをカバーするんだな~。
しかも、ちゃんと歯形を取って作ってあるから、ピッタリとフィットする!
約5千円と…正直ちょっと値段はしたけど、これで歯が守られるなら…まあ安い買い物だったかな!





「ゴーストバスターズ」を観て来た!

面白かったな~~~!
今回は「いじめとテロ」がテーマだったけど、まさかゴーストバスターズを観て泣く日が来るとは思わなかった!

何だか、「ゴーストバスターズのメンバーに美人がいない」とかってふざけた&的外れな事を言っている人がいるらしいけど、あのキャスティングだから最高なんだっての!!!!!!!!!
第一!元のゴーストバスターズだって、メンバー全員「冴えないおっさん」だったじゃないか!
さて、小手指駅北口から一歩を踏み出したはいいものの道が解らない…
とりあえず線路沿いの道を、隣の狭山ヶ丘駅方向へ歩き出した。
この小手指駅には電車の車両基地があるんだけど…しかし、電車なら1分くらいで走り抜けられる車両基地も…歩いてみると「こんなに長いのか!」と改めて感じた!
強い向かい風のせいもあって、基地を抜けるのに体感では30分くらいかかった気がした(実際は10分ちょっとだと思うけど)。
「こっちかな~?」と思いながら歩いていたら、何だかんだで狭山ヶ丘駅の南口に到着。
この駅にも帰れずに立ち往生している大勢の人たちで一杯だった…ここで「そういえば、狭山ヶ丘駅北口前の道を真っ直ぐ行けば、大きなバイパスに出て、そのバイパスを歩いて行けばやがて飯能に繋がる国道299号線に出られると思い立ち、北口へ行ってその道を歩き始める。

数百メートル歩いてバイパスに出たら…ラジオで言っていた通り、上りも下りも大渋滞が発生していた…!
「これじゃタクシーなんて、いくら待っても来ないだろぉ…」と思いながら歩いていたら、狭山ヶ丘の隣、武蔵藤沢駅近くの跨線橋に到着。

そこで撮った写真がこちら。

うわ~!冠水したのはこの辺だったのか~~~~!これじゃ1時間2時間じゃ水は引かないだろ~!!!!!!!!!
やっぱり歩いた方が良かったのかなと跨線橋を渡り切ったら…

目の前に大きな水溜りが出来ていた…!

どうやらこの付近の川が氾濫したようで、狭山市内のあちこちが水溜りと化していた!
くるぶしくらいまで冠水した道を歩き、299に繋がる道のある十字路へやって来たら…飯能方面に行く道の真中にパトカーが停まっていて…
「現在、こちらの道は冠水している為通行出来ません」

とアナウンスしていた!

そこで、パトカーの中のお巡りさんに「飯能に行きたいんですけど」と聞くと、まず「え!!?歩きでですか!!!!?」と物凄くビックリされた後に、「一旦、八王子方向へひたすら真っ直ぐ歩いて行くと、やがて別のバイパスにぶつかる十字路に出るので、そこを右に曲がったら、またずーーーーーっと真っ直ぐ歩いて行くと299に出ます。ただ、凄く遠いですよ」と教えてもらった。
「ありがとうございます」と言って、教えられた通り八王子方向へ歩き始める。「今のお巡りさん、明らかに僕より10歳以上は年下みたいだけど、結婚指輪をしていたな…」と思いながら…

氾濫した川が近いのか膝まで冠水した道を、「こんな経験、滅多に出来ないぞ!」と思いながら1時間近くかけて歩いたら、教えてもらったバイパスにぶつかる十字路に到着!
一旦、道を横断して反対側に渡り、右に曲がって真っ直ぐ歩き始める。

…と、ここで…昼に食べた丼物が胃の中で完全に消化されたのを感じたと共に、スタジオを出た頃に買った麦茶が空になる…
「この先も考えると…次に自販機があったら水を買おう」と思って歩いていたら、ほどなくして道沿いに大型のパチンコ店を発見!

店の入口脇にあった自販機に200円を入れ、110円の水を購入。
お釣りを取り出そうとしたら…疲れていたのか手を滑らせて…

50円玉を落としたぁぁぁ!!!!!!!

コロコロと転がった50円玉は自販機の下へッッッ!

取れないぃぃぃ!!!!!!

クソーーー!ハーヴェストが使えたらなぁぁぁ!でも今は一歩でも先に進む事の方が大事!
「えぇぇい!50円くらいいいわ!」と再び歩き出す。
後頭部がツルッパゲになりそうなくらいに、さっきの50円に後ろ髪をギューギュー引かれながら歩いていたら、狭山を抜けて入間に到着。

入間に入った途端、道のアップダウンが物凄い事に!
ここまで1時間半くらい歩いて来ての、このアップダウンは効く!!!!!!!! ハァハァ言いながら、ひたすら歩き続けたら…ようやく299が見えて来た!
そして299に出る直前、バイパスの橋の上から撮った入間川がこれ。

これは凄いな…!

結局、小手指駅から3時間かけてようやく家に到着!
どうやら僕が帰宅する15分くらい前に電車が復旧したらしいので、歩いた方が早かったのは間違っていなかったけど…

疲れた!

もうあまり経験したくないから、台風が近づいてる時は早め早めに帰るようにしよう!

ちなみに、これが月曜日に歩いた総歩数…

32000歩超え…!
月曜日。
仕事が午後1時に終わった。
台風が近付いているとの事だけど、外に出たら雨も風も大した事なかったので、九段下にあるスタジオから池袋駅まで歩く事にした。
飯田橋駅を過ぎた辺りで雨がパラパラと降り出したので、「うーん…これはとりあえず、江戸川橋駅まで歩いて、そこでまだ雨風が大した事なかったら更に池袋まで歩くかな~」と思った。


20分ほど歩いて江戸川橋駅に到着。
そこで昼食を採って外に出たら…まだ歩けそうな感じが…


「よし、丼物を食べた後だし、腹ごなしも兼ねて歩くか!」と足を踏み出す。
ところが、池袋が近づくに連れて徐々に風が強くなり始め…雑司ヶ谷を過ぎた辺りから雨もザーッと降り出した…!


「これはまずいな!」と、少し歩くスピードを上げて何とか池袋駅に到着。
「大して降られなくて良かった~!」と、ホッとしながら電車の停まっていたホームへ行くと…電光掲示板に、行き先と急行とは書かれていたけれど、発車時間が書かれていない事に気付いた…
嫌な予感を感じながら乗りこむと、すぐに発車した電車。


しかしその直後…


「この電車は急行飯能行きですが、
線路が途中で冠水してしまったため、小手指止まりに変更します」
とのアナウンスが…!
おいおい!勘弁してくれよ~!!!!!!!


…あ~!もしかして江戸川橋から電車に乗って帰っていたら、ギリギリ助かったかもしれないな~~~!と、激しく後悔する僕!
そこで急いでタブレットを取り出して、小手指からバスで帰るルートを模索。
調べたところ、小手指から狭山市駅へバスで行くと、そこから直接飯能へ行けるバスが出ているのと、小手指から八高線の金子駅へ行き、そこから約5キロ歩けば家に帰れるらしい。
「よし、この2つのルートで考えてみよう」と思っていたら、あっという間に小手指に到着。


駅は既に、帰宅出来ないでいる人達で一杯だった…
改札を出てバス停へ行ったんだけど…僕はとんでもない誤算をしていた…


そもそも…
こんな嵐じゃバスも止まっちゃう!!!!!!!!!!

しまった~!何故そこに気付かなかったんだろぉぉぉ!
ここで取る道は3つ。
1.電車が復旧するのを待つ

2.タクシー待ちの列に並ぶ

3.歩く

1は…人であふれる中、何時間待たなきゃいけないのか解らないのは辛いし…
2は…2階部分にある改札付近まで列が出来ていた上に、ラジオで渋滞が起きているって言っていたし…
3.は…タブレットで小手指と飯能の距離を調べたら…約18キロか…僕の足なら3時間くらいかな?
…そこで、僕が選んだのは…
3の歩く!

時間は午後3時。飯能へ向けて一歩を踏み出した僕だったが…!

次回へつづく!
先週の土曜日から、急にうちのモデムの調子が悪くなって、全くネットにつなげる事が出来なくなった上に、以前はケータイのメールで簡単に更新できたこの日記が、運営側の方針が変わったからなのか、最初に登録したアドレスからじゃないと更新できないようになった!
今日、電話会社の人が来て修理をしてもらったので、今日と明日で土曜日分と月曜日分を連続で更新します!
以下、土曜日に書いた分です。


土曜日の昼過ぎ。
仕事に行こうと家を出た。

ここ数年、夏になると毎日のように着用しているのが、メッシュ生地のTシャツ。
この日は白いメッシュのTシャツを着て、その上にYシャツを羽織り…僕のような汗っかきはこの季節、着替えの服欠かせないので、バッグにTシャツYシャツをもう1セット入れて出発。
家を出てすぐ、雨がパラパラと降って来た。
「…あ~、早く駅へ行かなきゃ。」と思いながら歩いていたら…あれよあれよと言う間に、ドンドンと雨の勢いが強くなって行き…
5分も経たない内に、滝のような降りに…!!!!!!!!
も~う!ただただ、「わ――――!」と叫ぶしかない勢いの雨の中、傘をさして駅に向かって走り出したけど、もうすでに顔から下が…否、顔もすでに汗まみれだったので、髪の毛以外ビショビショ状態!!!!!!!
それでも何とか駅に着き、改札を通った後にふと自分のなりを見てみたら…
乳首が透けてたァァァ!!!!!!!!
白いメッシュ地が許容量を超えた水分を吸ったせいで、乳首がうっすら透けていたぁぁぁ~!!!
いやぁ~ん!まいっちんぐ!
うーん!男性ファッション雑誌の表紙を飾るくらいの二枚目の乳首だったら、周りの人達も見たいだろうけど、これまで泥水しか啜って来なかった薄汚れたオッサンの乳首なんて、見たくないだろうし、何より僕も見せたくない!!!!!!!
 
駅まで走ったお陰で電車の時間にはまだ余裕があったので、急いでトイレに入り着替えをして事なきを得たけど…
明日も仕事へ行く時間に台風がやって来るらしい…
困ったなぁぁぁ~!!!!!!!!
前回、卓球の事を書いた後に、完全に忘れていた記憶が1つ蘇った…

「当時の友達は片手で余る」くらいしか、仲の良かった友人がいなかった為に、記憶の中で「無かった事」になっている高校時代(尤も、友達がいなかったのは、僕が周りに対して心を閉ざしていたからだけど)…
中でも、文化部に入っているのは僕を含めて3人だけで、残りは男女全員運動部(しかも担任は体育教師)だった、クラスメートの名前は1人も覚えていない2年生のある日…
体育の時間が自習になったのを受けて、運動部の連中が「卓球やろうぜ~!」と言い出した。

全員で卓球場へ向かい、学校の持ち物であるラケットをガサゴソと出して来るクラスメートの男子たち…
…その時、僕はシェイクハンドのラケットをペンホルダーの持ち方で持っている連中が大勢いる事に、すでにかなりカチンと来ていたんだけど…
すると、クラスのお調子者の男(勿論、名前は忘れた)が「勝ち抜き戦をやろうぜ~!」と言い始めた…

「出席簿順に前に出て試合をし、最後まで勝った人が優勝」という卓球大会が始まったんだけど…まぁ~~~!曲がりなりにも卓球経験者の僕からしたら、さっきのラケットの持ち方は勿論!サーブの時にボールを手で持って打ち出す時点であり得ない!!!!!!!!

確か8番目くらいで台の前に立った僕。
手にしたのはシェイクハンドのラケット。相手の運動部員は、普段マンガばっかり描いている僕を舐めてかかったのか、「おい漫研。サーブ打たせてやるよ」と言ってボールをこっちに寄越して来た。
そこで、僕はラケットを台に対して水平に構えて、ボールを軽くポーンと投げ上げた後に、ボールの下部分を擦って逆回転をかけて打ち出してやったら…

はい!簡単に討ち取ってやりました~!

相手はただラケットをボールに当てて打ち返しただけで回転の事を考えていないから、ボールは真っ直ぐにネットへまっしぐら!
その途端、「…何だ?今のサーブ…?」とざわつき始めたクラスメート達。

次に僕の相手になった男も「いいよ。サーブ打たせてやるよ」と言ったので、また同じサーブをだしてやったら…

はーい!また返せなかった~!

この辺から、どうやら僕は卓球経験者だと言う事にクラスメートたちも気付きだしたようで、運動部のプライドが許さないのか次に相手になった男は「よーし!今のサーブやれよ!俺が返してやるよ!」と言い出した。
そこで同じサーブを出してみたら…また勝った~~~!

それから10人くらい、斉木楠雄よろしく一言も発しないまま運動部員たちを次々と討ち取っていたら、その中の1人が「おい!そのサーブ禁止な!」と急に言い始めた。

「…何だよ、打ち返せない方が悪いと思うんだけどなぁ~」と思いながら、「じゃあ、回転をかけなきゃいいんだな?」と言う事で、次から、中学生の時に練習して覚えた、回転はかかっていないけど速くて深い所まで飛ぶサーブを出してみたら…

ラケットに当てる事も出来なくなるという!

それから3人くらい倒した所で何だか面倒臭くなって来たので、適当にサーブミスをして台から離れたんだけど…
まー!その後、教室に戻ってから以降…

さらに孤立するというねッ!

ここまで書いてみて、あの頃の僕は今より更にひねくれていたは確かだけど、それにつけても性格悪いから孤立しても仕方ないな~!
尤も、最初にクラスメートがバカにして来たのも問題だと思うけど!
…まあ、この後。「このクラスと行っても辛いだけ」と思って…修学旅行へ出発する日を欠席しまして…結局、高校3年間で欠席したのはこの日だけで皆勤賞を逃す事になるんだけど…
ま!帰って来たお金でネオジオ本体を買えたから良しとしよう!
卓球女子団体、銅メダル!

いや~!昨夜、酒を飲みながら観戦していて、日本が勝った瞬間に「ヤッターーー!」と、その台詞といい、両手をあげた万歳ポーズといい、そしてメガネ顔といい、ドラマ「ヒーローズ」のあの人と見紛う感じで叫んじゃったわ!田舎だからまだしも、1人暮らしの頃だったら間違いなく苦情がくるレベルで!

石川選手の安定感、伊藤選手の「え!?そこから強打を狙う!!!?」という超強気な攻撃的プレイにワクワクしたけど…まー!やっぱり何と言っても…

愛ちゃんだよな~!

何しろ、こちらは彼女が4歳の頃からテレビで観ているんだから、どうしたって感情移入しちゃうわ~~~!!!!!!
幼い頃から「天才少女」と注目され…「勝って当たり前」と思われるようになり…怪我に泣き…復帰してからも負ければ何だかんだと言われて…ただでさえずーっとプレッシャーの中に置かれていたのに、更に日本チームの主将を任されてのオリンピック出場…

僕だったら、こんなプレッシャー耐えられない!!!!!!!

もーう!
こんなに凄まじいプレッシャーに耐えて!シングルスは取られたけど石川選手が圧倒的な強さで1試合取り戻し!その後のダブルスで自身も1試合取り返して!そして伊藤選手がシングルスで勝利した瞬間、隣の石川選手と泣きながら抱き合う愛ちゃんの姿を見たら…!

そりゃ泣いちゃうでしょうよ!!!!!!!!

子供の頃は、負けそうになるとすぐに泣いていたあの愛ちゃんが、強い意志を持った表情でずーっと後輩達の試合を見つめて、銅メダルが決まった瞬間とうとう泣き出したのを見たら…その涙に、”嬉しさ” ”辛さ” ”重圧”と、「どれだけ色んな思いが込められているんだよ!」って感じて…そして酔いの勢いも手伝って…

鼻水出るくらい泣いたわ!

年を取ったから涙腺がバカになって来ちゃってるのもあるけど…もう愛ちゃんは「遠い親戚の子」って感じなんだよなぁぁぁ…!

中学の時に卓球をちょっと齧った事がある(中1の春から中2の夏まで卓球部にいた。ちなみにカットマンだった)者としては、卓球が脚光を浴びるのは嬉しい限り。
あの頃は…「卓球部は暗い奴らの集まり」って言われたもんだけど…

卓球は暗くないし、凄いスポーツなんだぞッ!

あの頃、同じ中学に通っていて、卓球部を小バカにしていた他の運動部員やヤンキー達の多くも、今回の試合を観戦したと思うけど、「暗いなんて言って悪かった!」って思ってくれたらいいな!

あと…
…オリンピックは観ていると面白いんだけど…あんまり選手に「国」って物を背負わせすぎるのはどうかと思うな~…

最近、猫が足りていない!

うちの地元にも何箇所か、人懐っこくて撫でさせてくれる猫がいるポイントがあるんだけど…ここ最近の暑さのせいか日中はどこかに隠れてしまっていて…全然猫に触れていない!!!!!!!

…そこで、「ここへ行けばさすがに…!」と思われるポイントへ行ってみる事にした…そう!ここで何度も触れて来た…

まんじゅう猫の所へ!

まんじゅう猫、案の定、道の隅っこで毛繕いをしていやがったぁぁぁ!
向こうも僕の顔を覚えているらしく、僕に気付いた途端「お、アイツだ。いっちょ揉んでやろう」とこっちへ近寄って来た!!!!!!!!!

猫、道端にしゃがんだ僕に向かって真っ直ぐやって来ると…何の迷いも無く僕のお尻の下へ潜り込み、そこで寝そべるという…

謎の攻撃を繰り出して来たぁぁぁ!!!!!!!!

ハァハァ!堪らん!!!!!!!!
しばらく猫の頭を撫でていたら、猫の視線がジッと、道路の先にロックオンしている事に気付く。
「何だ?」と思って僕もそっちに目をやると…親近感が湧くくらいに小さい目をしたコリーを連れたお婆さんがやって来るのが見えた。

コリーは真っ直ぐ猫の所へやって来ると、ちょっと距離を置いた所で立ち止まり、ジーッと猫の事を見つめ始めた。
飼い主のお婆さんが言うには…

「この子、この猫の事が大好きなんだけど、猫はこの子が嫌いみたいで、顔を合わせるたびにちょっかいを出しては猫パンチを貰ってるんだ」

との事…

何だ!? そのニヤニヤが止まらない話は!!!!?

するとコリー、恐る恐る猫のシッポに鼻を近づけて…クンクンとニオイを嗅ぎ始めた!それに対してシッポの先でペタペタと地面を叩き始める猫!
「…待てよ。猫がシッポをこうやって動かしている時は…イライラしている時…!」と僕が思った次の瞬間、ピクッと上半身を動かした猫!
それを受けて…

ビクゥゥゥ!!!!!!!!

とビックリして逃げるコリー!!!!!!!!!!!!

そして、猫パンチが来なかった事から、再び猫に近寄り始め…今度は猫の頭のニオイを嗅ごうとして、コリーが顔を近づけて来たら…思いっきり迷惑そうな声で「ニャー!」と猫が一鳴き!!!!!!
次の瞬間!

ビックゥゥゥゥ!!!!!!!!!

とビックリして、軽くジャンプしながら逃げ出したコリー!!!!!!!!!

うひょぉぉぉ!堪らねぇなぁぁぁ!

「さ、もう行くよ」と、お婆さんに連れて行かれる間も、チラチラと猫の方に目をむけるコリーを見ながら…「あ~!いいモノを見た!」と、ホクホク顔になった僕。

いや~!まさか猫だけでなく犬も補充出来るとは思わなかった!これでまた明日から元気に暮らせるわ!

連日、熱い試合が展開されているリオ五輪。

僕も絵を描きながら酒を飲み、ラジオを聴きつつ柔道や卓球を観戦しているんだけど…

老いを実感するな~!

今回のオリンピック、何と言っても困るのが 12時間という時差!
うーん…高校生の頃のバルセロナオリンピックの時は…何日も一晩中寝ないで漫画を描いていても平気だったし…ブラジルほどではないものの、やっぱり時差の大きかったギリシャやロンドンの時も、酒を飲みながら平気で観戦していたのに…

今大会は途中でオネムになっちゃう!

柔道も卓球も、準決勝や決勝を中継する時間が明け方になっちゃうから、4時くらいまでは何とか頑張って起きていられるんだけど…それを過ぎると一気に酔いが回って来て…

気が付くと、その辺に倒れていて…

いつも夜の1時から飲み始める僕は、シドニーや北京のように時差が少ないと、昼間から夜という調度いい時間に中継があるから、酒を飲み過ぎる事は無いけれど…今大会は夜中の1時からが正に「ゴールデンタイム」の始まりで…

「よーし!次の試合まで観よう!」「ここまで来たら次も観よう!」ってやっていると…自然と酒量も増えて行って…記憶が無くなって…
…ふと気が付けば居間の床の上だったり…酷い時はトイレを出た所で倒れていた事もあったりという事を、ここ数日続けていまして…
更に…うーん、倒れこんだ時に暑かったのかな~?Tシャツも短パンも脱いじゃって…

パンツ一丁になってた事もあって…

徹夜する事がなんでもなかった10代…酒を飲んでも記憶が無くなる事はなかった20代…うん。

明らかに老いが忍び寄っているな…

…残りのオリンピック期間中、記憶が無くなる事のないように気をつけます…


「昔のロボットアニメを観ようブーム」で、現在「機甲猟兵メロウリンク」を観ている。
「メロウリンク、面白いな~!スパロボに出ないかな~?」と思ったけど…メロウリンクは生身でロボットと戦うので…スパロボの「改造」となると、途端に”いけないおクスリ”のニオイがしちゃうからダメかな~?…と思ったら…もう出ていたのね!知らなかった!
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 7
9 10 13 15
17 19 20
23 24 26 27 28 29
30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
かわむら拓央
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
散歩・猫・ゲーム・読書・酒・ラジオ
自己紹介:
街でニヤニヤしながら猫を見ている糸目がいたら、それはたぶん僕です。
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.